『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズをおさらい|全3作品を公開順に紹介!

(C)Universal Studios.
URLをコピーする
URLをコピーしました!

世界中に住む30代独身アラサー女子の共感を読んだ人気作品『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズ。「幸せになりたい!」と奮闘する等身大の姿は世界中の女子たちの心を掴み、女子なら共感すること間違いなしの作品になっております。

本作のヒロイン、ブリジット・ジョーンズ(レネー・ゼルヴィガー)は恋に仕事も上手くいかない独身アラサー女性。彼女は普通の恋愛をしようと日記を付け始め、ダイエットや禁酒といった自分磨きを始めるのですが、女たらしの上司に口説かれ、まんまとその気になってしまうのです。

ダメダメっぷりがリアルすぎて、世の中の女子なら思わず「私と同じ!」と頷いてしまうような自分自身とブリジット・ジョーンズを重ねてしまような…そんな普遍的な女子の仕事と恋愛事情が描かれるのが本作の魅力です。

「いつの間にか主人公と同じような自分になっちゃった!」

『ブリジット・ジョーンズの日記』を観れば、みっともなくても可愛らしい女性を目指したくなる…そんな気持ちにさせてくれる事間違いなしです!

本記事は『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズのオススメの視聴順番やお得に観る方法をメインに紹介していきます。前半は『ブリジット・ジョーンズの日記』とはどんな作品なのか。そして後半にオススメの視聴順番やあらすじなどを紹介していきます。

U-NEXT
「31日間無料トライアル」をはじめよう!
  • 210,000本以上が見放題
  • 114誌以上の雑誌が読み放題
  • 600円分のポイントプレゼント
31日間無料トライアル開催中!
登録は3ステップで簡単。
いつでも解約できます。
目次

映画『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズ全3作品

ブリジット・ジョーンズ 全3作品
公開日タイトル
2001ブリジット・ジョーンズの日記
2005ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月
2016ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期

『ブリジット・ジョーンズの日記』とは?

(C)Universal Studios.

映画『ブリジット・ジョーンズの日記』はイギリス・アメリカ・フランス合作のロマンティック・コメディ映画。本作はジェーン・オースティンの『高慢と偏見』をベースとしています。原作は18世紀末から19世紀初頭のイギリスの田舎を舞台としており、結婚事情と誤解と偏見から怒る恋のすれ違いを描いたものとなっており、本作は幾度も映画化・映像化がなされ、計6本もの映画が製作されました。本作『ブリジット・ジョーンズの日記』は原作をベースにした作品であり、翻案作品として製作されました。そのため、原作を映像化したものには次の4本があります。

高慢と偏見(1940)
高慢な偏見

高慢と偏見(Pride and Prejudice
公開日:1940年7月26日|再生時間:117分

『高慢と偏見』1940年代に製作された同小説の最初の映画化作品。後にイギリスの映画『プライドと偏見』でリメイクされる元となった作品で、ストーリーに多くの改変が行われています。そして、当時ハリウッドで流行したスクリューボール・コメディ(転じて突飛な行動をとる登場人物が出てくる映画)の影響を思わせる作品となっています。

高慢と偏見(1995)
高慢と偏見

高慢と偏見(Pride and Prejudice
放映日:1995年9月24日〜10月29日
話数:6話|再生時間:327分

『高慢と偏見』1995年にイギリスBBC制作のTVドラマ作品。BBCによる『高慢と偏見』はの映像化は5回目であり、本作は「現実の人々についてのフレッシュで生き生きとした物語」を作りたいという思いで製作されました。特にセックスと金銭をテーマとしており、エリザベスとダーシーに焦点をおいたものでした。そんな本作には『ブリジット・ジョーンズの日記』でマーク・ダーシー役で出演したコリン・ファースがミスター・ダーシー役として出演しており、本シリーズを観ようと思っている方は抑えておきたい1作です。

花嫁と偏見(2004)
花嫁と偏見

花嫁と偏見(Bride & Prejudice
公開日:2004年10月6日|再生時間:111分

『花嫁と偏見』はグリンダ・チャーダ監督が手掛けた作品。本作はボリウッド風に翻訳されたもので、主に映画で撮影されたのですが、ヒンディー語やパンジャブ語の会話がいくつか登場しました。そんな本作は批評家からも肯定的なレビューを受けており、原作をカラフルでエネルギッシュに描かれています。

プライドと偏見(2005)
プライドと偏見

プライドと偏見(Pride & Prejudice
公開日:2005年9月16日|再生時間:127分

『プライドと偏見』はジョー・ライトが手掛けた作品。本作は第78回アカデミー賞主演女優賞ノミネートや美術賞・衣装でぃな・作品賞も候補に上がっていました。そんな主演を演じたのはキーラ・ナイトレイ。彼女は史上3番目の若さでアカデミー賞にノミネートされ、多くの女性を魅了しました。

上記の通り、『高慢と偏見』を原作としたものは高い評価を得ており、どれも人気のある作品です。その中でも映画『ブリジット・ジョーンズの日記』(2001)は世界中で高評価を受け、興行収入2億8,000ドル以上という商業的にも成功を収めています。ですが、アメリカ人のレネー・ゼルウィガーを配役したことに批判もあったようですが、彼女の演じた「等身大の独身女性」というものが世の中の女性に共感を与え、アカデミー賞主演女優賞などにノミネートされました。

ストーリー(ブリジット・ジョーンズの日記)

ロンドンのアパートで一人暮らしをしながら出版社に勤める32歳独身女性ブリジット・ジョーンズ(レネー・ゼルヴィガー)。彼女は元旦に実家帰った際、バツイチ弁護士のマーク・ダーシー(コリン・ファース)を紹介されるのですが、得意の毒舌で跳ね除けてしまい、お互いの印象が悪いまま終わってしまいます。

そのままロンドンに帰ったブリジットは独身生活の泥沼にハマり、「①自分を変えるために日記をつけること、②タバコとお酒を止めること、③ダイエットを初めて体重を減らすこと、この三つを実践して素敵な恋人を見つけよう」と新年の目標を掲げるのでした。

その矢先、会社の憧れの上司ダニエル・クリーヴァー(ヒュー・グラント)と急接近するも、ダニエルには会社内に婚約者がいたことを知り、傷つくブリジット。果たして彼女の理想の相手は誰なのか…?

『ブリジット・ジョーンズの日記 オリジナル・サウンドトラック』にも注目!

『ブリジット・ジョーンズの日記 オリジナル・サウンドトラック』はパトリック・ドイルが作曲を担当した人気アルバムです。アルバムにはポップ・シンガーのガブリエルやジンジャー・スパイスの愛称で知られるジェリ・ハリウェルのヒットソングが収録されており、ハリウェル自身4回目となる全英シングルチャート連続1位を獲得し、ソロ活動史上最高の売り上げを記録しました。

映画『ブリジット・ジョーンズの日記』のオススメの順番はこちら!

(C)Universal Studios.
『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズはこの順番がオススメ!
  1. ブリジット・ジョーンズの日記(2001)
  2. ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月(2005)
  3. ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期(2016)

映画『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズのオススメの視聴順番は上記の通りとなっており、公開順に見れば間違いありません。シリーズ本数は3本と少ないですが、先ほど紹介した『高慢と偏見』の映像化作品を観るとなると計7本となります。どれも原作をベースにした作品なので大まかなあらすじは同じですが、出演している俳優やテーマなどが違ってくるため、全く違った作品に見えます。

もっとブリジットの世界を観たい…。

そんな方は『高慢と偏見』(1995)や『プライドと偏見』(2005)などを観ることをオススメしています。そのため、とりあえず、初見さんは『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズを観てみることをオススメしています。

そして、今ならU-NEXTという動画配信サービスで『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズを無料視聴できますのでオススメしています。

上記のタイトルをクリックすることで『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズを無料視聴できます。30日間無料お試し期間がついてきますので、お早めにご活用ください。

ブリジット・ジョーンズの日記(2001)

ブリジット・ジョーンズの日記

ブリジット・ジョーンズの日記
(Bridget Jones’s Diary)
公開日:2001年4月13日
再生時間:97分

あらすじ

出版社勤務、32歳、独身、恋人ナシのブリジットは新年に「日記をつけ、タバコとお酒と体重を減らし、恋人を見つける」こと、そして「セクシーな上司に惚れないように気をつける」という目標を立てる。ところがある日、彼女は出版記念パーティでとんだ大失態を演じてしまい、気をつけていたはずの上司に慰められて、いい関係に。念願の甘い生活がはじまるのだが、幸せも束の間、彼のアパートで浮気現場を目撃してしまった!

出典:洋画専門チャンネル ザ・シネマ

キャスト

役名俳優
ブリジット・ジョーンズレネー・ゼルウィガー
マーク・ダーシーコリン・ファース
ダニエル・クリーヴァーヒュー・グラント
コリン・ジョーンズジム・ブロードベント
パメラ・ジョーンズジェマ・ジョーンズ
ウナ・オルイオンベリーセリア・イムリー
ジェフリーおじさんジェームズ・フォークナー
ジュードジャリー・ヘンダーソン
トムジェイムズ・キャリス
シャロン・シャザーサリー・フィリップス
ララリサ・バービュシア
ダーシー提督ドナルド・ダグラス
ジェラルディン・ダーシー夫人シャーミアン・メイ
”ティッツ・パーヴァート”・フィッツハーバートポール・ブルック
ナターシャ・グレンヴィルエンベス・デイヴィッツ
ジュリアンパトリック・バーロウ
パーペチュアフェリシティ・モンタギュー
リチャード・フィンチニール・ピアソン
ウーニードリー・ウェルズ
マグダクレア・スキナー
『ブリジット・ジョーンズの日記』キャスト一覧

スタッフ

監督シャロン・マグアイア
製作総指揮ヘレン・フィールディング
原作ヘレン・フィールディング
脚本ヘレン・フィールディング
脚本アンドリュー・デイヴィス
脚本リチャード・カーティス
音楽パトリック・ドイル
『ブリジット・ジョーンズの日記』スタッフ一覧

ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月(2004)

ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月

ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月
(Bridget Jones: The Edge of Reason)
公開日:2004年11月16日
再生時間:107分

あらすじ

30代、独身のブリジットは弁護士のマークと付き合い始めて6週間。バラ色の毎日を送っていた。ところがブリジットはマークに招待された晩餐会で大失敗を連発。彼との初めての喧嘩に直面する。マークと美人令嬢とのアヤシイ噂まで耳にしていたブリジットは、ついに彼の部屋から出て行ってしまう。その後マークから連絡もなく落ち込んでいたブリジットに、かつての上司であり浮気男のダニエルとの仕事の話が舞い込んでくる。

出典:洋画専門チャンネル ザ・シネマ

キャスト

役名俳優
ブリジット・ジョーンズレネー・ゼルウィガー
マーク・ダーシーコリン・ファース
ダニエル・クリーヴァーヒュー・グラント
コリン・ジョーンズジム・ブロードベント
パメラ・ジョーンズジェマ・ジョーンズ
レベッカ・ギリースジャシンダ・バレット
シャザーサリー・フィリップス
ジュードシャーリー・ヘンダーソン
トムジェームズ・キャリス
マグダジェシカ・スティーヴンソン
リチャード・フィンチニール・ピアソン
ジェドポール・ニコルズ
ウナおばさんセリア・イムリー
ジェフリーおばさんジェームズ・フォークナー
『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』キャスト一覧

スタッフ

監督ビーバン・キドロン
製作総指揮ライザ・チェイシン
製作総指揮デブラ・ヘイワード
原作ヘレン・フィールディング
脚本ヘレン・フィールディング
脚本リチャード・カーティス
脚本アダム・ブルックス
音楽ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』スタッフ一覧

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期(2016)

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期
(Bridget Jones’s Baby)
公開日:2016年9月16日
再生時間:123分

あらすじ

TV局の敏腕プロデューサーとしてキャリアを重ねるブリジットだが、私生活ではアラフォーになった今も独身。事故で亡くなった元恋人ダニエルの葬儀で元カレのマークと再会するが、彼は既婚者でぎこちないムードに。ある日、同僚に誘われ参加した音楽フェスでハメを外したブリジットは、実業家ジャックと惹かれ合い肉体関係を持ってしまう。一方、マークから離婚調停中であることを知らされ、ブリジットの心は揺れ動く。

出典:洋画専門チャンネル ザ・シネマ

キャスト

役名俳優
ブリジット・ジョーンズレニー・ゼルウィガー
マーク・ダーシーコリン・ファース
ジャック・クワントパトリック・デンプシー
コリン・ジョーンズジム・ブロードベント
パメラ・ジョーンズジェマ・ジョーンズ
ドクター・ローリングスエマ・トンプソン
ジェフリーおじさんジェームズ・フォクナー
シャザーサリー・フィリップス
ジュードシャーリー・ヘンダーソン
トムジェームズ・キャリス
ミランダサラ・ソルマーニ
アリスケイト・オフリン
エドワードメイトランド・チャンドラー
『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』キャスト一覧

スタッフ

監督シャロン・マグアイア
製作総指揮アメリア・グレイテジャー
製作総指揮ライザ・チェイシン
製作総指揮ヘレン・フィールディング
脚本ヘレン・フィールディング
脚本エマ・トンプソン
脚本ダン・メイザー
『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』スタッフ一覧

恋に仕事に奮闘する女性は必見|『ブリジット・ジョーンズの日記』

(C)Universal Studios.

映画『ブリジット・ジョーンズの日記』は等身大のあらサー独身女性の強い味方になってくれるような映画です。ブリジットはドジだけど背伸びしないでいる姿は多くの女性が共感する気持ちになります。いつもタイミングの悪いブリジットに「頑張れ!」と応援したくなっちゃうほど、最初から最後まで王道のラムコメディが続きます。

恋に仕事に奮闘する女性にぜひ観て欲しい1作です!

今回は以上です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる