『ゴッドファーザー』シリーズはこの順番で観よう|全3作品をおさらい!

映画『ゴッドファーザー』シリーズはこの順番で観よう|全3作品をおさらい!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

『ゴッドファーザー』シリーズをおさらいしたいなぁ…。

こんな疑問を解決します。

『ゴッドファーザー』情報
  • マリオ・プーゾのベストセラー小説が原作
  • アカデミー賞3部門、ゴールデングローブ賞、グラミー賞などを受賞
  • アメリカ国立フィルム登録簿に永久保存された名作!

権力という孤独 愛という哀しみ 男という生き方.

本記事は『ゴッドファーザー』シリーズの振り返りをしていきます。

お得なキャンペーン中

映画館をお得に利用しよう

目次

『ゴッドファーザー』シリーズをおさらい!

映画『ゴッドファーザー』シリーズをおさらい!
公開年タイトル
1972ゴッドファーザー
1974ゴッドファーザー PARTⅡ
1990ゴッドファーザー PARTⅢ
2020ゴッドファーザー<最終章>
マイケル・コルレオーネの最期
『ゴッドファーザー』公開年

不朽の名作『ゴッドファーザー』三部作。

1作目が爆発的なヒットとなり、『ジョーズ』(1975)が公開されるまでハリウッドの興行収入記録を打ち立てた映画として有名です。

そして1作目に引き続き、第2作目もアカデミー賞受賞という快挙を成し遂げた唯一の作品としても有名であり、「あなたの好きな映画は?」と聞かれたら『ゴッドファーザー』と答える方も多い作品!

本作の舞台は1945年の第二次世界大戦後のアメリカ。シチリア移民としてアメリカにやってきたヴィトー・コルレオーネ(マーロン・ブランド)と跡継ぎのマイケル・コルレオーネ(アル・パチーノ)の家族ドラマを描きます。家族との関わりやビジネス戦略など、正に「人生の教科書」のような映画になります。

しかしマフィアの物語となると渋すぎるイメージがありますが、マフィアの世界のバイオレンスな部分に加え、人生の哲学と家族愛が描かれた人間ドラマ作品です。

「まだ観ていない…」という方は『ゴッドファーザー』の世界観のスゴさを体験していないとなるとかなり勿体ない!

映画1本3時間という長編映画になりますが、クセになる面白さがるので「オススメの観る順番」を紹介していきます。

『ゴッドファーザー』シリーズは公開順がオススメ!

『ゴッドファーザー』の公開順
  1. ッドファーザー(1972)
  2. ゴッドファーザー PARTⅡ(1975)
  3. ゴッドファーザー PARTⅢ(1991)
  4. ゴッドファーザー<最終章>:マイケル・コルレオーネの最期(2020)

『ゴッドファーザー』は公開順と時系列が異なります。

ここだけの話、時系列順の視聴がオススメなのですが、2作目『ゴッドファーザー PARTⅡ』が前作の「過去編」と「後日譚」の両方が混在している作品ということで、時系列順の観賞は実質不可能なんです。そのため、初見さんは公開順に観るのがオススメです!

また、『ゴッドファーザー PARTⅢ』と『ゴッドファーザー<最終章>:マイケル・コルレオーネの最期』は内容としては同じものになっています。最新版は『ゴッドファーザー PARTⅢ』の再編集版であり、フランシス・フォード・コッポラ監督が望んだ本当の完結編に仕上がっています。そのため、オススメの視聴順は『ゴッドファーザー PARTⅢ』を除いた順がオススメです!

『ゴッドファーザー』シリーズの時系列もチェック!

『ゴッドファーザー』シリーズの時系列
  1. ゴッドファーザー PARTⅡ(ヴィトーの物語)
  2. ゴッドファーザー
  3. ゴッドファーザー PARTⅡ(マイケルの物語)
  4. ゴッドファーザー<最終章>:マイケル・コルレオーネの最期(2020)

(※③と④は同一の作品です.)

『ゴッドファーザー』シリーズは上記のような時系列になっています。

ネタバレになってしまうので詳細は省きますが、とにかく映画史に残る重厚な人間ドラマが描かれた作品です。

まずは公開順に観賞してから時系列順に追っていくのがオススメです!

結論
『ゴッドファーザー』シリーズの順番は?

  • 公開順←(初見さんはこれ一択!)
  • 時系列順

では、『ゴッドファーザー』シリーズをオススメの順番で紹介していきます。

ゴッドファーザー(1972)

あらすじ

1947年。
マフィアのドン、ビト・コルレオーネの屋敷内で末娘コニーの結婚式が行われた。コルレオーネ家の一族、「ファミリー」と呼ばれるマフィア組織の面々ら総勢数百人が会す壮大な挙式だった。邸内の、ブラインドが下された書斎で、タキシード姿の右胸に血のような真っ赤な薔薇をさしたビトが、訪ねてきた友人の嘆願に耳を傾けていた。自分をすがってくる者には愛と権力、知力で十分に報いた。それがドン、〈ゴッドファーザー(名付親)〉としての義務、尊厳であった。
対立するブルーノ・タッタリアの息のかかった麻薬の売人ソロッツォが取引の話を持ちかけてきた。ビトは丁重に断ったが、長男ソニーが興味を示した。ソロッツォは、ビトが必ず邪魔してくると考え、彼の暗殺を企てる。
ある日、二男フレドを伴ってオリーブオイル会社から出てきたビトが襲撃された。全身に何発も銃弾を浴びた。崩れ落ちるようにして倒れた。ソロッツォ一味の仕業だった。病院に担ぎ込まれ、幸い一命は取りとめた。ビトへの襲撃はコルレオーネ・ファミリーに対する宣戦布告を意味をしていた。ソロッツォの背後に控えるタッタリア・ファミリーと、ニューヨークを縄張りとするマフィア組織が不気味な動きを見せ始める。
第2次大戦から復員した三男マイケルは、父親の暗殺未遂に強い憤りと怒りを憶え、すぐに病院へ駆けつけた。そこで偶然にも、ソロッツォ一味による二度目の襲撃に遭遇。間一髪、父親を救うのだった。やがて、マイケルは恋人ケイの願いを振り切り、マフィア社会に身を投じていくのだった……。

出典:Paramount Pictures

予告動画

映画『ゴッドファーザー』シリーズはこの順番で観よう|全3作品をおさらい!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SHAREしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる