細田守監督作品一覧|スタジオ地図が贈る長編アニメーション映画を紹介!

    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    細田守監督の映画作品の中でどれが好きですか?

    細田守監督は1991年から東映アニメーションに在籍し、さまざまなタイトルを手がけ、多くのファンを魅了しました。

    それからフリーでの活動を経て『時をかける少女』でロングランヒットを記録し、次回作『サマーウォーズ』も高い評価を得て、国内外で”新時代の監督”として知られるようになります。

    そして2011年、自身のアニメーション映画制作会社「スタジオ地図」を齋藤優一郎プロデューサーと共に設立し、『おおかみこどもの雨と雪』、『バケモノの子』、『未来のミライ』、そして2021年7月16日に公開された『竜とそばかすの姫』など、オリジナル長編映画が生み出されました。

    本記事では、細田守監督が手がけた長編映画作品をメインに最新作『竜とそばかすの姫』まで紹介していきます。

    細田守監督作品を楽しみましょう!

    U-NEXT
    「31日間無料トライアル」をはじめよう!
    • 210,000本以上が見放題
    • 114誌以上の雑誌が読み放題
    • 600円分のポイントプレゼント
    31日間無料トライアル開催中!
    登録は3ステップで簡単。
    いつでも解約できます。
    目次

    細田守監督とは?

    本名細田守
    生年月日1967年9月19日(53歳)
    出生地富山県新川郡上子町
    職業アニメーション監督

    細田守監督は、中学生時に『銀河鉄道999』や『ルパン三世 カリオストロの城』に衝撃を受け、アニメーションの世界に惹かれていった。
    そして当時、テレビ番組『YOU』で同年代の学生がアニメを作ったと知り、約1分のアニメーションを制作。
    それから、金沢美術工芸大学で映画サークルに所属し、実写映画を50本以上制作。大学卒業後、東映動画(のちの東映アニメーション)のアニメーターとして就職し、『劇場版デジモンアドベンチャー』や『劇場版デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』を手がけ、業界内外で注目を浴びる。
    その後、2005年に東映アニメーションを退社し、フリーの活動中、アニメ制作会社「マッドハウス」で『時をかける少女』、『サマーウォーズ』を制作し、”新時代の監督”として注目を集めた。
    そして、自身のアニメーション映画制作会社『スタジオ地図』を設立し、数々の話題作を世に送り出している。

    「スタジオ地図」が目指すもの

    「スタジオ地図」は、今まで原作のない完全オリジナルの作品を生み出してきました。
    「映画の新しい可能性にチャレンジしていく」という思いが込められている「スタジオ地図」は、”主体性を持った子どもや若者たちが、自らの未来を選択し未来を切り開いていける。それをアニメーションの力を通じて全世界の子供達と家族に次のチャレンジへとつなげていく。
    つまり、子供達や社会に向けたメッセージをアニメーションという形で伝えていきたいという気持ちがあるのです。
    これを新しい地図を1つ1つ描き、未来に向けたチャレンジをしていくという想いが込められています。

    ちなみに、細田守監督は『時をかける少女』公開以降、3年ごとに新作を発表しており、2021年夏『竜とそばかすの姫』から3年後…。つまり2024年に新作が発表されるでしょう。

    画像の出典:https://studiochizu.jp/より。

    細田守監督が手がけた作品一覧

    映画『竜とそばかすの姫』(C)2021 スタジオ地図
    2005年ONE PIECE THE MOVIE
    オマツリ男爵と秘密の島
    2006年時をかける少女
    2009年サマーウォーズ
    2012年おおかみこどもの雨と雪
    2015年バケモノの子
    2018年未来のミライ
    2021年竜とそばかすの姫

    まとめると、長編アニメーション映画が7本、短編アニメーション映画が4本。

    あわせて11本が細田守監督の手によって生み出されました。

    その中でも、スタジオ地図が制作したものは2012年に公開された『おおかみこどもの雨と雪』からの作品で、2005年に公開の細田守長編アニメーション映画初監督作品『ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』は「東映」、『時をかける少女』と『サマーウォーズ』は「マッドハウス」が制作しました。

    ですが、『時をかける少女』と『サマーウォーズ』は社会一般から「スタジオ地図」の作品として認知されており、「スタジオ地図」公式も『スタジオ地図』作品の1つとして扱っています。

    そこで本記事では、『スタジオ地図』作品を紹介した後、残りの作品を紹介していきます。ぜひ、参考にしてください。

    時をかける少女(2006)

    時をかける少女
    時をかける少女
    The Girl Who Leapt Through Time
    公開 2006年7月15日
    上映時間 98分
    興行収入 2.6億円

    あらすじ・声優・スタッフ

    2週間無料体験開催中
    初回登録で『時をかける少女』を無料視聴!

    サマーウォーズ(2009)

    サマーウォーズ
    サマーウォーズ
    SUMMER WARS
    公開 2009年8月1日
    上映時間 115分
    興行収入 16.5億円

    あらすじ・声優・スタッフ

    2週間無料体験開催中
    初回登録で『サマーウォーズ』を無料視聴!

    おおかみこどもの雨と雪(2012)

    おおかみこどもの雨と雪
    おおかみこどもの雨と雪
    Wolf Children
    公開 2012年7月21日
    上映時間 117分
    興行収入 42.2億円

    あらすじ・声優・スタッフ

    2週間無料体験開催中
    おおかみこどもの雨と雪
    初回登録で『おおかみこどもの雨と雪』を無料視聴!

    バケモノの子(2015)

    バケモノの子
    バケモノの子
    The Boy and The Beast
    公開 2015年7月11日
    上映時間 119分
    興行収入 58.5億円

    あらすじ・声優・スタッフ

    2週間無料体験開催中
    バケモノの子
    初回登録で『バケモノの子』を無料視聴!

    未来のミライ(2018)

    未来のミライ
    未来のミライ
    Mirai
    公開 2018年7月20日
    上映時間 98分
    興行収入 28.8億円

    あらすじ・声優・スタッフ

    2週間無料体験開催中
    未来のミライ
    初回登録で『未来のミライ』を無料視聴!

    竜とそばかすの姫(2021)

    竜とそばかすの姫
    竜とそばかすの姫
    Belle
    公開 2021年7月16日
    上映時間 121分
    興行収入 50億円

    あらすじ・声優・スタッフ

    大ヒット上映中!

    ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島(2005)

    ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島
    ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島
    公開 2005年3月5日
    上映時間 91分
    興行収入 12億円

    あらすじ・声優・スタッフ

    31日間無料トライアル開催中
    初回登録でONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』を無料視聴!

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる