dTVのメリット・デメリットは?|月額550円の高コスパ…その魅力を解説!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

dTV(ディーティービー)は、月額料金550円という他動画配信サービスと比べて低価格で利用でき、およそ12万本のコンテンツ配信数を誇る動画配信サービスです。

登録者数は実に500万人を超え、数ある動画配信サービスには配信されていないdTV限定コンテンツやミュージックビデオなど高い人気を得ています。

本記事ではdTVのメリットやデメリットをまとめて紹介していきます。

U-NEXT
「31日間無料トライアル」をはじめよう!
  • 210,000本以上が見放題
  • 114誌以上の雑誌が読み放題
  • 600円分のポイントプレゼント
31日間無料トライアル開催中!
登録は3ステップで簡単。
いつでも解約できます。
目次

dTVはコスパ最強の配信サービス!

月額料金550円(税込)
コンテンツ数120,000本以上
画質SD/HD/4K
無料キャンペーン期間31日間
ダウンロード機能
同時視聴×
dTVのオススメポイント!
  1. 映画・ドラマ・アニメ・バラエティ・音楽など、120,000作品以上が楽しめる
  2. dTVオリジナルコンテンツが配信中
  3. 月額550円という破格の値段!

dTVはNTTドコモが提供し、エイベックス通信放送株式会社が運営している定額制動画配信サービスです。

人気の秘密は月額550円(税込)というお得すぎる料金設定が大きいのですが、中でも国内外の映画をはじめ、ドラマやアニメ、MVやLIVE映像など幅広いジャンルの作品を兼ね揃えていることもあります。

特に国内ドラマ・韓国ドラマ・アニメ・MVは充実しており、ターゲットとしては主婦の方や子ども向けといった感じでしょう。

ちょっと残念なのは洋画・海外ドラマのラインナップが少ないかなぁ…といったところでしょうか。

ここからはdTVのメリット・デメリットを順に紹介してきます。

dTVを1年間使ってみたメリット

それぞれ順を追って紹介していきます。

メリット①
月額550円!コストパフォーマンス最強

dTVを利用する最大のメリットは、あらゆる動画配信サービスの中でも破格の値段設定のところ!

月額料金は他の動画配信サービスと比べて圧倒的に安く、ラインナップも豊富というトップクラスのSVODSubscription Video on Demand:定額制動画配信)となっています。

サービス名公式サイト月額料金(税込)作品数
dTV¥550120,000
Amazon Prime Video¥50030,000
Netflix¥1,320非公開
Hulu¥1,02670,000
U-NEXT¥2,189210,000
Disney+¥99016,000
FODプレミアム¥97660,000
Paravi¥1,017非公開
TELASA¥61810,000
TSUTAYA TV¥1,02610,000
ビデオマーケット¥98040,000
abemaプレミアム¥96030,000
DMM 見放題chライト¥5507,000
Rakuten TV
(プレミアム見放題パック)
¥2,18940,000
Apple TV+¥60034
DAZN¥1,925130
GYAO!¥0不明
(定期的に配信作品入替あり)
TVer¥0350チャンネル

実際に人気動画配信サービス18社と比べてみても、上記の通りdTVは破格な値段であることがわかります。

さらに動画配信サービスの中でもNo. 1の利用者数を誇るAmazon Prime Videoと肩を並べる料金設定で、作品数はU-NEXTに続いてNo. 2という充実度です。

安さとラインナップに重きを置く方には、dTVは打って付けのサービスと言えますが、例えば洋画作品はU-NEXTと比べて少し残念と思ってしまいます。

※他社の動画配信サービスと比べれば圧倒的に数が多いです。

その代わり、MVやdTVオリジナルコンテンツ、さらに韓国ドラマや国内作品あたりは充実しており、海外コンテンツはあまり見ない方にマッチした動画配信サービスと言えるでしょう。

ラインナップについては「③120,000作品が観れる!幅広いジャンルが揃っている」で紹介していきます。

メリット②
31日間の無料キャンペーン開催中

dTVには他社の動画配信サービス同様、無料お試し期間が用意されています。

無料期間中は一切料金が発生することはなく、見放題作品を好きなだけ見ることができるのです。

具体的には次の記事で紹介していますので、
是非この機会に利用してみて下さいね!

また、無料お試し期間は「今後、どの動画配信サービスを利用するか」を決めるために非常に良い材料になります。

私は「U-NEXT×Amazon Prime」を利用していますが、この2つを決めるために幾つかの動画配信サービスを利用しました。

是非、無料お試し期間を使ってあなたにピッタリの動画配信サービスを見つけてみて下さいね!

無料お試し期間を利用した場合、Max:680日間、Min:315日間のタダでコンテンツが見放題となります。
(Maxの場合:Apple製品を購入する必要あり)
(Minの場合:クレジットカードを持っていれば利用可能)

メリット③
120,000作品が観れる!
幅広いジャンルが揃っている

dTVは120,000作品というコンテンツ数を誇ります。

その中には洋画・邦画をはじめ、ミュージックビデオやLIVE映像、アニメ、そして国内外のコンテンツなど幅広いジャンルに対応しています。

特にdTVの運営にはエイペックスが携わっていることもあり、オリジナル音楽番組やLIVEレポートなど数々の音楽コンテンツが配信されます。

その他にもdTVには他の動画配信サービスにないポイントがありますので、オススメのジャンルに絞って紹介していきます。

ポイント①
dTVオリジナルコンテンツが面白い!

dTVは人気アーティストやアイドルを起用したオリジナル番組を見放題作品として配信しています。

中には”俺足族”にはたまらない…ジャニーズとdTVがタッグを組んだ「Kis-My-Ft2」の冠バラエティ『キスマイどきどきーん!』。360度VR映像で”彼女”視点で楽しめる『キス×kiss×キス』、さらにフジテレビが運営する動画配信サービスFODとdTVがタッグを組んだ「彼氏をローんで買いました」など、dTVしか見られないオリジナル作品も楽しめます。

また邦画のスピンオフも多く製作されており、『闇金ウシジマくん』や『銀魂』などのdTVオリジナル作品が見られます。

ポイント②
洋画・海外ドラマも充実!

出典:https://youtu.be/wJAHrDB_A8Qより

コロナ渦の巣ごもり需要で動画配信サービスの成長が目立つ中、dTVでも2020年12月から洋画・邦画・海外ドラマのラインナップを大幅補充しました。

具体的には20世紀スタジオとディズニー配給の洋画200タイトル、海外ドラマ1,800エピソードが追加され、以前からラインナップが充実していない印象だった洋画・海外ドラマのコンテンツが充実しました。

具体的には次の通りです。

さらに海外ドラマには、シリーズ累計レンタル回数3億回以上という異例の記録を誇る『24 -TWENTY FOUR-』をはじめ、『ウォーキング・デッド』や『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』、『プリズン・ブレイク』、『BONES -骨は語る-』、『LOST』、『X-ファイル』などが追加されました。

ですがコンテンツが追加されたとはいえ、いくつかの作品には配信期限があります。

具体的には『LOST』が2021年5月31日23:59以降配信終了予定であり、いつ配信中の作品が見れなくなるか分からないということがあるのです。

これはどの動画配信サービスにも言えることで、dTVにも有料作品があり、さらに配信終了時期もあるということを認識しておいて下さいね。

ポイント③
dTVはアニメ作品もあつい!

dTVの魅力の1つはアニメの充実度も1つでしょう。特に大人気アニメの劇場版が配信されているケースが多く、どれも一挙配信されるという特徴があります。

※例えば『名探偵コナン』シリーズや『ドラゴンボール』シリーズなど人気作品が配信中です。

さらに作品供給を手がけるアニメタイムズ社との契約により、TV放送中のアニメが放送直後から最速配信されています。

ですが、dTVには配信されていないアニメ作品が度々あり、正直アニメコンテンツに重点を置いている方はdアニメストアがオススメです。

具体的にはマイナー作品や2,5次元舞台など、4,200作品以上のアニメが見放題となっています。

これは動画配信サービスの中でもNo.1のアニメ見放題サイトであり、dTVでは見れない作品も配信されています。

アニメ以外も見たいという方は「dTV」、アニメをとにかく観たいしたい方は「dアニメストア」といったように考えてみて下さいね!

※dTVは初月無料で利用できます!

※dアニメストアは初月無料中で利用できます!

ポイント④
dTVは韓国ドラマも豊富!

dTVは韓流・華流作品が充実しており、2021年5月現在770作品以上が配信されています。

特にdTVにしか配信されていない作品を数多く取り扱っており、人気どころは揃っているといった感じでしょうか?

実際、U-NEXTの方が1,200作品以上の韓国ドラマが配信されており、dTVよりU-NEXTの方が作品は多いです。

豊富に取り扱っている方が良いという方はU-NEXTを。
人気作品が集まっている方が良いという方はdTVを選びましょう!

ポイント⑤
dTVにはLIVE映像が満載!

dTVは映画やドラマだけでなく音楽コンテンツも充実しています。中には30,000以上を誇る音楽コンテンツが配信されており、エイペックスレーベルの国内アーティストの貴重なLIVE映像を視聴できます。

さらにdTVは新型コロナウイルスの感染拡大に伴い音楽LIVEもリアルからデジタルへシフトし、家でLIVEを楽しむことが定着していく中で、新ジャンル「ライブ」を立ち上げ新たな音楽体験を私たちに提供してくれます。

具体的には有料LIVEの実装、音楽シーンのトレンドを中心にバラエティに富んだエンタメ情報発信オリジナル番組の無料生配信も予定しています。

有料LIVE第1弾は、ロックバンドGLAYの「THE ENTERTAINMENT STRIKES BACK LIFETIME MUSIC」、HKT48の「宮脇咲良 HKT48 卒業コンサート 〜bouquet〜」の2つが予定されています。

また有料LIVEに加え、dTVなら見放題作品も充実しており、BTSやRADWIMPS、ONE OK ROCK、AAAなど人気アーティストの楽曲・LIVE・MVなどが盛り沢山です!

音楽好きの方は覗いてみる価値ありです!

メリット④
毎月dポイントが貯まる!

dポイントはNTTドコモとエイベックス通信放送株式会社が提供する動画配信サービスですので、dTVの月額利用料お支払いでdポイントが貯まります。具体的には次の通りです。

dTVポイントが貯まる仕組み

ドコモ回線契約がある方

  • 1,000円で10~100ポイント

ドコモ回線契約がない方

  • 100円につき1ポイント

そのため、dTVを利用すると自動的に5ポイントが貯まります。

さらにdTVには会員ランクが存在し、加入期間によってランクアップします。具体的には次の通りです。

会員ランクランクアップ条件
ブロンズ会員初回入会から31日間
シルバー会員入会後すぐ
(初回入会からの31日間は除く)
ゴールド会員シルバー会員になった翌々月の1日〜
(有料会員になってから2ヶ月後の1日から)
プラチナ会員ゴールド会員になった3ヶ月後の1日〜
(有料会員になってから5ヶ月後の1日から)

つまり、ブロンズ会員からプラチナ会員になるまで半年かかることになります。

さらに会員ランクに応じてdポイントが毎月もらえる抽選会やプレゼントキャンペーンなどが用意されています。

dポイントは生活のちょっとしたタイミングでも使用できますのでお得感満載です!

メリット⑤
おうちカラオケが楽しめる

dTVには他の動画配信サービスでは取り扱っていない「カラオケ」サービスが存在します。

若干配信音源が古いように見えますが、検索にかけてみると最新楽曲が配信されており、調べてみるとカラオケ作品数70,000曲以上が配信されているようです。

ただ、カラオケのようにPV映像が流れないものもあり、全ての楽曲がカラオケの雰囲気で楽しめないかもしれません。

なのでちょっとしたカラオケ練習に適していると言えます。

おうちカラオケを楽しみましょう!

dTVを1年間使ってみたデメリット

それぞれ順を追って紹介していきます。

デメリット①
dTVはレンタル作品が多い

120,000作品以上という圧倒的コンテンツ数を誇るdTVですが、これはレンタル作品(別途課金が必要な作品)が含まれています。

例えば、カラオケ音源だけで70,000作品あると言われており、それらを含めると映像作品は50,000作品となります。その中から見放題作品がどれくらいあるか…を考えると10,000~30,000ほどでしょうか?

実際に調べてみると見放題作品はメジャーな作品が多く、レンタル作品は最新作品、そしてマイナーな作品はあまり配信されていないといった感じでした。

ですが、dTVのレンタル作品を購入するとdポイントが付与されるため、他の動画配信サービスよりちょっとお得感があるのですが、実際U-NEXTでのレンタルが一番お得です。

具体的には下記の記事で紹介していますが、簡単に紹介するとU-NEXTには「ポイントバックプログラム」というものが用意されており、クレジットカード支払いで最大40%還元されます。例えば、2,000円分の課金を行なった場合、800円分の還元が行われるのです。

デメリット②
観たい映像作品が見つからない場合がある

dTVは幅広いコンテンツを扱っている反面、1つ1つのジャンルのラインナップ数は残念な点です。

実際、洋画のシリーズものや海外ドラマなどは順番に見たくても抜けている作品があったりと見たいジャンルが決まっている方にはオススメできないサービスといえます。

※例えば、人気サイコ・スリラー映画『SAW/ソウ』シリーズは、1作目『ソウ』と2作目『ソウ2』が配信されていません。

具体的には次のように動画配信サービスを選ぶことをオススメしています。

ジャンルで動画配信サービスを選ぶ

なので、dTVを選ぶ方はオリジナル作品を観たい方や韓国ドラマ中心に観たい方などにオススメです!

デメリット③
画質が悪い
(4K動画は話題作のみ)

映像作品を視聴するにあたりdTVは画質が悪いと言われています。

ですがこれは簡単に解決できて、画質を自分で設定すればいいのです!

dTVの設定画質
  • 標準画質:SD(480p:地上波アナログテレビ放送レベル)
  • 高画質:HD(720p:DVDより美しくBlu-layより劣る)
  • 最高画質:4K(2,160p:Blu-layの4倍の美しさ)
  • 自動:回線の状況に応じて自動で最適な画質を選択←初期設定はココ!

つまり、画質が悪いと思う方は「自動」に設定しているか標準画質で視聴している可能性があります。

いつでも最高画質で作品を楽しみたいという方は画質の設定から「自動→最高画質」に変更してみましょう!

※ちなみに、画質が設定できるのはアプリ上のみです。これはPCやTVでの視聴は自宅やWi-Fi環境での視聴が前提とされているため、画質の変更はできないようです。

ですが、残念なことにdTVは4K対応しているとはいえ、下記の条件を満たしていないと最高画質で視聴できません。

4Kを観るための条件
  • 4K表示ができるデバイス
  • 動画配信サービス側が4K対応していること(dTVは対応)
  • 作品側が4K対応していること(4K対応作品が少ない)

そのため、dTV側が4K対応していても4K対応作品が少ないがために最高画質では見れないのです!

これはどの動画配信サービスにも言えることのように思われますが、他の動画配信サービスはフルHD(1080p)に対応しています。

ですが、dTVはフルHDに対応しておらず、さらに4K対応しているとはいえ対応作品が少ないため一番綺麗に見えるのがHDとなってしまうのです。

今後、dTVでも4K映像作品を扱うことが増えていくかと思いますがあ、現状、画質の良い状態で観れる動画配信サービスを選ぶのが無難なのかもしれません。具体的には、U-NEXTやHulu、Amazon Prime Videoなどがオススメで、Netflixであれば「プレミアム」を申し込みましょう!

デメリット④
dTVは同時視聴できない

まずdTVでは複数のデバイスでの同時視聴ができません。

dTVは同時に5台まで登録できますが、同時視聴をすることはできず、家族で違う作品をみたい場合などは視聴時間をずらすなどの工夫が必要となってきます。

そのため、複数人での利用となるとかなり不便に感じ、筆者はかなりイライラしました。

そういった経緯もあり、私は同時視聴が可能なU-NEXTを利用しています。その他に同時視聴が可能なサービスといえばNetflixやAmazon Prime Videoがあります。

デメリット⑤
ゲーム機で再生できない

dTVはPS4やXboxなどのゲーム機で再生できません。

大手動画配信サービスの中でゲーム機を使った動画視聴ができないのはdTVくらいで残念な点と言えるでしょう。

ゲーム機以外で視聴する場合、dTVには次のような対応機種を用意しています。

ゲーム機で動画を視聴したい方はAmazon Prime Video、U-NEXTといった動画配信サービスがオススメです!

まとめ|dTVのメリット・デメリット

本記事ではdTVのメリットとデメリットを紹介していきました。

dTVはコストパフォーマンス最高の動画配信サービスですが、見放題作品が少ないという大きなデメリットがあります。ですが、dTVオリジナルや音楽ジャンルなどdTVにも大きなメリットがあるのです。

無料体験期間を活用し、”自分にピッタリの動画配信サービス”を見つけてみてくださいね!

今回は以上です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる