『ジュマンジ』シリーズをおさらい|全4作品の観る順番を紹介!

    (C) 2017 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    映画『ジュマンジ』(1995)は1981年に発売された同名絵本を原作としたアドベンチャー・ファンタジー作品。20年以上たった今での色あせない名作映画であり、老肉男女問わず楽しめる作品として愛され続けてきました。

    そんな本作はゲームの出来事が現実にも影響してしまうという夢いっぱいのストーリー。

    ”この世界の外へ出たい人のゲーム”ということで夢のような体験が待ち受けています。

    そんな気になる『ジュマンジ』シリーズについて、これから観ようという方向けにオススメの視聴順番やお得に観る方法を紹介します。前半は『ジュマンジ』とはどんな作品なのか。そして後半にオススメの視聴順番やあらすじなどを紹介していきます。

    U-NEXT
    「31日間無料トライアル」をはじめよう!
    • 210,000本以上が見放題
    • 114誌以上の雑誌が読み放題
    • 600円分のポイントプレゼント
    31日間無料トライアル開催中!
    登録は3ステップで簡単。
    いつでも解約できます。
    目次

    映画『ジュマンジ』シリーズ全4作品

    映画『ジュマンジ』シリーズ全4作品
    公開年タイトル
    1995ジュマンジ
    2005ザスーラ
    2017ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル
    2019ジュマンジ/ネクスト・レベル

    そもそも初代『ジュマンジ』ってどんな話?

    (C) 2017 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

    『ジュマンジ』はアメリカのクリス・ヴァン・オールズバークによって書かれた子供向けの絵本。彼は彫りのある印象的な人物やオブジェクトを描き、一種独特の世界を作り上げることで知られています。中でも『ジュマンジ』と『急行「北極号」』でコールデコット賞を受賞しており、映画化やアニメ化、そしてビデオゲームにまでなっており、2019年にはPlayStation 4やVbox One、Nintendo Switchなどで『Jumanji: The Video Game』がリリースされるなど、永久の名作として多くのファンに愛され続けているシリーズです。

    そんな『ジュマンジ』の映画化にあたっては設定や登場人物などがアレンジされており、父と息子の絆がストーリーの主軸になっています。「ジュマンジ」から飛び出す様々な現象や動物はCGやアニマトロニクス、ミニチュアを駆使して製作され、当時最先端技術の3DCGをふんだんに使うなど、第1作目は歴史に残る名作となりました。

    そんな気になる『ジュマンジ』(1995)の大まかなストーリーは、「ボードゲームに描かれたことが現実に起こる」という作品です。システムはスゴロクと同じなのですが、各ロールがゲームのジャングルを周囲の生活にも影響をもたらすという設定で、マス毎にイベントマスが設定されています。説明書には「ゲームを始めてしまうと、誰かがゴールして『ジュマンジ』と唱えるまで、奇想天外な現象が止まらない」と書かれており、プレイヤーのアラン、サラ、ジュディ、ピーターの4人はゴールをするまでゲームを続けることになってしまうのです。

    『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』はゲームの世界観を忠実に再現!

    『ジュマンジ/ネクスト・レベル』

    『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』からは前作『ジュマンジ』のボードゲームだった中身が変化し、現代風に1つのゲームカセットとして生まれ変わります。ゲームの中に入ってしまった彼らにはゲームではお馴染みのライフが与えられており、この与えられた3つのライフが0になってしまうとゲームの中で完全に死亡してしまい、2度と現実に戻れなくなってしまうというデスゲームをプレイすることになってしまうのです。

    この『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』の世界は危険なジャングルをサバイバルし、現実世界へ戻るためにゲームクリアを目指すというもの。ジャングルならではの危険な生物が襲いかかり、現実世界には影響を及ばないもののプレイヤーへの負担はかなり多くなりました。

    ちょっと豆知識

    プロデューサーであるマット・トルマックは「主人公たちが本当にジャングルの中に入り込んだと観客に信じてもらいたかった」と語っており、ロケ地にハワイのオアフ島が選ばれました。オアフ島には『ジュマンジ』にふさわしい景観が何マイルも広がっており、ジャングルという環境で絶景が生かされた撮影が行われました。また、アカデミー賞のノミネート経験のある視覚効果スーパーバイザーのジェローム・チェンがこだわったフォトリアルな動物達も見どころ。象やサイは通常サイズの1.5倍、ジャガー達は2倍、そして現実よりも獰猛にした生物達が登場します。

    『ジュマンジ』に登場するキャラクター|スキル&弱点

    スモルダー・ブレイブストーン博士
    ドウェイン・ジョンソン
    • スキル:勇気、登ること、スピード、ブーメラン、キメ顔
    • 弱点:ナシ

    スモルダー・ブレイブストーン博士は恐れを知らない冒険家で弱点なしというチートキャラ。現実世界ではゲームオタクの高校生スペンサー・ギルピン(3作目)とスペンサーのおじいちゃんであるエディおじいちゃん(4作目)がプレイヤーとなりました。

    シェリー・オベロン教授
    シェリー・オベロン教授
    • スキル:地図製作、考古学、古生物学、幾何学
    • 弱点:持久力、暑さ、太陽、砂

    シェリー・オベロン教授は太り過ぎの中年男性。地図専門家でゲーム攻略には欠かせない存在です。現実世界ではセルフィー大好きの自惚れ美人べサニー・ウォッカー(3作目)と3作目でフランクリン・”ムース”・フィンバーをプレイしたアンソニー・”フリッジ”・ジョンソンがプレイヤーとなります。

    動物学者ムース・フィンバー
    ムース・フィンバー
    • スキル:動物学、武器運び、言語能力
    • 弱点:ケーキ、スピード、強さ

    フランクリン・”ムース”・フィンバーは武器運び運搬係の動物学者。巨大なリュックを背負いブレイブストーン博士の助手を務めます。現実世界では勉強が苦手なアメフト部のスーパースターであるアンソニー・”フリッジ”・ジョンソン(3作目)とエディおじちゃんの友人であるマイロ・ウォーカー(4作目)がプレイヤーとなります。

    美人戦士ルビー・ラウンドハウス
    美人戦士ルビー・ラウンドハウス
    • スキル:空手、太極拳、合気道、ダンス武術、ヌンチャク
    • 弱点:毒

    ルビー・ラウンドハウスはタフでセクシーな美女戦士。そのセクシーさから「男殺し」の異名を持ち、ありとあらゆる必殺技を繰り出し、アタッカーとして活躍します。現実世界では地味で真面目なガリ勉少女マーサ・カブリ(3,4作目)がプレイヤーとなります。

    ジェファーソン・”シープレン”・マクドノー
    ジェファーソン・”シープレン”・マクドノー
    • スキル:飛行機操縦、マルガリータ
    • 弱点:蚊

    ジェファーソン・”シープレン”・マクドノーはイケメンで凄腕のパイロット。彼は20年前からゲームに入っているベテランプレイヤーで「ジュマンジ」内で長く生きてきた経験を持ちます。現実世界ではアレックス・ヴリークがプレイヤーとなります。

    ウマ
    馬
    • スキル:飛行
    • 弱点:不明

    ウマはシープレーンが乗ってきた見た目は普通の馬。スキルでペガサスのように空を飛ぶことができ仲間を助けます。現実世界では女子高生べサニー・ウォーカーがプレイヤーとなります。

    ミン・フリートフット
    フリートフット
    • スキル:金庫やぶり、忍び込み、スリ
    • 弱点:花粉

    ミン・フリートフットはコソ泥で盗みが得意な女性。彼女は盗賊スキルを持ち、全身真っ黒な衣装に身を包んでいるのですが、見た目は”忍者”そっくり。現実世界では3作目でブレイブストーン博士をプレイしたスペンサーがプレイヤーとなります。

    映画『ジュマンジ』シリーズのオススメの順番はこちら!

    (C) 2017 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.
    『ジュマンジ』シリーズはこの順番がオススメ!

    メインシリーズ

    1. ジュマンジ(1995)
    2. ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017)
    3. ジュマンジ/ネクスト・レベル(2019)

    精神的続編作品

    1. ザスーラ(2005)

    映画『ジュマンジ』シリーズのオススメの順番は上記の通りとなっており、メインシリーズと精神的続編作品に分けられます。まず、メインシリーズは時系列順となっており、下記の通りとなっています。

    そして、精神的続編とされている『ザ・スーラ』(2005)はクリス・ヴァン・オールズバーグが描いた絵本を原作とした作品です。『ジュマンジ』の宇宙版と言われる作品ですが、精神的続編ではあるものの直接的なつながりは一切なく、絵本の『JUMANJI』の最後に出てくる2人の少年がメインに描かれています。かなりややこしいですが、『ジュマンジ』シリーズとは別作品という扱いで観てもらえればいいかと思います。

    結論:時系列順で観るのが最も『ジュマンジ』の世界を楽しめる方法であり、「メインシリーズ→精神的続編作品」といった視聴順番をオススメしています。


    ですが、「全4作も観てられない…」という方もいると思います。

    そういった方は最新作『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』→『ジュマンジ/ネクスト・レベル』の2作のみの視聴がオススメです。時系列的には前作から20年後の世界を描いた作品ですが、『ジュマンジ』(1995)を観ていなくても楽しめるようになっています。なので、時間がない方はに作品のみの視聴がオススメです。

    そして、今ならU-NEXTという動画配信サービスで『ジュマンジ』シリーズを無料視聴できますのでオススメしています。

    U-NEXTを使った無料視聴がオススメ!

    1. ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017)

    ※2022年1月2日23:59まで配信中。

    1. ジュマンジ/ネクスト・レベル(2019)

    ※2021年12月31日23:59まで配信中。

    上記のタイトルをクリックすることで最新作『ジュマンジ』シリーズを無料視聴できます。30日間無料お試し期間がついてきますので、お早めにご活用ください。

    ジュマンジ(1995)

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    SHAREしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる