『猿の惑星』シリーズはこの順番で観よう|全9作品を公開順に紹介!

    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    映画『猿の惑星』シリーズはピエール・ブールによる同名小説を原作としたメディア・フランチャイズ。映画版はSF映画の金字塔と言われ、多くの映画ファンに長く愛され続けるシリーズとなっています。今尚人気が衰えない本シリーズですが、ルパート・ワイアット監督やマット・リーヴス監督の手によって世界観がより濃厚になり21世紀に蘇りました。

    現在まで『猿の惑星』シリーズは最新作を含めると9作品まで公開されており、続編となる最新作の新監督として『メイズ・ランナー』シリーズのウェス・ボールによって新しい『猿の惑星』が描かれます。

    本記事では映画『猿の惑星』シリーズの時系列やあらすじまで解説していきます。

    U-NEXT
    「31日間無料トライアル」をはじめよう!
    • 210,000本以上が見放題
    • 114誌以上の雑誌が読み放題
    • 600円分のポイントプレゼント
    31日間無料トライアル開催中!
    登録は3ステップで簡単。
    いつでも解約できます。
    目次

    『猿の惑星』シリーズ全9作品一覧

    映画『猿の惑星』シリーズはこの順番で観よう!
    公開年タイトル
    1968猿の惑星
    1970続・猿の惑星
    1971新・猿の惑星
    1972猿の惑星・征服
    1973最後の猿の惑星
    2001PLANET OF THE APES/猿の惑星
    2011猿の惑星:創世記(ジェネシス)
    2014猿の惑星:新世紀(ライジング)
    2017猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

    映画『猿の惑星』シリーズはフランスの作家ピエール・ブールによって執筆された作品です。この『猿の惑星』はジョナサン・スウィフトの『ガリヴァー旅行記』の影響を強く受けており、人間の本質やテクノロジーへの批判を描いた作品となっています。作者のピエール自身、そんなに人気が出るとは思っていなかった作品で、いざ蓋を開けてみればまさかの大ヒットとなり、今でも『猿の惑星』シリーズは愛され続けています。ですが、作家のピエール・プールはSF小説に分類されることを拒絶し、「ソーシャル・ファンタジー」と分類しました。

    そんな『猿の惑星』シリーズですが、どんな作品かと言うのをおさらいしておくと次のような感じです。

    ここからは映画『猿の惑星』をシリーズ別に紹介していきます。

    そんな映画版『猿の惑星』シリーズは全9作品が公開されており、「オリジナルシリーズ」と「ティム・バートンのオリジナルシリーズ」、「リブートシリーズ」に分けられます。ここからは映画『猿の惑星』をシリーズ別に紹介していき、オススメの順番を紹介していきます。

    オリジナルシリーズ

    オリジナルシリーズ
    オリジナルシリーズ一覧
    1. 猿の惑星(1968)
    2. 続・猿の惑星(1970)
    3. 新・猿の惑星(1971)
    4. 猿の惑星・征服(1972)
    5. 最後の猿の惑星(1973)

    オリジナル版『猿の惑星』シリーズは上記の5つとなっております。人間の愚かさへの痛烈な風刺が含まれた作品となっており、半世紀前の映画ということで映像はかなり古いものとなっています。ちょっと取っ掛かりづらいことに間違い無いのですが、昭和世代の方は間違いなく楽しめるシリーズとなっております。

    また、オリジナル版『猿の惑星』シリーズは最新作『猿の惑星:聖戦記』からストーリーが繋がっておりますので、リブート版『猿の惑星』シリーズが気に入った方は騙されたと思って観てみることをオススメしています。

    ティム・バートンのオリジナル作品

    ティム・バートンのオリジナル作品
    ティム・バートンのオリジナル作品
    1. PLANET OF THE APES/猿の惑星(2001)

    ティム・バートンのオリジナル作品である『PLANET OF THE APES/猿の惑星』はオリジナル版『猿の惑星』のリ・イマジネーションを望んでいたティム・バートン監督とウィリアム・プロイルス・ジュニアが脚本家に起用され映画化されたシリーズです。

    リ・イマジネーションは基本的には設定だけを残し、新たな作品を生み出すものであり、オリジナルから離れた作品がリ・イマジネーションと言われています。

    『PLANET OF THE APES/猿の惑星』の場合は猿が人間を支配しているという設定を残し、人間が支配される設定以外はオリジナルとなっている作品になっています。

    リブート版『猿の惑星』シリーズ

    リブート版『猿の惑星』シリーズ
    リブート版『猿の惑星』シリーズ
    1. 猿の惑星:創世記(ジェネシス)(2011)
    2. 猿の惑星:新世紀(ライジング)(2014)
    3. 猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017)

    リブート版『猿の惑星』シリーズはオリジナル版の前日譚として製作された作品になります。これは2005年にプロデューサーで脚本家のリック・ジャッファとアマンダ・シルヴァー夫妻が企画した「遺伝子研究に触発され、強化・進化したチンパンジーと人間の過程を描く」というもので『猿の惑星』の起源と言われています。

    リブート版はサーキスの演技とVEX技術が高い評価を得ており、アカデミー賞などの複数の賞に輝いています。

    映画『猿の惑星』シリーズはこの順番で観よう!

    『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
    『猿の惑星』はこの順番がオススメ!

    リブート版

    1. 猿の惑星:創世記(ジェネシス)(2011)
    2. 猿の惑星:新世紀(ライジング)(2014)
    3. 猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017)

    オリジナルシリーズ

    1. 猿の惑星(1968)
    2. 続・猿の惑星(1970)
    3. 新・猿の惑星(1971)
    4. 猿の惑星・征服(1972)
    5. 最後の猿の惑星(1973)

    ティム・バートンのオリジナル作品

    1. PLANET OF THE APES/猿の惑星(2001)

    映画『猿の惑星』のオススメの順番は上記の通りとなっており、リブート版を観てからオリジナルシリーズを観るのがベストです。リブート版に関しては、オリジナルシリーズの前日譚となっており、時系列順に観ることが可能です。そして、映像美の観点から観てもリブート版の方が優っており、観やすいのはリブート版ということになります。

    リブート版『猿の惑星』が面白かった!

    そんな方はちょっと観るのに億劫なオリジナルシリーズを観ましょう。きっと『猿の惑星』シリーズがお気に入り作品になること間違いなしです!

    また、ティム・バートン監督のオリジナル作品『PLANET OF THE APES/猿の惑星』については完結型ストーリーなのでいつ観ても問題ありません。ティム・バートン監督の作品が好きな方はお見逃しなく!

    そして、今ならHuluという動画配信サービスで『猿の惑星』シリーズを無料視聴できますので個人的にオススメしております。

    上記のタイトルをクリックすることで『猿の惑星』シリーズを無料視聴できます。20日間無料お試し期間がついてきますので、お早めにご活用ください。

    猿の惑星:創世記(ライジング)(2011)

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    SHAREしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる