>>今すぐU-NEXTを体験する(今なら映画を無料で見れるチャンス!)<<

『ボヘミアン・ラプソディ』のキャスト一覧|Queen本人と比較も紹介!

映画『ボヘミアンラプソディー』
URLをコピーする
URLをコピーしました!
女の子

映画『ボヘミアン・ラプソディ』のキャストを知りたいなぁ…。

こんな疑問を解決します。

『ボヘミアン・ラプソディ』情報
  • 1970年のQueen結成からLIVE AID出演を描いた伝記映画
  • Queenのボーカルだったフレディ・マーキュリーに焦点を当てた映画
  • 合計1億7千万〜2億枚の音楽作品を売り上げたバンド

全世界が熱狂!感涙!喝采!
伝説のバンド<クイーン>の感動の物語。

ユートン

映画『ボヘミアン・ラプソディ』のキャストを紹介していきます。

目次

『ボヘミアン・ラプソディ』のあらすじ

映画『ボヘミアン・ラプソディ』

ボヘミアン・ラプソディ
(Bohemian Rhapsody)
公開日:2018年11月9日
再生時間:134分

1970年代初頭のロンドン。フレディ・マーキュリーと名乗る以前の青年ファルーク・バルサラは空港で荷物の積み下ろしをしていた一方で、時間があれば音楽に傾倒していた。家庭はゾロアスター教徒ペルシャ系移民であり、移民差別を受ける日々を受けていた。

そんなある日、フレディはライブハウスで観たバンド”スマイル”に魅了される。”スマイル”のメンバーでギタリストのブライアン・メイ、ドラマーのロジャー・テイラーに会いにいくと、ヴォーカル兼ベースのティム・スタッフェルが脱退したばかりの同バンドに自身の歌声を披露し、ヴォーカル兼ソングライターとして加入する。同じく新メンバーのベーシストのジョン・ディーコンが加入する。ここに伝説のバンド”Queen”が誕生したのだった。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』のキャスト・登場人物

フレディ・マーキュリー

(俳優:ラミ・マレック)

ボヘミアン・ラプソディーのキャスト①:本人と比較
左:フレディ|右:ラミ

出典:映画『ボヘミアン・ラプソディ』公式Twitter

キャストプロフィール

ラミ・マレックはロサンゼルス生まれの俳優。2005年〜2007年のFOXコメディドラマ『The War at Home』の少年ケニー役で一躍人気を掴み、『ナイトミュージアム 』シリーズのエジプト国王アクメンラー役を演じるなど、キャリアを着実に積み重ねていった。また、本作『ボヘミアンラプソディ』でアカデミー主演男優賞、ゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞している。

フレディ・マーキュリーはロックバンド”Queen”のボーカル担当。本名はファールク・バルサラ。生まれつき歯が多い過剰歯であり、それもあって声域が広いという特徴をもつ。また、メアリー・オースティンと交際関係にある。彼はポピュラー・ミュージックの歴史上最も偉大なシンガーの1人と見なされており、観客を惹きつけるパフォーマンスは有名である。

ブライアン・メイ

(俳優:グウィリム・リー)

左:ブライアン|右:ウィリアム

出典:映画『ボヘミアン・ラプソディ』公式Twitter

キャストプロフィール

グウィリム・リーはイギリスの俳優。10代の頃に劇団に所属しており、児童文学『Animal Ark』を原作としたTVドラマに出演した。その後、16歳の時に『リチャード三世』に出演、『Land Girls』などに出演した。また、本作『ボヘミアン・ラプソディ』のためにブライアン・メイ本人からリードギターを教わったという。

ブライアン・メイはロックバンド”Queen”のギタリスト。イギリスのミュージシャンであり、天文学者でもある。ロジャー・テイラー、ティム・スタッフェルと”スマイル”で組んでいた人物。ティムの脱退からフレディ・マーキュリーとジョン・ディーコンが加わり、”Queen”が生まれた。彼のギター「レッド・スペシャル」が有名であり、100年以上前の乾燥した暖炉の木材を材料に自作したオールカスタムギターである。

ロジャー・テイラー

(俳優:ベン・ハーディ)

左:ベン|右:ロジャー

出典:映画『ボヘミアン・ラプソディ』公式Twitter

キャストプロフィール

ベン・ハーディはイングランドの俳優。2016年の『X-MEN:アポカリプス』のアークエンジェル役で映画デビューを果たす。その後、歴史恋愛映画『メアリーの総て』、伝記映画『オンリー・ザ・ブレイブ』に出演した。本作の『ボヘミアン・ラプソディ』では「ドラムを叩いたこともないのにオーディションで出来る」と言ってしまった逸話もある。

ロジャー・テイラーはロックバンド”Queen”のドラマー。イギリスのミュージシャンであり、学生時代は歯科を学んでいた。ローリング・ストーン誌が選ぶ歴史上最も偉大な100人のドラマーにおいて74位にランクインしており、現在も現役ミュージシャンとして活動している。 “Queen”ではドラムスのほかにコーラスや一部曲でボーカルも担当しており、代表曲として『オペラ座の夜』に収録されている「I’m in Love with My Car」が有名である。

ジョン・ディーコン

(俳優:ジョゼフ・マゼロ)

ボヘミアン・ラプソディーのキャスト④:本人と比較
左:ジョゼフ|右:ジョン
キャストプロフィール

ジョゼフ・マゼロはアメリカの俳優。子役として1993年の映画『ジュラシック・パーク』のティム役や1995年の映画『マイ・フランド・フォーエバー』のデクスター役で知られるようになる。その後、2010年のTVドラマ『ザ・パシフィック』での主人公ユージン・スレッドを演じた。本作『ボヘミアン・ラプソディ』の撮影において、本人の指導をもらえたそんなジョゼフですが、この「ボヘミアンラプソディ」の撮影にあたっては、グウィリム・リーやベン・ハーディに嫉妬を感じていたとか?

ジョン・ディーコンはロックバンド”Queen”のベーシスト。”Queen”メンバーの中では最年少であり、温厚な人柄でメンバー間からのバンド解散の危機を何度も救った。彼はこれまでとは異なるディスコ路線の曲「Another One Bites the Dust」を制作した人物でもある。

メアリー・オースティン

(女優:ルーシー・ボイントン)

キャストプロフィール

ルーシー・ボイントンはイギリスの女優。2006年の映画『ミス・ポター』でビアトリクス・ポター役を演じデビューを果たす。2016年には映画『シング・ストリート 未来へのうた』でヒロインのラフィーナ役を演じた。そして本作『ボヘミアン・ラプソディ』で恋人役を演じたラミ・マレックと交際関係にある人物でもある。

メアリー・オースティンはフレディが「Love Of My Life」を捧げた相手。一度は婚約関係にあったが、フレディのカミングアウトにより別れようとする。だが、フレディの頼みもあり唯一無二の存在として終生の友人となった。

ポール・プレンター

(俳優:アレン・リーチ)

キャストプロフィール

アレン・リーチはアイルランドの俳優。2018年2月14日に交際中の女優ジェシカ・ブレア・ハーマンと婚約したことで知られている。主な出演作品には、『カウボーイズ&エンジェルズ』『グランドピアノ』『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』などがある。

ポール・プレンターは”Queen”のマネージャー。アイルランドのベルファスト出身でカトリックの家に育つ。彼はゲイであることから居場所がなかったこと語り、フレディが同じくゲイであることを見抜く。

ジム・ビーチ

(俳優:トム・ホランダー)

キャストプロフィール

トム・ホランダーはイギリスの俳優。1981年のBBCドラマ『ジョン・ダイアモンド』で主人公ウィリアム・ジョーンズを演じ俳優デビューを果たす。彼は舞台・TV・映画と幅広く活躍しており、主な出演作品の中には『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールデ・エンド』『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』『キングスマン :ファースト・エージェント』などがある。

ジム・ビーチは”Queen”の弁護士、のちのマネージメントを担当する人物。「オペラ座の夜」を制作する際に”Queen”の担当弁護士となり、フレディから「マイアミ・ビーチ」と呼ばれるようになる。

ジョン・リード

(俳優:エイダン・ギレン)

キャストプロフィール

エイダン・ギレンはアイルランドの俳優。主な出演作品には『ゲーム・オブ・スローンズ』のピーター・ベイリッシュ役で知られている。主な出演作品に『ダークナイト ライジング』『メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮』『キング・アーサー』などがある。

ジョン・リードはレコード会社EMIのA&R(アーティスト・アンド・レパートリー)。エルトン・ジョンを担当していることで知られている人物であり、”Queen”を発掘した人物でもある。

レイ・フォスター

(俳優:マイク・マイヤーズ)

キャストプロフィール

マイク・マイヤーズはカナダの俳優、コメディアン、脚本家、映画プロデビューサー。子供時代からシカゴの名門コメディ劇団「セカンド・シティ」に参加しており、1989年に『サタデー・ナイト・ライブ』にレギュラー出演し、多くのキャラクターを演じ人気を博した。その中のキャラクターの映画化作品『ウェインズ・ワールド』が大ヒットしている。


レイ・フォスターはレコード会社EMIの重役。地味・ヘンドリックスやピンク・フロイドを手掛けた人物。”Queen”の新アルバム「オペラ座の夜」の制作でフレディに「Killer Queen」の路線を踏襲するように求めるシーンがある。また、レイ・フォースターという人物は存在しておらず、今作だけの架空の人物である。

ジム・ハットン

(俳優:アーロン・マカスカー)

キャストプロフィール

アーロン・マカスカーは北アイルランド出身の俳優。イギリスのTVドラマシリーズ『恥はかき捨て』のジェイミー・マグワイアで知られている人物。主な出演作品には『ロックアップ』『ファイナル・スコア』『24-TWENTY FOUR- リブ・アナザー・デイ』などがある。


ジム・ハットンはフレディの恋人。フレディが開いたパーティの片付けをしていたところ、フレディに尻を触られて怒る。

ボミ・バルサラ

(俳優:エース・バディ)

キャストプロフィール

エース・バディはイギリスの俳優。New Streetを含む数多くのTVシリーズで出演している。主な出演作品には『Life Isn’t All Ha Ha Hee Hee』『Goldplated』『It’s a Wonderful Afterlife』などがある。


ボミ・バルサラはフレディの父。フレディの本名ファルーク・バルサラからフレディ・マーキュリーに改名した際に不満を抱いていた。その後、家族との関係は疎遠になった模様。

映画『ボヘミアンラプソディー』

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる