『ランボー』シリーズはこの順番で観よう|全5作品を公開順に紹介!

映画『ランボー』シリーズはこの順番で観よう|全5作品を公開順に紹介!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

映画『ランボー』シリーズを知りたいなぁ…。

こんな疑問を解決します。

『ランボー』シリーズ
  • 1982年から始まったアクションシリーズ
  • ディヴィッド・マレルの処女出版小説『一人だけの軍隊』の映画化作品
  • シルヴェスター・スタローンの代表作

混迷の時代、
“世界最強の1人軍隊《ワンマン・アーミー》”が帰ってくる….

本記事では映画『ランボー』シリーズをおさらいしていきます。

目次

映画『ランボー』シリーズはこの順番で観よう!

映画『ランボー』シリーズはこの順番で観よう!
公開日タイトル
1982ランボー
1985ランボー:ファーストブラッド パートII (怒りの脱出)
1988ランボー3/怒りのアフガン
2008ランボー/最後の戦場
2019ランボー ラスト・ブラッド
映画『ランボー』シリーズ一覧

映画『ランボー』シリーズは『ロッキー』シリーズと並ぶシルヴェスター・スタローンの代表作。ベトナム戦争から帰還し、社会から孤立したジョン・ランボーを中心に描かれたアクションシリーズです。

結論を先に言うと、映画『ランボー』シリーズは公開順=時系列順になっているので公開順に観れば間違いありません。

2020年時点で5作品が公開されており、トータル383分と1日で観終わる計算になります。公開順に観ないと混乱してしまう可能性が高いため、公開順に『ランボー』シリーズは観ましょう!

小説『一人だけの軍隊』が原作の『ランボー』シリーズ

映画『ランボー』シリーズはデヴィッド・マレルの小説『一人だけの小説』が原作であり、戦地で苛烈な経験で精神を病んだベトナム帰還兵ランボーがワシントン州のとある田舎町で迫害を受け、自らの身を守るために戦うという「ベトナム戦争によって負ったアメリカの傷」が描かれます。

ランボーは決して好戦的なキャラクターではなく、それどころか戦いというものから距離をおきたいのが本音。とにかく放っておいて欲しいと願っているのです。

本作の映画の根底にあるのはアメリカにおけるベトナム帰還兵の非難とそのやり場のなさへの風刺…この戦いで政治的勝利を得られなかったことから国に戻って来た帰還兵の風当たりは強く、PTSD(心的外傷後ストレス障害)を患った帰還兵も多かったと言われています。ランボーもその1人であり、本作はランボーの挫折を描いているのです。

圧倒的アクションシーンが見どころのシリーズなのは確かですが、1作目『ランボー』は人間ドラマ作品。そして2作目からアクション・エンターテインメント色が強めとなっています。

ランボー(1982)

あらすじ

ランボー(シルヴェスター・スタローン)はベトナム時代の戦友を訪ねたが、戦争の後遺症で既に死んでおり、やむなく近くの街に立ち寄った。だがその街の警察署長ティーズル(ブライアン・ドネイ)は若い警官たちと共にランボーをからかい、虐待した。ところが、何をされても無抵抗だったランボーが突然反抗し始めたのは、髭を剃られようとした時だった。ランボーの忍耐は限界に達し、凄まじい殴り合いが始まった。あっという間に警官を叩きのめし、オートバイを奪って逃走した。追跡するパトカー。かつて朝鮮戦争の英雄であったティーズルにとってグリーン・ベレー上がりの若僧にコケにされるのはたまらない屈辱だった。追撃戦はハイウェイから山中へと移され、ランボーが断崖絶壁に立ったところをヘリコプターから狙撃する。ランボーはこぶし大の石で狙撃手を絶命させ武器を手に入れた。近代兵器と物量を投入して追跡をあきらめないティーズルたちを、夜の闇を利用して1人、また1人と倒していくランボー。このニュースは一夜にしてアメリカ全土に広がり、山麓は報道陣で膨れ上がった。一方警察も1000人を動員し、山狩りを開始した。そこに、トラウトマン(リチャード・クレナ)という男が現れ、ランボーの意外な過去を告げた。トラウトマンはグリーン・ベレー時代のランボーの上司で、彼はランボーにどんな状況になっても生き残る特殊な訓練をほどこしているので警官を何人集めても勝ち目はないという。その頃ランボーは古い廃坑を偶然見つけ、奥深く掘られているトンネルを通って包囲網を脱出。通りかかった軍用トラックを襲い、橋に設けられた検問所を強行突破し、ティーズルへの報復を果たすべく街へ乗り込んだ。ティーズルもランボーとの対決はさけられないものと警察署に陣どり戦いの準備にとりかかった。間もなくランボーは疾風のように街に戻り、ガソリン・スタンドや銃砲店を火の海にした。警察署に近づいたランボーは、その屋上にティーズルが隠れているのを知り、マシン・ガンの掃射で周囲の灯りという灯りをすべて消してしまい、真っ暗闇になった署内にとびこんだ。屋上と1階で激しい銃撃戦が展開されティーズルは凄まじい音と共に床にたたきつけられた。束の間の静寂が訪れ、どこからともなくトラウトマンが姿を現わし、ランボーに降伏するよう説く。ランボーは大粒の涙を流しながら、ベトナムから帰国して以来、いかに国や他人から冷たくあしらわれたかを告白し、トラウトマンの説得に応じるのだった。

出典:MOVIE WALKER PRESS

予告動画

映画『ランボー』シリーズはこの順番で観よう|全5作品を公開順に紹介!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SHAREしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる