『ランボー』シリーズはこの順番で観よう|全5作品を公開順に紹介!

映画『ランボー』シリーズはこの順番で観よう|全5作品を公開順に紹介!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

映画『ランボー』シリーズを知りたいなぁ…。

こんな疑問を解決します。

『ランボー』シリーズ
  • 1982年から始まったアクションシリーズ
  • ディヴィッド・マレルの処女出版小説『一人だけの軍隊』の映画化作品
  • シルヴェスター・スタローンの代表作

混迷の時代、
“世界最強の1人軍隊《ワンマン・アーミー》”が帰ってくる….

本記事では映画『ランボー』シリーズをおさらいしていきます。

お得なキャンペーン中

映画館をお得に利用しよう

目次

映画『ランボー』シリーズはこの順番で観よう!

映画『ランボー』シリーズはこの順番で観よう!
公開日タイトル
1982ランボー
1985ランボー/怒りの脱出
1988ランボー3/怒りのアフガン
2008ランボー/最後の戦場
2019ランボー ラスト・ブラッド
映画『ランボー』シリーズ一覧

映画『ランボー』シリーズは『ロッキー』シリーズと並ぶシルヴェスター・スタローンの代表作。ベトナム戦争から帰還し、社会から孤立したジョン・ランボーを中心に描かれたアクションシリーズです。

結論を先に言うと、映画『ランボー』シリーズは公開順=時系列順になっているので公開順に観れば間違いありません。2020年時点で5作品が公開されており、トータル383分と1日で観終わる計算になります。公開順に観ないと混乱してしまう可能性が高いため、公開順に『ランボー』シリーズは観ましょう!

小説『一人だけの軍隊』が原作の『ランボー』シリーズ

映画『ランボー』シリーズはデヴィッド・マレルの小説『一人だけの小説』が原作であり、戦地で苛烈な経験で精神を病んだベトナム帰還兵ランボーがワシントン州のとある田舎町で迫害を受け、自らの身を守るために戦うという「ベトナム戦争によって負ったアメリカの傷」が描かれます。

ランボーは決して好戦的なキャラクターではなく、それどころか戦いというものから距離をおきたいのが本音。とにかく放っておいて欲しいと願っているのです。

本作の映画の根底にあるのはアメリカにおけるベトナム帰還兵の非難とそのやり場のなさへの風刺…この戦いで政治的勝利を得られなかったことから国に戻って来た帰還兵の風当たりは強く、PTSD(心的外傷後ストレス障害)を患った帰還兵も多かったと言われています。ランボーもその1人であり、本作はランボーの挫折を描いているのです。

ですが、圧倒的アクションシーンが見どころのシリーズなのは確かですが、1作目『ランボー』は人間ドラマ作品。そして2作目からアクション・エンターテインメント色が強めとなっています。

ランボー(1982)

映画『ランボー』シリーズはこの順番で観よう|全5作品を公開順に紹介!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SHAREしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる