『ボーン』シリーズはこの順番で観よう|全5作品と最新情報を紹介!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

映画『ボーン』シリーズはロバート・ラドラムのベストセラー小説「暗殺者」に登場したジェイソン・ボーンを主役とした人気サスペンス・アクション映画シリーズです。マット・デイモン主演で映画化され世界各国で大ヒットを記録しましたが、ストーリー後世は大幅な改編を行っています。

そんな『ジェイソン・ボーン』シリーズは、元CIAの暗殺者ジェイソン・ボーンがCIAの陰謀と戦いながら自らのアイデンティティ(自己の存在証明)を取り戻すために奮闘するストーリーとなっています。

そこで今回は『ボーン』シリーズをこれから観ようという人にオススメの視聴順番やお得に観る方法を紹介します。前半は『ボーン』シリーズを観る前に抑えておきたい事前知識を。そして後半にオススメの視聴順番やあらすじなどをまとめていきます。

本作と1996年に公開された映画『ロング・キス・グッドナイト』に影響された『エージェント・ウルトラ』(2015)といったアクションコメディ映画もあり、この2作品が好きな方は必見です!

U-NEXT
「31日間無料トライアル」をはじめよう!
  • 210,000本以上が見放題
  • 114誌以上の雑誌が読み放題
  • 600円分のポイントプレゼント
31日間無料トライアル開催中!
登録は3ステップで簡単。
いつでも解約できます。
目次

映画『ボーン』シリーズをおさらい!

ボーンシリーズ
公開年タイトル
2002ボーン・アイデンティティー
2004ボーン・スプレマシー
2007ボーン・アルティメイタム
2012ボーン・レガシー
2016ジェイソン・ボーン
2019トレッドストーン

そもそも『ボーン』シリーズって?

© 2006 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

映画『ボーン』シリーズは2002年から始まった大人気サスペンスアクション映画です。原作とされているロバート・ラドラムの小説『暗殺者』に登場する架空の元CIA暗殺者であるジェイソン・ボーンを主役としたもので、脚本はそれぞれラドラムの小説を原作としています。日本公開は2003年1月25日ということで、今から17年以上も経過している作品となっているのですが、少しも古さを感じさせない斬新さを感じれる映画となっています。

主人公であるジェイソン・ボーンはある極秘任務中に意図せずして記憶を失ってしまい、謎に満ちた自身の素性をマリー・クルーツの助けを借りながら謎といていきます。いわゆる「自分探しの旅」というものですね。その最中には謎の組織から追われ、自分に超越した戦闘能力や堪能な語学が備わっていることを知り、自分が何者なのか苦しみつつ、「アイデンティティの探す旅」を続けます。

映画『ボーン』シリーズの魅力とは?

© 2006 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

映画『ボーン』シリーズといえば、極限まで臨場感を追求したアクションシーンとノンストップで展開されるストーリーが売りのシリーズ。中でも本作は世界各国の特殊部隊で採用されている接近戦闘術”クラヴ・マガ”を取り入れられており、息をつく暇なく敵を瞬殺していきます。ジェイソンの手に掛かれば日用品のあらゆるものが武器となり、ペンや雑誌、電源コード、タオルといった物まで使いこなしてしまいます。

正に中二病心を擽りまくりの作品!

そんなジェイソン・ボーンのアクションはリアリティーを重視するために「手ブレカメラワーク」を採用し、より迫力のあるシーンを演出しています。ここ最近だと『カメラを止めるな!』(2017)のようなカメラワークと思ってもらえればいいです。手振れが激しくて「映像酔い」や「画面酔い」をしてしまう可能性などを考えてしまいますが、本作は目まぐるしいカット割りによりそんなことはなく、しっかりと要点を押さえた上でのカットなので安心して観賞できます。

映画『ボーン』シリーズはこの順番がオススメ!

(C) Universal Pictures
『ボーン』シリーズのオススメの順番はこちら!

メインシリーズ

  1. ボーン・アイデンティティー(2002)
  2. ボーン・スプレマシー(2004)
  3. ボーン・アルティメイタム(2007)
  4. ジェイソン・ボーン(2016)

スピンオフ映画

  1. ボーン・レガシー(2012)

スピンオフドラマ

  1. トレッドストーン(2019)

映画『ボーン』シリーズは「メインシリーズ」と「スピンオフ映画」、「スピンオフドラマ」に分けることができ、上記の順番で観ることをオススメしています。まず、「メインシリーズ」は本作の主人公ジェイソン・ボーンの「記憶を取り戻す旅」が描かれます。そして「スピンオフ映画」ではアウトカム計画の参加者であったアーロン・クロスが主人公の作品。そして最後に「スピンオフドラマ」はメインシリーズで度々登場する”トレッドストーン計画”について描かれます。

初見さんは「メインシリーズ」→「スピンオフ映画」→「スピンオフドラマ」の順に観ることで「ボーン」の世界をより楽しめます。2回目、3回目の方はスピンオフドラマ『トレッドストーン』(2019)がオススメです!

そして気になる時間軸を紹介しておくと、『ボーン・レガシー』(2012)は『ボーン・スプレマシー』(2004)と『ボーン・アルティメイタム』(2007)に前後する形。『トレッドストーン』(2019)はCIAのブラックオプス計画「オペレーション・トレッドストーン」の起源と現在を描いた作品であり、起源は1973年まで遡ります。時間軸で見たいという方は公開順=時系列順となっていますので公開順での視聴をオススメします。

そして、今回はU-NEXTという動画配信サービスで『ボーン』シリーズを無料視聴できますのでオススメしております。

U-NEXTを使った無料視聴がオススメ!

  1. ボーン・アイデンティティー(2002)
  2. ボーン・スプレマシー(2004)
  3. ボーン・アルティメイタム(2007)
  4. ボーン・レガシー(2012)
  5. ジェイソン・ボーン(2016)

※ 2021年9月9日23:59まで配信中。

  1. トレッドストーン(2019)

※上記はAmazonリンクになります。
※無料視聴不可なので注意してください。

上記のタイトルをクリックすることで『ボーン』シリーズを無料視聴できます。30日間無料お試し期間がついてきますので、お早めにどうぞ!

(注意点:『トレッドストーン』はU-NEXTでは視聴できません。Amazon Prime Videoを使用した無料視聴、もしくはDVDレンタルでしか観賞できない状況です。『トレッドストーン』は見なくていいという方はU-NEXTのご利用を推奨しておりますが、逆であるならばレンタル店舗へ足を運ぶしかないです。)

ボーン・アイデンティティ(2002)

ボーン・アイデンティティー

ボーン・アイデンティティ
(The Bourne Identity)
公開日:2002年6月14日
再生時間:119分

あらすじ

ある嵐の夜、イタリアの漁船が洋上に漂う意識不明の男を引き揚げる。男の皮下に埋め込まれたマイクロカプセルには、スイスの銀行の口座番号が印されていた。男は息を吹き返すが記憶を失っており、自分の名前も分からない状態。数週間後、彼は唯一の手掛かりであるスイスの銀行へ向かう。その貸金庫には“ジェイソン・ボーン”名義を含む6ヵ国のパスポートや大金、拳銃が入っていた。彼はやがて謎の暗殺者たちに狙われ始め…。

出典:映画・海外ドラマのスターチャンネル

キャスト

役名俳優
ジェイソン・ボーンマット・デイモン
マリー・クルーツフランカ・ポテンテ
テッド・コンクリンクリス・クーパー
教授クライヴ・オーウェン
ウォード・アボットブライアン・コックス
ニクワナ・ウォンボシアドウェール・アキノエ=アグバエ
『ボーン・アイデンティティー』キャスト一覧

スタッフ

監督ダグ・リーマン
製作総指揮ロバート・ラドラム
製作総指揮フランク・マーシャル
原作ロバート・ラドラム
脚本トニー・ギルロイ
脚本ウィリアム・ブレイク・ヘロン
音楽ジョン・パウエル
『ボーン・アイデンティティー』スタッフ一覧

ボーン・スプレマシー(2004)

ボーン・スプレマシー(2004)

ボーン・スプレマシー
(The Bourne Supremacy)
公開日:2004年7月15日
再生時間:108分

あらすじ

ベルリンでCIAエージェントが殺害され、現場からジェイソン・ボーンの指紋が発見された。一方、2年経っても記憶が戻らないボーンは恋人のマリーと新たな人生を踏み出すが、彼女は送り込まれた刺客の犠牲になってしまう。辛くも窮地を脱したボーンは、CIAの仕業と考え、復讐に立ち上がる。

出典:映画専門チャンネル ムービープラス

キャスト

役名俳優
ジェイソン・ボーンマット・デイモン
マリーフランカ・ポテンテ
パメラ・ランディジョーン・アレン
アボットブライアン・コックス
ニッキージュリア・スタイルズ
キリルカール・アーバン
ダニーガブリエル・マン
ジャーダマートン・ソーカス
キムミシェル・モナハン
コンクリンクリス・クーパー
『ボーン・スプレマシー』キャスト一覧

スタッフ

監督ポール・グリーングラス
製作総指揮マット・ジャクソン
製作総指揮ダグ・リーマン
製作総指揮ヘンリー・モリソン
製作総指揮ティエリー・ポトク
製作総指揮ジェフリー・M・ワイナー
原作ロバート・ラドラム
脚本トニー・ギルロイ
脚本ブライアン・ヘルゲランド
音楽ジョン・パウエル
『ボーン・スプレマシー』スタッフ一覧

ボーン・アルティメイタム(2007)

ボーン・アルティメイタム(2007)

ボーン・アルティメイタム
(The Bourne Ultimatum)
公開日:2007年8月3日
再生時間:115分

あらすじ

ボーンは失った過去の記憶を追い求めながら、追っ手から逃げ延びていた。その頃、新聞記者のロスはCIAの暗殺部隊“トレッドストーン”計画とボーンの存在の情報を入手。新聞に載った自身の写真を見たボーンはロスとの接触を試みるが、CIAが放った殺し屋によってロスは殺されてしまう。

出典:映画専門チャンネル ムービープラス

キャスト

役名俳優
ジェイソン・ボーンマット・デイモン
ニッキー・パーソンズジュリア・スタイルズ
ノア・ヴォーゼンデヴィッド・ストラザーン
エズラ・クレイマースコット・グレン
サイモン・ロスパディ・コンシダイン
パズエドガー・ラミレス
デッシュジョーイ・アンサー
ニール・ダニエルズコリン・スティントン
アルバート・ハーシュアルバート・フィニー
パメラ・ランディジョーン・アレン
『ボーン・アルティメイタム』キャスト一覧

スタッフ

監督ポール・グリーングラス
製作総指揮ジェフリー・M・ワイナー
製作総指揮ヘンリー・モリソン
製作総指揮ダグ・リーマン
原作ロバート・ラドラム
脚本トニー・ギルロイ
脚本スコット・ Z・バーンズ
脚本ジョージ・ノルフィ
音楽ジョン・パウエル
『ボーン・アルティメイタム』スタッフ一覧

ボーン・レガシー(2012)

ボーン・レガシー(2012)

ボーン・レガシー
(The Bourne Legacy)
公開日:2012年8月10日
再生時間:135分

あらすじ

CIAの極秘プログラム<トレッドストーン計画>によって生まれた暗殺者ジェイソン・ボーンがその全貌を暴こうと暗躍する頃、さらなる極秘プログラム<アウトカム計画>の発覚を恐れたCIAは証拠隠滅のため全プログラムの抹消を命じる。アウトカム計画で人格と肉体を改造された工作員アーロン・クロスは身の危険を察知し逃走。アーロンの体調を管理するシェアリング博士と共に、能力維持のために必要な薬を求めてフィリピンへ。

出典:洋画専門チャンネル ザ・シネマ

キャスト

役名俳優
アーロン・クロスジェレミー・レナー
リック・バイヤーエドワード・ノートン
マルタ・シェアリング博士レイチェル・ワイズ
パメラ・ランディジョーン・アレン
アルバート・ハーシュ博士アルバート・フィニー
ノア・ヴォーゼンデヴィッド・ストラザーン
エズラ・クレイマースコット・グレン
『ボーン・レガシー』キャスト一覧

スタッフ

監督トニー・ギルロイ
製作総指揮ヘンリー・モリソン
製作総指揮ジェニファー・フォックス
原作ロバート・ラドラム
脚本トニー・ギルロイ
脚本ダン・ギルロイ
音楽ジェームズ・ニュートン・ハワード
『ボーン・レガシー』スタッフ一覧

ジェイソン・ボーン(2016)

ジェイソン・ボーン(2016)

ジェイソン・ボーン
(Jason Bourne)
公開日:2016年7月29日
再生時間:124分

あらすじ

記憶を取り戻したジェイソン・ボーンが姿を消して数年。かつてCIAで同僚だったニッキーが潜伏していた彼に接触。ハッカーグループと協力し、CIAのサーバーから極秘情報を盗み出した彼女がボーンに告げたのは、トレッドストーン計画を巡る意外な事実だった。真実を探ろうとするボーンを追って、野心的なCIAのエージェント、ヘザー・リーと、凄腕の暗殺者アセットが動き始める…。

出典:洋画専門チャンネル ザ・シネマ

キャスト

役名俳優
ジェイソン・ボーンマット・デイモン
ロバート・デューイトミ・リー・ジョーンズ
ヘザー・リーアリシア・ヴィカンダ
アセットヴァンサン・カッセル
ニッキー・バーソンズジュリア・スタイルズ
アーロン・カルーアリズ・アーメッド
『ジェイソン・ボーン』キャスト一覧

スタッフ

監督ポール・グリーングラス
製作総指揮ヘンリー・モリソン
製作総指揮クリストファー・ラウズ
製作総指揮ジェニファー・トッド
製作総指揮ダグ・ライマン
脚本ポール・グリーングラス
脚本クリストファー・ラウズ
音楽ジョン・パウエル
音楽デヴィッド・バックリー
『ジェイソン・ボーン』スタッフ一覧

トレッドストーン(2019)

トレッドストーン(2019)

トレッドストーン
(Treadstone)
公開日:2019年9月24日〜2019年12月17日
再生時間:約44分(各話)

シーズン一覧

1. セミのプロトコル

ジェイソン・ボーンの物語をヒントに、世界中に潜むエージェントたちが再び恐ろしいミッションを始めるために覚醒する。

2. 既知の陰謀

ベントリーはCIAへ帰還する。タラは外国へ飛び、エドワーズは謎を深掘り下げる。

3. ベルリンの提案

ベントリーは答えを模索する。エドワーズは工作員と面会し、ダグはある訪問者を迎える。

4. ケンタッキーの契約

ダグは問題をひとつ解決し、エドワーズは突破作戦を手にする。

5. ベントリーの嘆き

ベントリーは真実を見つけ、ダグは危険なミッションを始めようとする。

6. ハデスの覚醒

ソヨンは前進を阻まれる。ベントリーは旅をして、エドワーズはヘインズをコントロールしようとする。

7. 逆説のアンドロポフ

ダグは情報を手にする。ぺドラは同志の元を訪ね、タラはどん底を経験する。

8. マッケナの抹消

ダグは標的を助けようとし、エドワーズとヘインズは追跡される。

9.ソウルの収容所

タラは答えを手にする。ソヨンは計画を立て、ダグはミッションの準備をする。

10. セミの契約

ベントリーはひとつの選択をする。タラは行動を起こし、エドワーズは複雑な状況に飛び込む。

出典:Amazonより

『ボーン』シリーズ最新作の企画進行中

&COPY; 2006 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

『ボーン』シリーズの新作映画に新たな監督の起用が検討されていることを米Colliderにて報道されました。これはスピンオフドラマ『トレッドストーン』(2019)と世界観を共有する新作映画の作業が進められており、新たな物語と監督を探している最中のようです。今回はジェイソン・ボーン役のマット・デイモンの続投については一切言及されていませんが、Toronto Sunのインタビューによると「僕たち全員を納得させるには、かなり凄い物語を用意する必要がある」と語っており、内容によってはチーム再集結があり得るのかも知れません。まだまだ先の話になりそうですが、プロデューサーを務めるフランク・マーシャルの腕を信じましょう。

今回は以上です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる