『メイズ・ランナー』シリーズをおさらい|ストーリーを振り返る!

    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    映画『メイズ・ランナー』シリーズを知りたいなぁ…。

    こんな疑問を解決します。

    『メイズ・ランナー』情報
    • アメリカの小説家ジェームズ・ダシュナーの大人気小説が原作。
    • ジャンルはSFスリラー小説
    • 記憶を失った主人公とその仲間たちが
      謎の巨大迷路に送り込まれる…

    全世界59ヵ国No.1ヒットのSFサバイバルアクション!
    生き残りたければ「迷路(メイズ)」から脱出しろ!

    今回は大人気SFスリラー映画『メイズ・ランナー』シリーズをおさらいしていきます。

    U-NEXT
    「31日間無料トライアル」をはじめよう!
    • 210,000本以上が見放題
    • 114誌以上の雑誌が読み放題
    • 600円分のポイントプレゼント
    31日間無料トライアル開催中!
    登録は3ステップで簡単。
    いつでも解約できます。
    目次

    『メイズ・ランナー』とは?

    「メイズ・ランナー」シリーズはアメリカの小説家ジェームズ・ダシュナーのSFスリラー小説が原作。本作は2009年に発売したヤングアダルト向けSFスリラー小説(日本でいうラノベ)。

    小説版は3部作構成となっているが、その前日譚である13年前の物語『The Kill Order』、その続編『The Fever Code』が刊行されている。本作はアメリカで160万部以上の売り上げを記録。その後、全世界55ヵ国以上で出版されたベストセラー小説である。映画シリーズでは主要作品の全3作品で公開された。

    知っておきたい『メイズ・ランナー』専門用語

    Glade(グレード)

    迷路に囲まれた居住区域のこと。四方を巨大な壁で覆われており、第1ステージの舞台となる場所。

    Glader(グレーダー)

    グレードに住む住人ことを指す。彼らは迷路に囲まれた居住区域に住む場所を作り出した。

    Green been(グリーン・ビーン)

    グレードにある集落に月に一度の配給と一緒に送られてくる若者のことを指している。彼らは記憶を失っており名前だけを思い出すことができる。

    WINKED(ウィケッド)

    World In Catastrophe: Killzone Experiment Department(破滅の世界キルゾーン実験省)の略。映画ではWCKDと省略されて言われている。

    Kipper(キーパー)

    グレードにおいて役割ごとの監督・リーダーを意味する。

    Gathering(ギャザリング)

    グレードにおけるリーダーたちの集会。

    Griever(グリーバー)

    メイズに棲む魔物。感染症を引き起こすウイルスを持っており、人間を見つけ次第襲いかかってくる。サソリのような尻尾と蜘蛛のような見た目をしている。

    メイズ

    グレードを囲んでいる巨大な迷路。迷路は定期的に動いており、その形が同じにならない仕組みとなっている。

    Runner(ランナー)

    メイズの中を走り回り脱出の糸口を見つける役目を持つ人。

    Klunk(クランク)

    太陽フレアによって感染を引き起こしたものたちの末路。異臭はないようだが、音や光を認識し襲いかかってくる。

    『メイズ・ランナー』シリーズのあらすじ

    『メイズ・ランナー』

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    SHAREしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる