映画『イップ・マン』シリーズはこの順番で観よう|全5作品をおさらい!

    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    映画『イップ・マン』シリーズを知りたいなぁ…。

    こんな疑問を解決します。

    『イップ・マン』シリーズ
    • 実在した武術家イップ・マン(葉問)を主人公としたカンフー・アクション映画
    • 香港映画過去12年の最高傑作クンフー(功夫)映画
    • 第28回香港電影金像将の最優秀作品賞受賞

    ブルース・リーにとっての唯一の師匠として知られる中国武術“詠春拳”の達人、イップ・マン(葉問)を描く.

    今回は映画『イップ・マン』シリーズを紹介していきます。

    U-NEXT
    「31日間無料トライアル」をはじめよう!
    • 210,000本以上が見放題
    • 114誌以上の雑誌が読み放題
    • 600円分のポイントプレゼント
    31日間無料トライアル開催中!
    登録は3ステップで簡単。
    いつでも解約できます。
    目次

    映画『イップ・マン』シリーズはこの順番で観よう!

    映画『イップ・マン』シリーズはこの順番で観よう!
    公開日タイトル
    2008イップ・マン 序章
    2010イップ・マン 葉問
    2015イップ・マン 継承
    2018イップ・マン外伝 マスターZ
    2019イップ・マン 完結
    『イップ・マン』シリーズ一覧

    映画『イップ・マン』シリーズは公開順=時系列となっていますが、4作目である『イップ・マン 外伝 マスターZ』(2018) のみスピンオフ作品となっています。結論を言えば、スピンオフ作品を除いた次の順番で観れば問題ありません。

    映画『イップ・マン』シリーズはこの順番がオススメ!

    『イップ・マン』シリーズはこの順番がオススメ!

    メインシリーズ

    1. イップ・マン 序章(2008)
    2. イップ・マン 葉問(2010)
    3. イップ・マン 継承(2015)
    4. イップ・マン 完結(2019)

    スピンオフ作品

    1. イップ・マン外伝 マスターZ(2018)

    TVドラマ作品

    1. イップ・マン(2013)

    オリジナル作品

    1. イップ・マン 誕生(2010)
    2. イップ・マン 最終章(2013)

    オリジナル作品②

    1. グランド・マスター(2013)

    2008年の『イップ・マン 序章』のヒット以来、数多くの『イップ・マン』作品が作られました。メインシリーズはドニー・ツェン主演の映画であり、全4作品にして完結しています。

    次にスピンオフ作品は、イップ・マン(葉問)のライバル:チョン・ティンチ(張天志)のその後のストーリーが描かれます。3作目『イップ・マン 継承』の後の話になるため、まずはメインシリーズを観てしまうのがオススメです。

    そして、先ほど紹介しなかった⑤~⑨の作品はオリジナルストーリーとなっており、製作会社も俳優も違うということで全く繋がりのない別映画となります。

    そのため、先ずはメインシリーズを観るのがオススメです!

    そもそも『イップ・マン』シリーズとは?

    イップマンとは?
    出典:Far East Film Festival

    映画『イップ・マン』シリーズは中国と香港の合作映画。ウィルソン・イップ監督、主演はドニー・イェンによる2008年から始まった人気シリーズです。功夫(クンフー)映画の金字塔として知られる本シリーズですが、圧倒的なアクションシーンに加え、人格者であるイップ・マンの人間性も描かれます。本作の主演を演じるドニー・イェンは香港でのインタビューで「シルベスター・スタローンには『ロッキー』がある。私には『葉問/イップ・マン』がある」と答えるほど、誰しもが認める傑作となっているのです。

    主人公となったイップ・マン(葉問)

    葉問
    出典:Wing Tsun Pisa

    イップ・マン(葉問)は実在した香港の中国武術家。彼は詠春拳葉問派宗師。彼は1893年に広東省に生まれ、わずか7歳で詠春拳の陳華順の弟子となります。その後、日中戦争が原因でで香港へ亡命し、生活のために詠春拳の道場を開きました。しかし参加者には脱落者が多く、最終的には二人だけが残る結果に…。そこから自身が学生時代に培った現代科学の考えに基づき教授方法を採用。やがてて葉問派詠春拳は香港で一大門派へと発展していきました。

    そして1953年、13歳のブルース・リーが入門し、5年間を修行に費やしました。争いを好まぬ性格で、拳法はケンカの道具ではないと常々語っていたとされ、1972年に79歳で亡くなっています。

    イップ・マン 序章(2008)

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    SHAREしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる