映画『キングダム』のあらすじ・キャスト・登場人物一覧|気になる豪華キャスト陣を紹介!

    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    映画『キングダム』の登場人物・キャストについて知りたいなぁ…。

    こんな疑問を解決します。

    『キングダム』情報
    • 2019年に公開されたアクション映画
    • 『週刊ヤングジャンプ』連載中の同名漫画を実写化!
    • 原作コミック4,000万部を突破!

    今回は映画『キングダム』のあらすじ・キャスト情報について触れていきます。

    U-NEXT
    「31日間無料トライアル」をはじめよう!
    • 210,000本以上が見放題
    • 114誌以上の雑誌が読み放題
    • 600円分のポイントプレゼント
    31日間無料トライアル開催中!
    登録は3ステップで簡単。
    いつでも解約できます。
    目次

    『キングダム』のあらすじ

    キングダム

    KINGDOM
    (キングダム)
    リリース日:2019年4月19日
    再生時間:134分

    紀元前245年、春秋戦国時代の中華西方の国「秦」。戦災孤児の少年・信と漂は奴隷の身分からいつの日か‘‘天下の大将軍”になることを目標に掲げて日々、剣術の鍛錬に励んでいた。
    ある時、2人の前に王都の大臣・昌文君が現れ、急に漂は王宮へ入ることに。それぞれ別の道を歩むことになった信と漂。違う場所にいても夢を共に叶えようと約束していた2人だったが、王宮では王の弟・成蟜がクーデター起こし、その混乱の中で漂は命を落としてしまう。
    やがて、信は王座を奪われた若き王・嬴政の身代わりに漂が死んでしまったことを知り、嬴政に対して激しく怒りを覚える。しかし、漂の遺志を引き継ぎ嬴政に協力し、行動を共にすることを決意した。

    映画『キングダム』のキャスト・登場人物

    (俳優:山崎賢人)

    信の役を演じるのは大人気俳優の山崎賢人。映画『キングダム』の役作りのために体重を10㎏減量して出演した。主な出演作品の中には『ヒロイン失格』『orenge』等の話題作に出演しており、日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞した経験がある。

    信は奴隷という低い身分から自らの腕で‘‘天下の大将軍”になるという強い意志をもつ少年。子供らしさがありつつ怖いもの知らずで、相手が格上だろうがどんな時も突き進んでいく。そして嬴政と共に王座奪還を目指す。

    (俳優:吉沢亮)

    漂を演じるのはドラマや映画で大活躍中の吉沢亮。彼はテレビドラマ『ぶっせん』で初主演に抜擢される。その後、映画『銀魂』の沖田総悟役で一躍有名になり、他にも『一度死んでみた。』や『カノジョは噓を愛しすぎてる』『トモダチゲーム』等に出演している俳優である。

    漂は信の幼馴染でライバルであり親友の存在。信と共に大将軍になることを夢見ていたが嬴政と瓜二つな容姿により応急で働くことになる。しかし、成蟜(嬴政の異母弟)の反乱により嬴政に間違われて瀕死の傷を負わされ、信にやっとの思いで会いに行くが信の腕の中で力尽きてしまう。

    嬴政(えいせい)

    (俳優:吉沢亮)

    嬴政を演じるのは漂と同じく吉沢亮。瓜二つの顔として1人2役を演じた。顔はそっくりでも性格や立場が違う2人を表情や立ち振る舞いを完璧に演じ分けた。吉沢亮さん曰く、特に目つきを意識したそう。

    嬴政は秦国の若き王であり成蟜の兄。漂と瓜二つの顔をしており、弟が反乱を起こした際に漂の身代わりのおかげで生き延びた。身体能力が高く、どんな時も冷静で部下を信頼している。そんなポーカーファイスの裏には‘‘中華統一”という無謀な夢を掲げている。

    河了貂(かりょうてん)

    (女優:橋本環奈)

    橋本環奈は元々アイドルで「奇跡の1枚」と言われ可愛すぎると注目を集めた逸材。そこから橋本環奈は‘‘1,000年に1人の逸材”としてアイドルから女優になった。『セーラー服と機関銃‐卒業‐』で女優としての初主演の映画を務め、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した。それから『ハルチカ』『十二人の死にたい子供たち』『午後0時、キスしに来てよ』など多くの作品に出演している。

    河了貂とは信と嬴政が王都に向かっている道中に出会う山民族の末裔。鳥の頭を模した蓑をかぶっており、元々はお金目当てで信と嬴政と共に行動していたが、徐々に懐いて仲間となる。性別は不明。

    楊端和(ようたんわ)

    (女優:長澤まさみ)

    長澤まさみは第5回東宝「シンデレラ」オーディションに応募し、史上最年少の12歳でグランプリを獲得。そこから芸能界入りし、『クロスファイア』で映画デビューを果たした。2003年には初主演『ロボコン』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。最近の代表主演作は『コンフィデンスマンJP』。演技力が高く、可愛いと人気な長澤まさみは他にも『プロポーズ大作戦』『モテキ』『銀魂』『マスカレードホテル』など様々な役を演じている超実力派女優。

    楊端和は容姿端麗の女性だが他の山民族から‘‘山界の死王”と恐れられているほどの人物。頭の回転も速く凛としていて山の王たる威厳がある。しかし、世界を広げたいと考えていた楊端和は嬴政の「中華統一」という目標に協力することを決意する。

    成蟜(せいきょう)

    (俳優:本郷奏多)

    本郷奏多は元々キッズモデルとして活動をしており、2002年の映画『リターナー』において俳優デビューをし、14歳の頃に『HIKOKIO』で初主演を果たした。ドラマ『あいくるしい』では主要人物である南雲愁役を演じ、クールな演技で話題に。その後、『GANTS』『Diner』などに出演している。

    成蟜は嬴政の異母弟。生まれてから次期王位継承者として周囲に持ち上げられすぎたせいか王族ということに絶対性を感じている。そのため、平民を蔑んでおり、母が平民でありながら王位継承者の立場を奪った嬴政を強く憎悪している。それにより反乱を起こし、漂を死へと追いやった原因の張本人でもある。

    王騎

    (俳優:大沢たかお)

    大沢たかおは元々モデルとして活躍していたが、俳優に転向しドラマ『君という夏』で注目を集め、ドラマ『星の金貨』でブレイクする。2005年の『解夏』で第28回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞した日本屈指のベテラン俳優であり、今作『キングダム』の役作りのために体重を15㎏も増やすというストイックな肉体改造をした。

    『秦の怪鳥』という異名をもつ天下の大将軍・王騎。独特の話し方をしており、王宮の権力争いには興味を示さず、味方か敵かわからない不思議な人物。

    (俳優:要潤)

    2001年『仮面ライダーアギト』の氷川誠役でデビューし注目を集める。2002年の昼ドラ『新・愛の嵐」で人気を博す。その後はドラマ、映画、CMなど多方面で活躍をしており、『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う』『スマホを落としただけなのに』『龍馬伝』等に出演している。

    騰は王騎の副官としてそばに仕えているもの。ポーカーファイスでミステリアスな雰囲気を放っている。漫画では「ファルファル」という独特な効果音が鳴る剣術を使って戦っていく。

    (俳優:満島真之介)

    満島真之介は2010年に上映された舞台『おそるべき親たち』にて俳優デビュー。その3年後の2013年の『風俗言ったら人生変わったwww』にて映画初主演を務める。2016年にはアニメ『僕だけがいない世界』では声優に挑戦し、最近ではNHKドラマ『いだてん』に出演していた。

    壁は嬴政の家臣である昌文君の副官。とても真面目な性格をしていて優秀な人物。何かと信を気遣ってくれているところから壁の優しさが読み取れる。

    昌文君

    (俳優:高嶋政宏)

    高嶋政宏は1987年に俳優デビュー作品の映画『トットチャンネル』と映画『BU・SU』の演技でキネマ旬報ベスト・テン新人賞やブルーリボン賞新人賞、アカデミー賞新人俳優賞など多くの賞を受賞し、一躍有名となった。最近では『マスカレード・ホテル』や『映像研には手を出すな!』等の人気映画に出演しているベテラン俳優。

    昌文君は秦国の文官で嬴政に一番信頼されており、何事にも忠実で部下からも信頼を得ている優秀な存在。将軍として古くからよき友の王騎からもその腕を認められている。

    バジオウ

    (俳優:阿部進之介)

    阿部進之介は2003年に『仮面ライダー555』で俳優デビューし、2004年で『超新星グランセイザー』にて人気になり知名度を得る。2019年には『デイアンドナイト』にて初主演だけでなく企画と原案も担当した。同年に『名もなき復讐者 ZEGEN』で初めてテレビドラマの主演を務めた。

    バジオウは山の民の王‘‘楊端和”が最も信頼している山の民族NO.2の実力者。バジ族の生き残りで楊端和に出会い彼女の一族に加わった。刀は二刀流でその実力は本物。

    左慈

    (俳優:坂口拓)

    坂口拓はアクション俳優として活動することが多く、『VERSUS』で主演デビュー。その後は『あずみ』『パッチギ』など数多くの作品に出演している。2013年に俳優業を引退したが2014年にTAK∴として復帰し、現在はアクション監督・アクションコーディネーターとして活動している。

    左慈は成蟜側についている凄腕の剣豪。実写化では元将軍として登場する。荒い性格をしていて嬴政を追跡する指揮を執っており、信達の村を焼き払った人物である。

    朱凶

    (俳優:深水元基)

    深水元基は学生時代からファッションモデルとして活動。2000年に俳優に転向し、2001年『ショコキ!』で映画デビューを果たす。『HAZARD ハザード』に出演し、園子温監督作の常連となった『気球クラブ、その後』では主演を務め、話題作『海猿』シリーズでは活躍を見せた。


    朱凶は暗殺一族の名前です。嬴政の影武者だった漂に致命傷を負わせた張本人。嬴政を亡き者にするため信を追い詰めるが返り討ちにされた。

    里典

    (俳優:六平直政)

    六平直政は特徴的な強面を生かし、ヤクザ系・刑事役・三枚目など様々な役柄をこなす個性派俳優として活躍。『ごくせん』『テセウスの船』『JIN-仁-』などに出演している。


    里典は村の長を務める人物。孤児院となった信と漂を引き取って奴隷として働かせていた。信と漂には厳しいが、位が上の者には頭が上がらず媚びる様子が見られる。

    タジフ

    (俳優:一ノ瀬ワタル)

    一ノ瀬ワタルは2009年に『クローズZERO Ⅱ』に出演し、その際に俳優業に興味を持つ。その後、エキストラとして出演した際にスカウトされ役者を目指し俳優となった。『弱虫ペダル』『アンナチュラル』『HiGH&LOW THE MOVIE』など多くの作品に出演している。


    タジフは山民族の巨漢戦士。バジオウと同じく山の民族でNO.2の立ち位置におり、巨大な体で棍棒を使う戦闘スタイル。基本的に山の民の言葉しか喋れない。

    魏興(ぎこう)

    (俳優:宇梶剛志)

    宇梶剛士は元々暴走族であったがチャップリンの伝記をきっかけに俳優を志すようになる。1980年後半に多数のドラマに脇役で出演するようになり、徐々に知名度が上昇。それ以降多くのドラマや映画で活躍するようになった。有名な出演作品の中には、『踊る大捜査線』『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』『半沢直樹』『本能寺ホテル』などがある。


    魏興は成蟜の軍を率いている武官。成蟜に忠実で嬴政を倒そうとしている人物の1人。

    ムタ

    (俳優:橋本じゅん)

    橋本じゅんは1992年にNHK連続テレビ小説『ひらり』に出演し知名度を上げる。劇団☆新感線に参加していたが参加10年を機に休団し、海外に住み込みでケースワーカーとして働く。日本に帰国後は様々な舞台に出演しており、現在では舞台だけではなく『図書館戦争』『SUNNY 強い気持ち・強い愛』『シン・ゴジラ』などの映画作品にも出演している。


    ムタは山の民の地域に入った際に現れる刺客。毒の吹き矢の使い手で、信との戦いにより斬られるが信に毒矢を当て気絶させた人物。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる