『IT/イット』シリーズをおさらい|全3作品の観る順番を徹底解説!

    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    映画『IT/イット』シリーズを知りたいなぁ…。

    こんな疑問を解決します。

    『IT/イット』シリーズ
    • ペニーワイズに翻弄される人々を描いたホラー映画
    • リメイク版が公開され、全世界で社会現象化した作品
    • スティーヴン・キングのホラー小説『IT-イット-』が原作

    子供が消える町に”それ”は現れる.

    本記事では映画『IT/イット』シリーズを紹介していきます。

    U-NEXT
    「31日間無料トライアル」をはじめよう!
    • 210,000本以上が見放題
    • 114誌以上の雑誌が読み放題
    • 600円分のポイントプレゼント
    31日間無料トライアル開催中!
    登録は3ステップで簡単。
    いつでも解約できます。
    目次

    映画『IT/イット』シリーズをおさらい!

    映画『IT/イット』シリーズをおさらい
    公開年タイトル
    1990IT/イット
    2017IT/イット
    ”それ”が見えたら、終わり。
    2019IT/イット THE END
    ”それ”が見えたら、終わり。

    そもそも『IT/イット』とは?

    そもそも『IT/イット』とは?
    (C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

    映画『IT/イット』シリーズはホラー小説の金字塔スティーヴン・キングによる小説『IT/イット』を原作に、1990年にミニドラマシリーズとして映画化されました。同作はアメリカ犯罪史上、最も有名なピエロの殺人鬼ジョン・ゲイシーが着想の一つとなっております。

    ちなみに小説版『IT/イット』は文春文庫から4巻が出版されており、原作者スティーヴン・キング自身が「ペニーワイズと関わることはもう耐えられない。私でも怖い」とコメントしており、彼自身が生み出した作品であるにも関わらず、怖すぎて続編も書きたくない…というものなのです。

    ペニーワイズとは何か?

    ペニーワイズ
    (C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

    『IT/イット』シリーズに登場するクリーチャー、ペニーワイズ。彼はロバート・グレイと名乗っており、デリーの街を覆い尽くす用水路を住処とし、街のあらゆる場所に現れ、レザーズ・クラブの子供達を震え上がらせます。大人にはその姿を見せることはなく、痕跡も認識もできないといったもので、ペニー・ワイズが起こした数多くの事件は不幸な事故や災害として処理されています。しかし、ペニーワイズが原因でデリーの街の治安や人心が荒廃していき、ペニーワイズというクリーチャーに適した環境に変化させてしまったのです。

    そもそも『IT/イット』とは何者なのか?

    『IT/イット』は様々な姿に化けることができる存在であり、行方不明となった人間や死亡している人間に化ける場合やゴリラのような怪物、ゾンビ、悪魔などに化けることがあります。どんな姿にも変えられる存在…それが『IT/イット』であり、ペニーワイズは『IT/イット』の基本スタイルなのです。

    なぜ、このような周りくどい手を使わなければいけないのか?

    これはペニーワイズが人間の恐怖心を糧とするクリーチャーであり、子供の感じる恐怖は大人の恐怖と違って純粋なものであり、ペニーワイズは”純粋な恐怖”を求め、子供たちにターゲットを絞っています。そして『IT/イット』(1990)で彼が自分の本性を明かした台詞が存在します。

    I’m every nightmare you’ve ever had.
    (俺はお前の毎夜の悪夢.)
    I’m your worst dream come true.
    (最悪の夢が現実になったもの.)
    I’m everything you ever were afraid of.
    (そしてお前が恐れるもの全てだ.)

    映画『IT/イット』(1990)の台詞より引用

    ペニーワイズのモデル:ジョン・ゲイシー

    John Wayne Gacy
    出典:L’Occhio

    アメリカの実在する連続殺人鬼ジョン・ゲイシーはペニーワイズのモデルとなった人物だと言われています。極悪な殺人事件を繰り返してきた彼だが、表の顔は社会的に成功を収めたビジネスマンであり、平時には子供を楽しませるためにピエロの仮装をすることもありました。ですが、その裏では33人もの少年を殺害しており、”キラー・クラウン(殺人道化、殺人ピエロ)”の異名を付けられています。

    そんなジョン・ゲイシーは幼少期から父親のジョン・スタンリー・ゲイシーから虐待を受けており、ゲイシーに対して「クズ」「間抜け」「オカマ」「お前はホモになるのさ」と常に責め立てられ、肉体と精神の両面を傷つけられていました。

    これがゲイシーの殺人を犯してしまった理由と考えられており、外部からの強いストレスはいずれ精神を圧迫しパンクしてしまう。そこで自分自身を守るために外へ解放する必要があり、彼の場合のストレス発散方法が青少年への性的虐待と殺人だったのです。

    映画『IT/イット』シリーズのオススメの順番は?

    『IT/イット』シリーズのオススメ順

    リメイク版

    1. IT/イット ”それ”が見えたら、終わり。(2017)
    2. IT/イット THE END ”それ”が見えたら、終わり。(2019)

    ミニシリーズ

    1. IT/イット(1990)

    『IT/イット』シリーズはリメイク版からの視聴がオススメです。リメイク版は「子供時代」と「大人時代」の2つのパートで分けられており、ストーリーもつながっています。

    一方、ミニシリーズ『IT/イット』(1990)は長編作品であり、リメイク版で2パートに分けたものを映画1本にまとめられています。

    リメイク版であれば、ミニシリーズを観ていなくてもストーリーを理解できるだけでなく、映像も新しいので観やすく仕上がっています。

    リメイク版が気に入った!

    リメイク版では満足できなかった…。

    そんな方はリメイク版を観た後にミニシリーズを観賞しましょう!

    IT/イット ”それ”が見えたら、終わり。(2017)

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    SHAREしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる