『ダイ・ハード』シリーズはこの順番で観よう|全5作品を公開順に紹介!

映画『ダイ・ハード』シリーズはこの順番で観よう|全5作品を公開順に紹介!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

映画『ダイ・ハード』シリーズを知りたいなぁ…。

こんな疑問を解決します。

『ダイ・ハード』シリーズ
  • 1988年からはじまったアクションシリーズ
  • ロデリック・ソープの小説『ダイ・ハード』が原作
  • 『ダイ・ハード』(2007) はアメリカン・フィルム・インスティチュートで「スリルを感じる映画ベスト100」で39位にランクイン

戦場へ来てしまった運の悪い奴!

本記事では『ダイ・ハード』シリーズをおさらいしていきます。

目次

映画『ダイ・ハード』シリーズはこの順番で観よう!

映画『ダイ・ハード』はこの順番で観よう!
公開年タイトル
1988ダイ・ハード
1990ダイ・ハード2
1995ダイ・ハード3
2007ダイ・ハード4.0
2013ダイ・ハード/ラスト・デイ
マクレーン(原題)/McClane
『ダイ・ハード』シリーズ一覧

映画『ダイ・ハード』シリーズは全5作品が公開されており、公開順=時系列順なっているので公開順に視聴していけば問題ありません。

第6作目『マクレーン(原題)/McClane』は現在のマクレーンを描くと同時に、NYPD新米警官時代の「20代の若きマクレーン」も同時に取り上げるとのこと。60代のマクレーンを演じるブルースの出番が少なくなることはなさそうですが、タイトルの通り”マクレーン”という人物に迫る作品になることは間違いなさそうです。日本でも絶大的人気を誇る『ダイ・ハード』シリーズの新作ということで楽しみに待ちましょう!

そもそも『ダイ・ハード』シリーズって?

映画『ダイ・ハード』はロデリック・ソープの小説『ダイ・ハード(Nothing Lasts Forever)』が原作。元々は1966年に発売された小説”The Detective“の続編小説として書かれたもの。ロデリック・ソープが1975年公開の映画『タワーリング・インフェルノ』を観た後、ビルの中で銃を持った男たちに追い回される夢を観たことから本書を書き下ろしたと言われています。

リアルな1作目は“The Detective”であり、1968年の映画『刑事』としてフランク・シナトラ主演で映画化されました。その続編“Nothing Lasts Forever”は主演のシナトラが続編への出演を断ったため内容変更されました。

原作『ダイ・ハード』の主人公は初老であった⁈

原作『ダイ・ハード』の主人公ジョーゼフ・リーランドは初老の私立探偵であるのに対し、映画では最も不運な男ジョン・マクレーンと変更されました。

ジョーゼフ・リーランド

ジョーゼフ・リーランドはニューヨーク市警察の退職警官であり、現在も警察の保安顧問を務める人物。第二次世界大戦中には西部聖戦で戦った撃墜王であった。現在は私立探偵を務めており、初老の男性である。

ジョン・マクレーン

ジョン・マクレーンはニューヨーク市警察本部の刑事(巡査部長)。彼は最も不運なタイミングで、最も不運な場所に居合わせる、しかし簡単には死なない(不死身の)男。刑事としての洞察力に優れており、戦術面や工作面などの技術も高い。だが無鉄砲な一面もあり、最もツイテいない男である。

『ダイ・ハード』正真正銘の1作目『刑事』(1968)

The Detective

あらすじ

ジョー・リーランド刑事(フランク・シナトラ)は、ホモ男殺人事件の捜査を担当し有力な容疑者フェリックス(トニー・ムサンテ)を捕まえた。そして、気長に彼を調べあげた結果、ついにフェリックスに犯行を自供させた。リーランドは、この事件の功績を認められ、警部に昇格したが、必ずしも、心から喜べるという状態ではなかった。というのは、彼の家庭が、あまりうまくいっていないからだ。妻カレン(リー・レミック)は病的な多淫性。さりとて彼は離婚にふきみきれない。むしろ彼は、妻が不憫に思われてならない。フェリックスが処刑されたとき、計理士のコリン・マキーバーが競馬場のグランド・スタンドの上から、飛び降り自殺をした。だが、マキーバーの妻ノーバ(ジャクジャクリーン・ビセット)は、あくまでも他殺だと言いはり、リーランドに捜査を依頼してきた。新たな捜査が始まり、2人が会う機会はふえていった。そしていつしかロマンを噂されるようになった。リーランドは捜査を続けていくうちに、派生的に市の役人たちの中に、公用地の不正売買をしている者がいることを発見し、これにマキーバーが関係していたことをつきとめた。そしてホモ男殺人事件の犯人はフェリックスではなく、マキーバーであることが判明した。皮肉な結果であった。同時に、このことは、リーランドにとって致命的な出来事であった。彼はすべてを公表して辞職し、私立探偵として再出発したのである。

出典:MOVIE WALKER PRESS

予告動画

映画『ダイ・ハード』シリーズはこの順番で観よう|全5作品を公開順に紹介!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SHAREしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる