『ボーン』シリーズはこの順番で観よう|全5作品と最新情報を紹介!

映画『ボーン』シリーズはこの順番で観よう|全5作品を徹底解説
URLをコピーする
URLをコピーしました!

映画『ボーン』シリーズはロバート・ラドラムのベストセラー小説「暗殺者」に登場したジェイソン・ボーンを主役とした人気サスペンス・アクション映画シリーズです。マット・デイモン主演で映画化され世界各国で大ヒットを記録しましたが、ストーリー後世は大幅な改編を行っています。

そんな『ジェイソン・ボーン』シリーズは、元CIAの暗殺者ジェイソン・ボーンがCIAの陰謀と戦いながら自らのアイデンティティ(自己の存在証明)を取り戻すために奮闘するストーリーとなっています。

そこで今回は『ボーン』シリーズをこれから観ようという人にオススメの視聴順番やお得に観る方法を紹介します。前半は『ボーン』シリーズを観る前に抑えておきたい事前知識を。そして後半にオススメの視聴順番やあらすじなどをまとめていきます。

本作と1996年に公開された映画『ロング・キス・グッドナイト』に影響された『エージェント・ウルトラ』(2015)といったアクションコメディ映画もあり、この2作品が好きな方は必見です!

目次

映画『ボーン』シリーズをおさらい!

ボーンシリーズ
公開年タイトル
2002ボーン・アイデンティティー
2004ボーン・スプレマシー
2007ボーン・アルティメイタム
2012ボーン・レガシー
2016ジェイソン・ボーン
2019トレッドストーン

そもそも『ボーン』シリーズって?

© 2006 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

映画『ボーン』シリーズは2002年から始まった大人気サスペンスアクション映画です。原作とされているロバート・ラドラムの小説『暗殺者』に登場する架空の元CIA暗殺者であるジェイソン・ボーンを主役としたもので、脚本はそれぞれラドラムの小説を原作としています。

日本公開は2003年1月25日ということで、今から17年以上も経過している作品となっているのですが、少しも古さを感じさせない斬新さを感じれる映画となっています。

主人公であるジェイソン・ボーンはある極秘任務中に意図せずして記憶を失ってしまい、謎に満ちた自身の素性をマリー・クルーツの助けを借りながら謎といていきます。いわゆる「自分探しの旅」というものですね。その最中に謎の組織から追われ、自分に超越した戦闘能力や堪能な語学が備わっていることを知り、自分が何者なのか苦しみつつ「アイデンティティを探す旅」を続けます。

映画『ボーン』シリーズの魅力とは?

© 2006 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

映画『ボーン』シリーズといえば、極限まで臨場感を追求したアクションシーンとノンストップで展開されるストーリーが売りのシリーズ。

中でも本作は世界各国の特殊部隊で採用されている接近戦闘術”クラヴ・マガ”を取り入れられており、息をつく暇なく敵を瞬殺していきます。ジェイソンの手に掛かれば日用品のあらゆるものが武器となり、ペンや雑誌、電源コード、タオルといった物まで使いこなしてしまいます。

正に中二病心を擽りまくりの作品!

そんなジェイソン・ボーンのアクションはリアリティーを重視するために「手ブレカメラワーク」を採用し、より迫力のあるシーンを演出しています。ここ最近だと『カメラを止めるな!』(2017)のようなカメラワークと思ってもらえればいいです。

手振れが激しくて「映像酔い」や「画面酔い」をしてしまう可能性などを考えてしまいますが、本作は目まぐるしいカット割りによりそんなことはなく、しっかりと要点を押さえた上でのカットなので安心して観賞できます。

映画『ボーン』シリーズはこの順番がオススメ!

(C) Universal Pictures
『ボーン』シリーズのオススメの順番はこちら!

メインシリーズ

  1. ボーン・アイデンティティー(2002)
  2. ボーン・スプレマシー(2004)
  3. ボーン・アルティメイタム(2007)
  4. ジェイソン・ボーン(2016)

スピンオフ映画

  1. ボーン・レガシー(2012)

スピンオフドラマ

  1. トレッドストーン(2019)

映画『ボーン』シリーズは「メインシリーズ」「スピンオフ映画」「スピンオフドラマ」に分けることができ、上記の順番で観ることをオススメしています。

まず、「メインシリーズ」は本作の主人公ジェイソン・ボーンの「記憶を取り戻す旅」が描かれます。

そして「スピンオフ映画」ではアウトカム計画の参加者であったアーロン・クロスが主人公の作品。

最後に「スピンオフドラマ」はメインシリーズで度々登場する”トレッドストーン計画”について描かれます。

初見さんは「メインシリーズ」→「スピンオフ映画」→「スピンオフドラマ」の順に観ることで「ボーン」の世界をより楽しめます。2回目、3回目の方はスピンオフドラマ『トレッドストーン』(2019)がオススメです!

気になる時間軸を紹介しておくと、『ボーン・レガシー』(2012)は『ボーン・スプレマシー』(2004)と『ボーン・アルティメイタム』(2007)に前後する形。

『トレッドストーン』(2019)はCIAのブラックオプス計画「オペレーション・トレッドストーン」の起源と現在を描いた作品であり、起源は1973年まで遡ります。

時間軸で見たいという方は公開順=時系列順となっていますので公開順での視聴をオススメします。

ボーン・アイデンティティ(2002)

あらすじ

予告動画

キャスト

スタッフ

ボーン・スプレマシー(2004)

あらすじ

予告動画

キャスト

スタッフ

ボーン・アルティメイタム(2007)

あらすじ

予告動画

キャスト

スタッフ

ボーン・レガシー(2012)

あらすじ

予告動画

キャスト

スタッフ

ジェイソン・ボーン(2016)

あらすじ

予告動画

キャスト

スタッフ

トレッドストーン(2019)

シーズン一覧

予告動画

『ボーン』シリーズ最新作の企画進行中

© 2006 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

『ボーン』シリーズの新作映画に新たな監督の起用が検討されていることを米Colliderにて報道されました。これはスピンオフドラマ『トレッドストーン』(2019)と世界観を共有する新作映画の作業が進められており、新たな物語と監督を探している最中のようです。今回はジェイソン・ボーン役のマット・デイモンの続投については一切言及されていませんが、Toronto Sunのインタビューによると「僕たち全員を納得させるには、かなり凄い物語を用意する必要がある」と語っており、内容によってはチーム再集結があり得るのかも知れません。まだまだ先の話になりそうですが、プロデューサーを務めるフランク・マーシャルの腕を信じましょう。

今回は以上です。

映画『ボーン』シリーズはこの順番で観よう|全5作品を徹底解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SHAREしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる