『バーフバリ』シリーズ一覧|全2作品のあらすじ・キャスト・スタッフを紹介!

    © ARKA MEDIAWORKS PROPERTY, ALL RIGHTS RESERVED.
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    『バーフバリ』シリーズは、インド映画史上ブッチギリの大ヒットとなった歌とダンスの史劇アクション作品。インド映画史上歴代最高興行収入を記録し、最も成功したデルグ語映画として全世界で”バーフバリ旋風”を巻き起こしました。

    そんな『バーフバリ』二部作は、古代インドの架空の国”マヒシュマティ王国”を舞台に王位をめぐる壮大な争いを描きます。しかし、インド映画はジャンル分けなどなく、家族ドラマであり熱いラブストーリー、そしてインド名物の歌とダンスも盛り込まれています。

    本記事では山盛りてんこ盛りの話題作『バーフバリ』シリーズを紹介していきます。

    U-NEXT
    「31日間無料トライアル」をはじめよう!
    • 210,000本以上が見放題
    • 114誌以上の雑誌が読み放題
    • 600円分のポイントプレゼント
    31日間無料トライアル開催中!
    登録は3ステップで簡単。
    いつでも解約できます。
    目次

    バーフバリ 伝説誕生(2015)

    © ARKA MEDIAWORKS PROPERTY, ALL RIGHTS RESERVED.

    あらすじ・キャスト・スタッフ・予告動画

    ※2021年10月31日23:59まで配信中。

    バーフバリ 王の凱旋(2017)

    © ARKA MEDIAWORKS PROPERTY, ALL RIGHTS RESERVED.

    あらすじ・キャスト・スタッフ・予告動画

    『バーフバリ』シリーズを観た方はプラバース主演作品『サーホー』もチェック!


    本名
    プラバース
    Venkata Satyanarayana
    Prabhas Raju Uppalapati
    生年月日1979年10月23日(41歳)

    出生地
    🇮🇳インド
    タミル・ナードゥ州
    チェンナイ
    職業俳優

    プラバースは、インドの主にデルグ語映画で活躍している俳優です。2002年に『Eeswar』で主演として映画デビューを果たすと、2013年に出演した「Mirchi」でナンディ賞最優秀主演男優賞を受賞。さらに本作『バーフバリ』二部作で主演を務め、南インドの俳優として初めてのマダム・タッソー館に蝋人形が設置された人物。今では南インドだけでなく、国際的にも名前が知られるようになったインドの名俳優なのです。

    出典:https://www.imdb.com/name/nm1659141/

    サーホー(2019)

    あらすじ

    インドの遥か遠くにある暗黒帝国の犯罪都市ワージー。このきらびやかな大都市を裏で牛耳るのがロイ(ジャッキー・シュロフ)だ。20年前、抗争に敗れたロイはボンベイ(現在のムンバイ)からワージーへ脱出し、首領プルドヴィラージの後継者になったのだ。

    ロイは金や石油の裏取引で組織を発展させたが、後継者争いに破れたプルドヴィラージの息子デーヴラージ(チャンキー・パーンデー)は面白くなかった。やがて、内部の対立が表面化すると、抗争を恐れたロイは裏社会から脱却し、ロイ・グループとして合法的な事業を展開した。そして、2016年からインド政府の優遇措置を受け、再生可能エネルギー及び水力発電事業を展開される。しかし、その事業が動き出した矢先、ロイ会長は凱旋したムンバイで暗殺されてしまった。

    その3週間後ー。ムンバイ市警察は、被害総額3億ドル(約300億円)の謎の窃盗グループを追っていた。実行犯を全員逮捕したものの、逮捕者は「見知らぬ者から指示を受けただけで、犯罪に加担していない」と自供する。実に謎めいた事件だった。そこで、市警幹部は現場に「今後の捜査は覆面捜査官に託した」と明かす。

    男の名前はアショーク(プラバース)。逞しくしなやかな肉体、そして、鋭い洞察力を持つタフガイ。大男たちをなぎ倒したと思えば、事件現場では犯行当時の犯人の動きを見事に言い当てる伝説の捜査官だ。

    舞台は再びワージー。ロイ・グループの会議は後継者や今後の方針をめぐって紛糾していた。ロイの家族はかつての抗争で全員死んだと思われていたが、遠くの地で人知れず一人息子を育てていた。その息子ヴィシュワクが帰還したことで事態は大きく動く。ヴィシュワクは「資金2兆ルビー(約3兆5500万円)の在りかは私だけ知る」といい、金庫のカギとなるブラックボックスはムンバイにあると明かす。こうして、秘書のカルキ(マンディラ・ベーティー)はブラックボックスを手に入れるためにムンバイへと赴く。一方、かねてから会長の座を狙っていたデーヴラージは、自分の手下たちにロイを殺害させ、2兆ルビーを奪ったと告白する。

    市警と合流したアショークは、美人捜査官アムリタ・ナイル(シュラッダー・カプール)を相棒にして、特命チームを指揮する。特命チームは窃盗グループを仕切る謎の男(ニール・ニティン・ムケーシュ)の姿を捉えていた。アショークはこの男との接触に成功。男は”ワージにある金庫を開けるブラックボックスを入手してみせる”と豪語していた!市警がこのブラックボックスを手に入れれば、犯罪シンジケートのムンバイ進出を阻止できる。

    こうして、ロイ・グループ、ムンバイ市警、謎の窃盗グループが入り乱れてのブラックボックス争奪戦が始まった。最後に、それを手にする者は誰か?

    出典:https://saaho.jp/story.html

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる