>>0円で映画を観るチャンス!<<こちらをチェック!

映画『REC/レック』シリーズ一覧|全4作品のあらすじ・キャスト・スタッフを紹介!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

『REC/レック』シリーズは、スペインで大ヒットを記録した伝説的スパニッシュホラー映画。

手持ちのカメラによるPOV(ポイント・オブ・ビュー)方式を採用したことで、自分が恐怖現場にいるかのような疑似体験ができます。

さらに『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』や『クローバー・フィールド/HAKAISHA』といったフェイクドキュメンタリー形式とゾンビ映画を融合したことで、世に溢れるゾンビ映画の中でズバ抜けて怖い作品に仕上がっています。

本記事では、今まで体験したことない恐怖体験を味わえる『REC/レック』シリーズをまとめて紹介していきます。

目次

REC/レック(2007)

REC/レック
[•REC] 
2007年11月23日
85分

REC/レック2(2009)

REC/レック2
[•REC]² 
2009年10月2日
85分

REC/レック3 ジェネシス(2012)

REC/レック3 ジェネシス
[•REC]³ : Génesis
2012年3月28日
80分

REC/レック4 ワールドエンド(2014)

REC/レック4 ワールドエンド
[•REC]⁴ : Apocalipsis
2014年9月9日
95分

『REC/レック』シリーズの主要キャスト・登場人物

アンヘラ(マヌエラ・ベラスコ)

アンヘラ|プロフィール

アンヘラは1作目『REC/レック』、2作目『REC/レック2』、4作目『REC/レック4 ワールドエンド』で登場するキャラクター。彼女はスペインの「眠らぬ街」というローカルTVリポーターで、取材中にアパートに閉じ込められ、事件に巻き込まれていく。

マヌエラ・ベラスコ|プロフィール
名前マヌエラ・ベラスコ
英名Manuela Velasco
生年月日1975年10月23日(45歳)
出生地スペイン・マドリード

マヌエラ・ベラスコはスペインで活躍する女優。彼女は12歳という若さで『欲望の法則』でデビュー。その中でも本作で主演をしたことで最も知られており、オーディションの結果、実際に人気番組のリポーターを務めているマヌエラがアンヘラ役に抜擢された。また、彼女は1作目『REC/レック』でスペインのアカデミー賞とも言われるゴヤ賞の新人女優賞とシッチェス・カタロニア国際絵映画祭で最優秀女優賞を受賞した。

オーウェン博士(ジョナサン・メヨール)

オーウェン博士|プロフィール

オーウェン博士は2作目『REC/レック2』に登場するキャラクター。彼は謎の伝染病の調査のために保健省の職員で護衛と共にアパートの中に入ることになる。だが、中に入ったところでガスマスクを外すなど、謎の伝染病についてなぜか詳しい。オーウェンとは何者なのか?

ジョナサン・メヨール|プロフィール
名前ジョナサン・メヨール
英名Jonathan D. Mellor
生年月日1968年(53歳)
出生地イングランド・リバプール

ジョナサン・メヨールは俳優で演出家。彼はスペインとスペインとアメリカで活躍する俳優であり、短編作品に多く出演している。その中には第27回ゴヤ賞で短編映画賞にノミネートされたマーティン・ロゼット監督の『Voice Over』に出演。2013年にはロマンチック・ドラマ映画『The Wine of Summer』に出演したことでも知られている。また、本作では謎多きオーウェン博士を演じたことでも有名である。

クララ(レティシア・ドレラ)

クララ|プロフィール

クララは3作目に登場するキャラクター。彼女は結婚式を挙げ、披露宴中に謎の伝染病に巻き込まれる。彼女は新婦に妊娠したことを告白しており、その子を守るため、生き残るために強い女性へ変貌する。

レティシア・ドレラ|プロフィール
名前レティシア・ドレラ
英名Leticia Dolera
生年月日1981年10月23日(39歳)
出生地スペイン・バルセロナ

レティシア・ドレラはスペインで活躍する女優。彼女は1997年の『Alsalir de clase』に出演したことで人気を博した。そこから彼女は『El otro lado de la cama』などの作品に出演し、映画のキャリアを歩み始めた。そして2005年の『Man Push Cart』に出演し、インディペンデント・スピリット賞で3つのノミネートを果たした。さらに本作『REC/レック3』は最初の21分間だけPOV方式でそこからは、ただのゾンビ映画ということで評価としてはIMDbの評価で星5/10というものだった。だが、彼女のパフォーマンスは批評家から賞賛を受けており、花嫁姿の強い女性を演じた。また、彼女はTVドラマ『Mad Dogs』でカルメンの役を演じたことで最も知られている。

グスマン(パコ・マンサネド)

グスマン|プロフィール

グスマンは4作目に登場するキャラクター。彼は軍人で、2作目にアンへラをマンションから救助した人物だった。彼は知人であるルーカス伍長と共に貨物船におり、貨物船内で感染に巻き込まれていく。

パコ・マンサネド|プロフィール
名前エミリー・ブラント
英名Emily Blunt
生年月日1983年2月23日(38歳)
出生地イングランド・ロンドン

エミリー・ブラントは、法廷弁護士の父と元女優で現演劇講師の母を持つイギリスの俳優。彼女は10歳で言葉が円滑に話せない吃音症に悩まされ、12歳の頃には話すことを諦めてしまった。だが、12歳の時の学校の先生の「違った声で何か演じてみて」の一言で吃音症を克服し、「もっと違う声で役を演じてみたい」と思うようになり女優の道を歩み始めた。その後、順調にキャリアを積んだエミリー・ブラントは、2006年公開の『プラダを着た悪魔』でハリウッド進出し、ゴールデングローブ賞助演女優賞、英国アカデミー賞助演女優賞にノミネートされ注目を集めた。その後、『ヴィクトリア女王 世紀の愛』、『LOOPER/ルーパー』、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』、『メリー・ポピンズ リターンズ』などに出演している。

ハリウッド版『REC:レック』シリーズもチェック!

REC:レック/ザ・クアランティン(2008)

REC:レック/ザ・クアランティン
Quarantine
2008年10月10日
89分

REC:レック/ザ・クアランティン2 ターミナルの悲劇(2011)

REC:レック/ザ・クアランティン2 ターミナルの悲劇
Quarantine 2: Terminal
2011年6月17日
86分

画像の引用元:IMDb公式サイトより引用)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる