『ジョニー・イングリッシュ』シリーズ一覧|あらすじ・キャスト・スタッフ紹介!

©︎2003 Universal Studios. All Rights Reserved.
URLをコピーする
URLをコピーしました!

映画『ジョニー・イングリッシュ』シリーズは本国イギリスをはじめ、世界各国で初登場No.1ヒットを記録した人気シリーズです。本作の主演は『Mr.ビーン』で知られるイギリスを代表するコメディアン、ローワン・アトキンソンが演じます。

『007』シリーズなどのスパイアクション作品を下地にお約束のディティール&パロディを盛り込んだ抱腹絶倒のスパイ・アクション・コメディとなっています。それでは、ローワン・アトキンソン主演『ジョニー・イングリッシュ』シリーズを紹介していきます。

お得なキャンペーン中

映画館をお得に利用しよう

目次

ジョニー・イングリッシュ(2003)

©︎2003 Universal Studios. All Rights Reserved.

あらすじ・キャスト・スタッフ・予告動画

ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬(2011)

© 2011 Universal City Studios LLLP. All Rights Reserved.

あらすじ・キャスト・スタッフ・予告動画

ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲(2018)

©︎2018 Universal Studios. All Rights Reserved.

あらすじ・キャスト・スタッフ・予告動画

ローワン・アトキンソン主演作品もチェック!

本名ローワン・セバスチャン・アトキンソン
英名Rowan Atkinson
生年月日1955年1月6日(66歳)
出生地イギリス/ダーラム州
職業俳優/コメディアン

ローワン・アトキンソンは、イギリスを代表するコメディアン。世界各国で人気を博したコメディ作品『Mr.ビーン』シリーズが特に有名で、ほとんど声を発さず、アトキンソンの身体表現だけで笑わせるスタイルは言語の壁を超えた支持を得ています。ちなみに『Mr.ビーン』シリーズが復活する可能性が出てきているらしいですよ…。

出典:https://www.imdb.com/name/nm0000100/

ビーン(1997)

(C)1997 Universal Studios. All Rights Reserved.
あらすじ

イギリス国立美術館の幹部たちは「美術館史上最悪の監視員」ビーン(ローワン・アトキンソン)を、アメリカ絵画の傑作「画家の母親」の披露スピーチを依頼してきたカリフォルニアの美術館に、その道の権威と誤魔化して派遣する。さっそく空港で大騒動を起こしたビーンは、キュレーターのデイヴィッド(ピーター・マクニコル)の家に泊まることになったが、妻や子どもたちは家を出ていってしまう。それだけにとどまらず、なんと「画家の母親」を破損させる。さすがのビーンもこれには反省し、「画家の母親」のポスターを細工して展示する。披露の当日、細工はばれず、しかもビーンのスピーチが意外にも人々の心を打った。そこへデイヴィッドの娘が交通事故にあったとの知らせが…。偶然にもビーンは娘の意識を回復させてしまう。帰国したビーンの部屋には「画家の母親」が飾られていた。

出典:MOVIE WALKER PRESS

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SHAREしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる