『イコライザー』シリーズ一覧|あらすじ・キャストをまとめて紹介!

    (C)2018 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    ”19秒で世の中を悪を世の中を悪を完全抹消する”。映画『イコライザー』は元CIA諜報員マッコールを主人公としたシリーズ。圧倒的な戦闘能力を駆使し、悪党を目にも止まらぬ速さで”瞬殺”していく姿を描きます。

    本作はアクション好きからも高い評価を得ており、第2作目『イコライザー2』では”超正統派の続編”としてパワーアップして帰ってきました。そんな『イコライザー』シリーズについて、あらすじ・キャストを含めた最新情報までたっぷり紹介していきます。

    U-NEXT
    「31日間無料トライアル」をはじめよう!
    • 210,000本以上が見放題
    • 114誌以上の雑誌が読み放題
    • 600円分のポイントプレゼント
    31日間無料トライアル開催中!
    登録は3ステップで簡単。
    いつでも解約できます。
    目次

    イコライザー(2014)

    イコライザー
    出典:https://www.denofgeek.com/

    あらすじ・キャスト・スタッフ

    イコライザー2(2018)

    イコライザー2
    (C)2018 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

    あらすじ・キャスト・スタッフ

    『イコライザー』の主要キャスト一覧

    ロバート・マッコール(演:デンゼル・ワシントン)

    デンゼル・ワシントン

    ロバート・マッコールは、かつてCIAのトップエージェントとして活躍していた伝説の男。昼はホームセンターに勤める真面目な男だが、夜はどんなトラブルも解決してしまう「仕事人」としての2つの顔を持ちます。特に「19秒で世の悪を完全抹消するー」というもので悪を瞬殺していきます。

    デンゼル・ワシントンは2回アカデミー賞に輝いているほか、ベルリン国際映画賞でも2回男優賞を受賞しているアメリカを代表する映画俳優。今まで悪役としての出演が多かったのだが、本作で正義感溢れる役で出演。中でも”DIYアクション”とも呼ぶべきシーンは話題となりました。

    テディ・レンセン(演:マートン・ソーカス)

    マートン・ソーカス

    テディ・レンセンはロシアン・マフィアの幹部で元KGB(ソ連秘密諜報期間)である人物。暴力的ながら頭の切れる凶悪なマフィアで着実にマッコールを追い詰める。

    マートン・ソーカスはオーストラリアやニュージーランドで活躍する俳優。彼は『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのケレボルン役で知られています。

    テリー(演:クロエ・グレース・モレッツ)

    テリー

    テリーはダイナーの常連でマッコールとは友人である人物。彼女は少女娼婦の仕事をしており、暴力を振るう客に反撃した。これにより、売春組織の元締めであるロシアン・マフィアに酷い暴行を受け、重傷を追わせられる。

    クロエ・グレース・モレッツは5歳の頃から芸能活動を行っていた女優。2010年には『キック・アス』でヒット・ガール役で一気に知名度を上げた。また、同年公開の『モールス』では猟奇殺人を行う少女アビーを演じ、エンパイア賞最優秀新人賞、MTVムービー・アワードブレイクアウト・スター賞などを受賞。現在は若手No.1実力派女優として活躍している。

    『イコライザー2』の追加キャスト一覧

    デイヴ・ヨーク(演:ペドロ・パスカル)

    ペドロ・パスカル

    デイヴ・ヨークはCIA時代のマッコールの相棒である人物。彼は今でもCIAで働いており、スーザンを手にかけた犯人の調査に乗り出します。

    ペドロ・パスカルはTVドラマを中心に活躍している俳優。中でも『ゲーム・オブ・スローンズ』のオベリン・マーテル役や『ナルコス』でのハビエル・ペーニャ役で知られています。映画出演作には『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2017)や『ワンダーウーマン 1984』(2020)などの人気作にも出演しています。

    マイルズ・ウィテカー(演:アシュトン・サンダース)

    アシュトン・サンダース

    マイルズ・ウィテカーはマッコールと同じアパートで暮らす黒人青年。彼は美術学校の学生であり、マッコールの行動に興味を持っている。そして、マイルズは学校に通わないで悪い奴らとつるんでおり、マッコリーに諭され、学校に行くことの大切さやマッコールの考えを理解していく。

    アシュトン・サンダースは『ムーンライト』(2016)で主人公シャロンの少年時代を演じたことで注目された人物。彼は2017年にMTVムービー・アワードベスト・キス賞を受賞している。

    イコライザー3(仮題)は世界が舞台!

    映画『イコライザー3(仮題)』のBlu-ray&DVDがリリースされ、そこに収録される特典映像より主演のデンゼル・ワシントンらキャストが、アントワーン・フークワ監督の手腕について語るインタビュー映像でシリーズ3作目となる続編への期待と構想を明かしています。主演デンゼルがフークワ監督の手腕について、「アントワーンとの仕事では成功が続いている。彼はこういう映画の演出がうまい。信頼関係もあるし相性がいいんだ」と、本作で4度目となるタッグについてコメント。さらにフックワー監督は「3作目を作るなら舞台は世界だ。更に彼(マッコール)が活躍しても人間としての核は変わらない」と、3作目となる続編製作を示唆する発言も飛び出しました。

    ですが、『イコライザー3(仮題)』は2021年現在、公式からも発表はありません。前作2作はそれらの間に4年もの月日が経過していますので、早くても2022年のリリースとなるでしょう。最新情報が入り次第、本記事を更新していきます。

    リブート版『イコライザー』の企画が始動!

    出典:https://www.cinemacafe.net/

    女性主人公としたTVドラマシリーズ『イコライザー(原題:The Equalizer)』としてリブート企画が始動していることを米Deadlineなど複数のメディアが報じています。リブート版『イコライザー』の主人公は『シカゴ』(2002)や『ヘアスプレー』(2007)に出演した女優のクイーン・ラティファが勤めることを発表しています。そして、製作総指揮に「キャッスル 〜ミステリー作家は事件がお好き」(2009~2016)のアンドリュー・マーロウ&テリ・ミラー。プロデューサーに「ザ・シークレット・ハンター」脚本家のリチャード・リンドハイムなどが携わります。

    元々はTVシリーズ『ザ・シークレット・ハンター』(1985~1989)という4年続いた人気シリーズが原作で、アクション映画の脚本に定評があるリチャード・ウェンクのオリジナル作品となっています。これはCBSに『イコライザー』が戻ったことを示しており、新しい『イコライザー』が見れるでしょう。

    TVドラマシリーズ『イコライザー(原題:The Equalizer)』は2021年2月7日、CBS局にて放送開始予定です。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる