『ロッキー』シリーズはこの順番で観よう|全8作品をおさらい!

『ロッキー』シリーズはこの順番で観よう|全8作品をおさらい!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

『ロッキー』シリーズについておさらいしたいなぁ…。

こんな疑問を解決します。

『ロッキー』情報
  • 1976年から始まったボクシング映画
  • 第49回アカデミー賞(作品賞・監督賞・編集賞)
    第34回ゴールデングローブ賞(ドラマ作品賞)受賞
  • 主演・脚本:シルヴェスター・スタローン
    監督:ジョン・G・アヴィルドセン

NEVER GIVE UP.

本記事は『ロッキー』シリーズの順番を紹介しながら振り返りをしていきましょう。

目次

『ロッキー』シリーズはこの順番で観よう!

公開年タイトル
1976ロッキー
1979ロッキー2
1982ロッキー3
1985ロッキー4/炎の友情
1990ロッキー5/最後のドラマ
2006ロッキー・ザ・ファイナル
2015クリード チャンプを継ぐ男
2018クリード 炎の宿敵
『ロッキー』シリーズ公開順

ロッキーシリーズはシルヴェスター・スタローンの出世作でボクシング映画の金字塔。

映画史にその名を刻んだ伝説的名作として2020年現在までに6作品とスピンオフ2作品が製作されました。幅広い世代から人気を集めているシリーズですが、「中々手が出ない…」という方も多いですよね。

そこで本記事では『ロッキー』シリーズのオススメの視聴順を紹介していきます。では、サックといきましょう!

『ロッキー』シリーズは公開順に観るのがオススメ!

『ロッキー』シリーズのオススメ順番

メインシリーズ

  1. ロッキー(1976)
  2. ロッキー2(1979)
  3. ロッキー3(1982)
  4. ロッキー4/炎の友情(1985)
  5. ロッキー5/最後のドラマ(1990)
  6. ロッキー・ザ・ファイナル(2006)

スピンオフシリーズ

  1. クリード チャンプを継ぐ男(2015)
  2. クリード 炎の宿敵(2018)

『ロッキー』シリーズはメインシリーズとスピンオフシリーズに分けられます。

まずは無名のボクサー:ロッキー・バルボアが世界チャンピオンと戦うことで奮闘し、己を高めていく姿に感動した当時の観客と同じ体験をするのがオススメです。2作目以降はボクサーとの戦いとエイドリアン達の家族やアポロとの再戦と友情が描かれ、6作目でロッキーはボクサーとして引退を宣言します。

それから9年後、スピンオフ作品として『クリード』シリーズが始まり、アポロの遺児アドニスのトレーナーとしてロッキーが再びボクシングの舞台に登場します。

そのためオススメの順番は次の一択です。

結論
『ロッキー』シリーズの順番は?

  • 公開順に観ていくのがオススメ!

『ロッキー』シリーズは公開順=時系列となっているので安心して視聴できます。

この機会に『ロッキー』シリーズをおさらいしていきましょう!

『ロッキー』(1976)

あらすじ

無敵の黒人ボクサー、アポロが人気取りのため、格下の相手と闘うことを宣言した。チャンピオンに挑戦するチャンスを与えることで、アメリカン・ドリームを体現しようというのだ。アポロのマネージャーたちは、選ばれたロッキーがサウスポーなのを気にかけ相手を変えるように忠告するがアポロは無視。かくして薄汚れた下町の中、ロッキーのトレーニングが始まる……。アカデミー作品、監督、編集賞を受賞しS・スタローンを一躍トップ・スターに押し上げた感動のスポーツ・ドラマ。トレーナー役のB・メレディスも味のある演技を見せる。売れない役者だったスタローンがムハメッド・アリと無名ボクサーの対戦に感動して、三日で脚本を書き上げ、本作で正にロッキーの如くアメリカン・ドリームを体現した話は有名で、シンプルなストーリーだからこそ得られる素直な感動があり、何度も立ち上がるロッキーの姿は、いつ観ても力がこもるパワーに溢れている。B・コンティのテーマ曲だけでも、泣ける。

出典:allcinema

予告動画

『ロッキー』シリーズはこの順番で観よう|全8作品をおさらい!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SHAREしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる