>>今すぐU-NEXTを体験する(今なら映画を無料で見れるチャンス!)<<

『スター・ウォーズ』シリーズはこの順番で見よう|全11作品の公開順・時系列を紹介!

映画『スター・ウォーズ』シリーズはこの順番で見よう|全11作品の公開順・時系列を紹介!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
女の子

映画『スター・ウォーズ』シリーズの順番を知りたいなぁ…。

こんな疑問を解決します。

『スター・ウォーズ』情報
  • 1977年から始まったSF作品
  • 「遠い昔 はるかかなたの銀河系」を舞台にした人気シリーズ
  • 世界歴代第2位の興行収入を記録した大ヒット作

すべての伝説には、始まりがある.

ユートン

本記事は『スター・ウォーズ』シリーズの公開順と時系列を紹介していきます。

目次

『スター・ウォーズ』シリーズはこの順番で見よう!

公開年タイトル時系列
1977スター・ウォーズ
エピソード4/新たなる希望
1980スター・ウォーズ
エピソード5/帝国の逆襲
1983スター・ウォーズ
エピソード6/ジェダイの帰還
1999スター・ウォーズ
エピソード1/ファントム・メナス
2002スター・ウォーズ
エピソード2/クローンの攻撃
2005スター・ウォーズ
エピソード3/シスの復讐
2015スター・ウォーズ
エピソード7/フォースの覚醒
2016ローグ・ワン
スター・ウォーズ・ストーリー
2017スター・ウォーズ
エピソード8/最後のジェダイ
2018ハン・ソロ
スター・ウォーズ・ストーリー
2019スター・ウォーズ
エピソード9/スカイウォーカーの夜明け
『スター・ウォーズ』シリーズの公開順・時系列

エピソードが多い『スター・ウォーズ』シリーズは初見さんだと、どれから観ていいのかわからないですよね。そもそも、シリーズ第1作目がエピソード1でなく、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977)からシリーズが始まるから訳わからんことになってしまうんです。

基本的には公開された年代順に見るか?

それとも物語の時系列にそったエピソード順に見るか?
の2通り。

そして正史(カノン)の公式ストーリーを含めた時系列順に見るか?

それとも『アンソロ・シリーズ』の時系列順に見るか?
のマニア向けの2通りに分けられます。

『スター・ウォーズ』シリーズの公開順

「スター・ウォーズ」シリーズの公開順

旧三部作

  • 『エピソード4/新たなる希望』(1977年)
  • 『エピソード5/帝国の逆襲』(1980年)
  • 『エピソード6/ジェダイの帰還』(1983年)

新三部作

  • 『エピソード1/ファントム・メナス』(1999年)
  • 『エピソード2/クローンの攻撃』(2002年)
  • 『エピソード3/シスの復讐』(2005年)

新章・続三部作

  • 『エピソード7/フォースの覚醒』(2015年)
  • 『エピソード8/最後のジェダイ』(2017年)
  • 『エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』(2019年)

『スター・ウォーズ』シリーズを観たことない方は公開順に観ることをオススメしています。順番は「旧三部作」→「新三部作」→「新章・続三部作」の順です。リアルタイムで観た方と同じ、ワクワク…ドキドキといった高揚感。そして、王道中の王道ということもあって、往年のファンが経験してきたあの感動を追体験できます。

ジョージ・ルーカスは『スター・ウォーズ』シリーズを9部作で考えていたのだが、続編が製作できない可能性があった。そこで一番ウケが良さそうな『エピソード4/新たなる希望』から製作したという説が残っている。また、『エピソード1〜3』は当時の映像技術では制作不可能だったことも理由の1つなのだろう。

『スター・ウォーズ』シリーズの時系列順

「スター・ウォーズ」シリーズの時系列順

新三部作

  • 『エピソード1/ファントム・メナス』(1999年)
  • 『エピソード2/クローンの攻撃』(2002年)
  • 『エピソード3/シスの復讐』(2005年)

旧三部作

  • 『エピソード4/新たなる希望』(1977年)
  • 『エピソード5/帝国の逆襲』(1980年)
  • 『エピソード6/ジェダイの帰還』(1983年)

新章・続三部作

  • 『エピソード7/フォースの覚醒』(2015年)
  • 『エピソード8/最後のジェダイ』(2017年)
  • 『エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』(2019年)

無難に考えると、『スター・ウォーズ』シリーズを時系列順で見るのがベストです。ストーリーに繋がりがあるので、登場人物の関係や伏線なども理解しやすいのが特徴です。ですが「新三部作」を先に見てしまうと、「ネタバレ付きの伏線を楽しめなくなってしまう」という問題があります。時系列順は流れをしっかり理解することに向いていますが、エピソードが逆走するからこそ味わえる面白さが薄れてしまうので、個人的にはオススメしていません。

アンソロジー・シリーズ

スター・ウォーズ アンソロジー・シリーズ
  • 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016年)
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018年)

『スター・ウォーズ アンソロジー・シリーズ』はメインストーリーには属さないスピンオフ作品です。本編には関わりがないため、本編を補充するためのストーリーとなっています。実は『ハン・ソロ』の興行収入が予想を下回るものだったため、人気キャラクターであるオビ=ワン・ケノービやボバ・フェットの単独映画は2018年6月に保留され、ボバ・フェットのスピンオフ映画は制作中止と報じられています。

正史(カノン)の公式ストーリーを含めた時系列順

正史(カノン)の公式ストーリーを含めた時系列順
  1. 『ダース・モール』(32 BBY)
  2. 『エピソード1/ファントム・メナス』(32 BBY)
  3. 『オビ=ワン&アナキン』(29 BBY)
  4. 『エピソード2/クローンの攻撃』(22 BBY)
  5. 『クローン・ウォーズ』(22 BBY ~ 19 BBY)
  6. 『カタリスト』(22 BBY ~ 17 BBY)
  7. 『エピソード3/シスの復讐』(19 BBY)
  8. 『ロード・オブ・シス』(14 BBY)
  9. 『ターキン』(14 BBY)
  10. 『ハン・ソロ』(13 ~ 10 BBY)
  11. 『新たなる夜明け』(11 BBY)
  12. 『ロスト・スターズ』(11 BBY ~ 5 ABY)
  13. 『反乱者たち』(5 BBY ~ 1 BBY)
  14. 『レイア・オーガナ オルデラーンの女王』(3 BBY)
  15. 『ローグ・ワン』(0 BBY)
  16. 『エピソード4/新たなる希望』(0 BBY ~ 0 ABY)
  17. 『スカイウォーカーの衝撃』(0 ABY)
  18. 『ナ・シャッダの決斗』(0 ABY)
  19. 『ダース・ベイダー』(0 ABY)
  20. 『ダース・ベイダー 偽りの忠誠』(0 ABY)
  21. 『ベイダー・ダウン』(0 ABY)
  22. 『サンスポットの騒乱』(0 ABY)
  23. 『ダース・ベイダー シュー=トラン戦役』(0 ABY)
  24. 『おれたちの船って最高だぜ!』(0 ABY)
  25. 『プリンセス・レイア』(0 ABY)
  26. 『ハン・ソロ』(0 ABY)
  27. 『ジェダイの継承者』(0 ABY)
  28. 『エピソード5/帝国の逆襲』(3 ABY)
  29. 『反乱軍の危機を救え! レイア姫の冒険』(3 ABY)
  30. 『エピソード6/ジェダイの帰還』(4 ABY)
  31. 『砕かれた帝国』(4 ABY)
  32. 『アフターマス』(4 ABY)
  33. 『ラスト・ショット』(7 ABY)
  34. 『ブラッドライン』(28 ABY)
  35. 『ポー・ダメロン ブラックスコードロン』(33 ABY)
  36. 『フォースの覚醒前夜〜ポー・レイ・フィン〜』(34 ABY)
  37. 『エピソード7/フォースの覚醒』(34 ABY)
  38. 『キャプテン・ファズマ』(34 ABY)
  39. 『エピソード8/最後のジェダイ』(34 ABY)
  40. 『エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』(35ABY)

正史(カノン)の時系列順は『スター・ウォーズ』作品の正当な歴史として認められるシリーズです。今回は映画・アニメ・小説・コミックの代表作を取り上げましたが、もっと深掘りすると40作品以上もの作品があります。そのため、流石に全作品を観るとなると大変ですよね…。なので、気になるタイトルを摘み食いしていくのがオススメです。

ここからは公開順に『スター・ウォーズ』シリーズを紹介していきます。

『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977)

『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望
(Star Wars)
公開日:1977年5月25日
再生時間:121分
公式サイト:Disney

あらすじ

ルーク・スカイウォーカーの銀河を巡る冒険がはじまるサーガの第4章銀河帝国樹立から19年。砂漠の惑星タトゥイーンでルークは、長年隠れ住んでいたオビ=ワン・ケノービと出会い反乱軍の戦いに加わることを決意する。ダース・ベイダー率いる邪悪な帝国軍に捕らわれたレイア姫を救出するため、オビ=ワンは若きルークをジェダイへ導いていく。

出典:Disney公式

キャスト

役名俳優
ルーク・スカイウォーカーマーク・ハミル
ハン・ソロハリソン・フォード
レイアキャリー・フィッシャー
オビ=ワン・ケノービアレック・ギネス
モフ・ターキンピータ・カッシング
C-3POアンソニー・ダニエルズ
R2D2ケニー・ベイカー
チューバッカピーター・メイヒュー
ターキン総督ピーター・カッシング
ボバ・フェットジェレミー・ブロック
ダース・ベイダーデヴィッド・ブラウズ
オーウェンおじさんフィル・ブラウン
ダース・ベイダージェームズ・アール・ジョーンズ
ウェッジデニス・ローソン
『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』キャスト一覧

スタッフ

監督ジョージ・ルーカス
製作総指揮ジョージ・ルーカス
脚本ジョージ・ルーカス
撮影ギルバート・テイラー
美術ジョン・バリー
音楽ジョン・ウィリアムズ
『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』スタッフ一覧

『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(1980)

『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲
(The Empire Strikes Back)
公開日:1980年5月21日
再生時間:124分
公式サイト:Disney

あらすじ

正義と悪の凄まじい戦いを繰り広げる、サーガの第5章デス・スターを破壊された帝国軍は反乱軍を容赦なく追い続けていた。反乱軍が氷の惑星ホスから撤退すると、ルーク・スカイウォーカーは惑星ダゴバに行く。そこには隠れ暮らしていた伝説のジェダイ・マスターのヨーダがいたのだ。一方、ダース・ベイダーはベスピンのクラウド・シティで 若きスカイウォーカーをダークサイドへ引き込もうと目論む。

出典:Disney公式

キャスト

役名俳優
ルーク・スカイウォーカーマーク・ハミル
ハン・ソロハリソン・フォード
プリンセス・レイア・オーガナキャリー・フィッシャー
C-3POアンソニー・ダニエルズ
ランド・カルリシアン男爵ビリー・ディー・ウィリアムズ
ダース・ベイダーデヴィッド・プラウズ
チューバッカピーター・メイヒュー
R2D2ケニー・ベイカー
ヨーダフランク・オズ
オビ=ワン・ケノービアレック・ギネス
ボバ・フェットジェレミ・ブロック
皇帝クライヴ・レヴィル
ダース・ベイダージェームズ・アール・ジョーンズ
ウェッジデニス・ローソン
『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』キャスト一覧

スタッフ

監督アーヴィン・カーシュナー
製作総指揮ジョージ・ルーカス
脚本リー・ブランケット
脚本ローレンス・カスダン
音楽ジョン・ウィリアムズ
『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』スタッフ一覧

『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(1983)

『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還
(Return of the Jedi)
公開日:1983年5月25日
再生時間:133分
公式サイト:Disney

あらすじ

壮大なるサーガのクライマックス、フォースの勝利を描く第6章帝国軍がより強力な第2デス・スターの建造を進めている中、反乱軍は総力を結集しデス・スターへ攻撃の準備を計画していた。一方、ルーク・スカイウォーカーは、邪悪な皇帝の前でダース・ベイダーとの最後の戦いに挑む。

出典:Disney

キャスト

役名俳優
ルーク・スカイウォーカーマーク・ハミル
ハン・ソロハリソン・フォード
レイアキャリー・フィッシャー
C-3POアンソニー・ダニエルズ
ランド・カルリシアンビリー・ディー・ウィリアムズ
チューバッカピーター・メイヒュー
ダース・ベイダージェームズ・アール・ジョーンズ
オビ=ワン・ケノービアレック・ギネス
ヨーダフランク・オズ
ダース・ベイダーデヴィッド・プラウズ
R2D2ウィケット
ウィケットワーウィック・デイヴィス
皇帝イアン・マクデイアミッド
アナキン・スカイウォーカーセバスチャン・ショウ
アクバー提督ティム・ローズ
ウェッジデニス・ローソン
『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』キャスト一覧

スタッフ

監督リチャード・マーカンド
製作総指揮ジョージ・ルーカス
脚本ジョージ・ルーカス
脚本ローレンス・カスダン
音楽ジョン・ウィリアムズ
『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』スタッフ一覧

『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』(1999)

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス
(Star Wars : Episode 1 The Phantom Menace)
公開日:1999年5月19日
再生時間:133分
公式サイト:Disney

あらすじ

遠い昔、はるかかなたの銀河系で繰り広げられる壮大な物語<サーガ>の第1章ジェダイ・マスターのクワイ=ガン・ジンとその弟子オビ=ワン・ケノービの二人は、平和な惑星ナブーの危機から女王パドメ・アミダラを救出する。その後惑星タトゥイーンへ立ち寄った二人は、9歳の少年アナキン・スカイウォーカーと出会い、その少年に特別な力<フォース>を感じとるのだが、その頃、謎の敵ダース・モールがジェダイ抹殺の為に動いていた…。

出典:Disney公式

キャスト

役名俳優
クワイ=ガン・ジンリーアム・ニーソン
オビ・ワン=ケノービユアン・マクレガー
アミダラ王女ナタリー・ポートマン
アナキン・スカイウォーカージェイク・ロイド
パルパティーン元老院議員イアン・マクディアミッド
シミ・スカイウォーカーペルニラ・アウグスト
パナカ隊長ヒュー・クァーシー
ジャー・ジャー・ビンクスアーメッド・ベスト
C-3POアンソニー・ダニエルズ
R2-D2ケニー・ベイカー
バローラム最高議長テレンス・スタンプ
ダース・モールレイ・パーク
メイス・ウィドゥサミュエル・L・ジャクソン
シオ・ビブルオリヴァー・フォード・デイヴィス
ウォルドワーウィック・デイヴィス
ヨーダフランク・オズ
ボス・ナスブライアン・ブレッスド
ワトーアンドリュー・セコーム
『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』キャスト一覧

スタッフ

監督ジョージ・ルーカス
製作総指揮ジョージ・ルーカス
脚本ジョージ・ルーカス
音楽ジョン・ウィリアムズ
『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』スタッフ一覧

『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(2002)

『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃
(Star Wars : Episode 2 Attack of the Clones)
公開日:2002年5月22日
再生時間:143分
公式サイト:Disney

あらすじ

若きジェダイ、アナキン・スカイウォーカーの成長と変化、そして戦いを描くサーガの第2章惑星ナブーの戦いから10年後。アナキンはパドメ・アミダラが命を狙われた為、護衛に付いていたが、お互いに惹かれ合う。一方、銀河共和国は、昔ジェダイであったドゥークー伯爵により新たな脅威にさらされていく。そして、オビ=ワン・ケノービはある惑星で大量のクローンが製造されている光景を目にする。やがて、アナキンとパドメ、そしてオビ=ワンはクローン戦争に引き込まれていく。

出典:Disney公式

キャスト

役名俳優
オビ=ワン・ケノービユアン・マクレガー
パドメ・アミダラナタリー・ポートマン
アナキン・スカイウォーカーヘイデン・クリステンセン
パルパティーン最高議長イアン・マクディアミッド
シミ・スカイウォーカーペルニラ・アウグスト
ジャー・ジャー・ビンクスアーメッド・ベスト
C-3POアンソニー・ダニエルズ
メイス・ウインドゥサミュエル・L・ジャクソン
ヨーダフランク・オズ
ドゥークー伯爵クリストファー・リー
ベイル・オーガナジミー・スミッツ
R2-D2ケニー・ベイカー
ジャンゴ・フェットテムエラ・モリソン
ボバ・フェットダニエル・ローガン
クリーグ・ラーズジャック・トンプソン
シオ・ビブルオリヴァー・フォード・デイヴィス
ドルメローズ・バーン
ワトーアンドリュー・セコーム
『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』キャスト一覧

スタッフ

監督ジョージ・ルーカス
製作総指揮ジョージ・ルーカス
脚本ジョナサン・ヘイルズ
脚本ジョージ・ルーカス
音楽ジョン・ウィリアムズ
『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』スタッフ一覧

『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005)

『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐
(Star Wars Episode 3 : Revenge of the Sith)
公開日:2005年5月15日
再生時間:140分
公式サイト:Disney

あらすじ

銀河を舞台にジェダイとダークサイドの強力な力との戦いを描くサーガの第3章クローン大戦から数年、ジェダイはクローン軍を率いて、各地でドロイド軍と戦っていた。パルパティーン最高議長を拉致する事件が発生し、オビ=ワン・ケノービとアナキン・スカイウォーカーが救出に向かい、アナキンの活躍で救出に成功する。しかし、アナキンはパドメとの秘かな愛とジェダイへの忠誠で悩み苦しむ。そしてシスのダークサイドへ誘惑されていくのであった。

出典:Disney公式

キャスト

役名俳優
オビ=ワン・ケノービユアン・マクレガー
パドメ・アミダラナタリー・ポートマン
アナキン・スカイウォーカーヘイデン・クリステンセン
パルパティーン最高議長イアン・マクディアミッド
メイス・ウィンドゥサミュエル・L・ジャクソン
ベイル・オーガナ元老院議員ドゥークー伯爵
ドゥークー伯爵クリストファー・リー
C-3POアンソニー・ダニエルズ
R2-D2ケニー・ベイカー
コマンダー・コーディテムエラ・モリソン
ジャー・ジャー・ビンクスアーメッド・ベスト
チューバッカピーター・メイヒュー
ティオン・メイドンブルース・スペンス
キ=アディ=ムンディサイラス・カーソン
マス・アミダデヴィッド・バワーズ
オーン・フリー・ターマット・ローワン
ルウイー・ナベリーグレーム・ブランデル
ジョバル・ナベリートリシャ・ノーブル
ソーラ・ナベリークローディア・カーヴァン
マレイ・ディーキー・チャン
オーウェン・ラーズジョエル・エドガートン
ダース・ベイダージェームズ・アール・ジョーンズ
クイーン・アパイラナケイシャ・キャッスル=ヒューズ
シオ・ビブルオリヴァー・フォード・デイヴィス
ニー・アレイヴァーレオ・オーウェン
ヨーダフランク・オズ
キャプテン・タイフォジェイ・ラガイア
『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』キャスト一覧

スタッフ

監督ジョージ・ルーカス
製作総指揮ジョージ・ルーカス
脚本ジョージ・ルーカス
音楽ジョン・ウィリアムズ
『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』スタッフ一覧

『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』(2015)

『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』

スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒
(Star Wars : The Force Awakens)
公開日:2015年12月16日
再生時間:136分
公式サイト:Disney

あらすじ

新たなる3部作の1作目、始動―
映画を超えた史上空前のエンターテイメント『スター・ウォーズ』。

砂漠の惑星で家族を待ち続けている孤独な女性レイは、謎のドロイドBB-8と、ストームトルーパーの脱走兵フィンと出会い運命が一変する。
一方、十字型のライトセーバーを操るカイロ・レン率いる帝国軍の残党であるファースト・オーダーは、 消えたとされる最後のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの行方を追っていた。
ハン・ソロ、チューバッカ、R2-D2、C-3POら不朽のキャラクターたちも登場し、フォースを巡る<新たなる伝説>が幕を開ける。

出典:Disney公式

キャスト

役名俳優
ハン・ソロハリソン・フォード
レイア・オーガナキャリー・フィッシャー
カイロ・レンアダム・ドライヴァー
レイアダム・ドライヴァー
フィンジョン・ボイエガ
ポー・ダメロンマズ・カナタ
マズ・カナタルピタ・ニョンゴ
最高指導者スノークアンディ・サーキス
ハックス将軍ドーナル・グリーソン
キャプテン・ファズマグウェンドリン・クリスティー
C-3POアンソニー・ダニエルズ
R2-D2ケニー・ベイカー
チューバッカピーター・メイヒュー
ルーク・スカイウォーカーマーク・ハミル
ロア・サン・テッカマックス・フォン・シドー
スナップ・ウェクスリーティードー
タス・リーチヤヤン・ルヒアン
ラズー・クイン=フィーイコ・ウワイス
スタトゥラ提督ケン・レオン
アクバー提督ティム・ローズ
ダトゥー大佐ロッキー・マーシャル
コニックスビリー・ラード
『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』キャスト一覧

スタッフ

監督J・J・エイブラムス
製作総指揮トミー・ハーパー
製作総指揮ジェイソン・マクガトリン
脚本ローレンス・カスダン
脚本J・J・エイブラムス
脚本マイケル・アーント
音楽ジョン・ウィリアムズ
『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』スタッフ一覧

『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』(2017)

スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ

スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ
(Star Wars : The Last Jedi)
公開日:2017年12月15日
再生時間:152分
公式サイト:Disney

あらすじ

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でついに登場した伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカー。
彼の出現は銀河に何をもたらすのか?眠っていたフォースが覚醒したレイは彼のもとで修行を重ね、やがてダース・ベイダーを継ごうとするカイロ・レンとの決戦に挑んでいく。
二人は“光”と“闇”のせめぎ合いの中で揺れ動き、互いに苦悩する。そんな中、銀河を二分する戦闘はますます激化。銀河の支配をもくろむ組織ファースト・オーダーを率いるのはスノーク。それに立ち向かう同盟軍レジスタンスを指揮するのはレイア・オーガナ。激戦の末、しだいに窮地に追い詰められていくレジスタンス。そこで彼らが目にしたものとはいったい…?それぞれの運命に立ち向かいながら、銀河を舞台にした壮絶なバトルがいよいよ始まる!
そして、ジェダイは受け継がれるのか…!?

出典:Disney公式

キャスト

役名俳優
ルーク・スカイウォーカーマーク・ハミル
レイア・オーガナキャリー・フィッシャー
カイロ・レンアダム・ドライヴァー
レイデイジー・リドリー
フィンジョン・ボイエガ
ポー・ダメロンオスカー・アイザック
最高指導者スノークアンディ・サーキス
マズ・カナタルピタ・ニョンゴ
ハックス将軍ドーナル・グリーソン
C-3POアンソニー・ダニエルズ
キャプテン・ファズマグウェンドリン・クリスティー
ローズケリー・マリー・トラン
アミリン・ホルドー中尉ローラ・ダーン
チューバッカヨーナス・スオタモ
R2-D2ジミー・ヴィー
DJベニチオ・デル・トロ
コニックスビリー・ラード
ヨーダフランク・オズ
アクバー提督ティム・ローズ
ペイジヴェロニカ・ンゴー
『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』キャスト一覧

スタッフ

監督ライアン・ジョンソン
製作総指揮J・J・エイブラムス
製作総指揮トム・カーノウスキ
製作総指揮ジェイソン・マクガトリン
脚本ライアン・ジョンソン
音楽ジョン・ウィリアムズ
『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』スタッフ一覧

『スター・ウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』(2019)

スター・ウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け

スター・ウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け
(Star Wars : The Rise Of Skywalker)
公開日:2019年12月20日
再生時間:142分
公式サイト:Disney

あらすじ

かつて銀河に君臨していた祖父ダース・ベイダーに傾倒し、その遺志を受け継ぐべく、銀河の圧倒的支配者へと上り詰めた、スカイウォーカー家の一人でもあるカイロ・レン。そして、伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの想いを引き継ぎ、類まれなフォースを覚醒させたレイ。新たなるサーガを担う若者二人の運命が、この物語の行く末を担っている。はるか彼方の銀河系で繰り広げられる、スカイウォーカー家を中心とした壮大な<サーガ>の結末は、“光と闇”のフォースをめぐる最終決戦に託された――。

出典:Disney公式

キャスト

役名俳優
レイデイジー・リドリー
カイロ・レンアダム・ドライヴァー
フィンジョン・ポイエガ
ポー・ダメロンオスカー・アイザック
ルーク・スカイウォーカーマーク・ハミル
レイア・オーガナキャリー・フィッシャー
ランド・カルリジアンビリー・ディー・ウィリアムズ
マズ・カナタルピタ・ニョンゴ
ハックス将軍ドーナル・グリーソン
ローズ・ティコケリー・マリー・トラン
チューバッカヨーナス・スオタモ
C-3POアンソニー・ダニエルズ
コニックスビリー・ラード
ゾーリケリー・ラッセル
ジャナナオミ・アッキー
プライド将軍リチャード・E・グラント
パルパティーンイアン・マクダーミド
ウィケットワーウィック・デイヴィス
ウェッジデニス・ローソン
ダース・ベイダージェームズ・アール・ジョーンズ
アナキン・スカイウォーカーヘイデン・クリステンセン
オビ・ワン=ケノービユアン・マクレガー
ヨーダフランク・オズ
クワイ=ガン・ジンリーアム・ニーソン
メイス・ウインドゥサミュエル・L・ジャクソン
スノークアンディ・サーキス
アソーカ・タノアシュリー・エクスタイン
ケイナン・ジャラスフレディ・プリンゼ・Jr
ハン・ソロハリソン・フォード
『スター・ウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』キャスト一覧

スタッフ

監督J・J・エイブラムス
製作総指揮カラム・グリーン
製作総指揮トミー・ゴームリー
製作総指揮ジェイソン・マクガトリン
脚本J・J・エイブラムス
脚本クリス・テリオ
音楽ジョン・ウィリアムズ
『スター・ウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』スタッフ一覧

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
(Rogue One : A Star Wars Story)
公開日:2016年12月14日
再生時間:133分
公式サイト:Disney

あらすじ

「スター・ウォーズ」シリーズ劇場公開第1作、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977年)でレイア姫は、反乱軍の切り札として、宿敵帝国軍の究極の兵器“デス・スター”の設計図をR2-D2に託す―。
レイア姫、そして反乱軍は、どうやってこの超極秘情報を入手できたのか?
そこには名もなき戦士たちの決死のミッションがあった…。 

かつて平和を維持していたジェダイは滅び、宇宙は帝国軍に制圧されようとしていた。生き残った数少ない反乱軍は、反撃の機会をうかがっていた。
人間の女性ジン・アーソは生きていくために、窃盗、暴行、書類偽造もためらわない宇宙のアウトロー。孤独ながらも強く生き抜いていた。そんな彼女に反乱軍が接触してくる。それは、彼女の父親が、帝国軍が現在開発中の恐ろしい兵器“デス・スター”の設計に関わっているとの情報に基づいてのことだった。
優秀な技術者であった父は、かつて幼いジンの目の前で帝国軍に拉致され、強制的に破壊兵器の開発に協力させられていたが、同時に秘密裏に“デス・スター”の急所を仕込んでいた。
その父の隠れた工作活動を実らせるためには、帝国軍の本丸に乗り込み“デス・スター”の設計図を奪取する必要がある。しかしそれは、ジェダイもいない弱体化した反乱軍にとって、自殺行為ともいえる決死のミッションであった。
作戦をあきらめかけた反乱軍の中で、ジンをリーダーに、命を懸ける覚悟の有志の仲間たち“ローグ・ワン”が、いま立ち上がる!

出典:Disney公式

キャスト

役名俳優
ジン・アーソフェリシティ・ジョーンズ
キャシアン・アンドーディエゴ・ルナ
オーソン・クレニックベン・メンデルソーン
チアルート・イムウェドニー・イェン
ゲイリン・アーソマッツ・ミケルセン
K-2SOアラン・テュディック
ベイズ・マルバスチアン・ウェン
ボーディー・ルックリズ・アーメッド
ソウ・ゲレラフォレスト・ウィテカー
ベイル・オーガナジミー・スミッツ
モン・モスマジュネヴィーヴ・オライリー
ライラ・アーソヴァリーン・ケイン
メルシーダンカン・パウ
モフ・ターキンガイ・ヘンリー
レイア・オーガナインヴィ・デイラ
C-3POアンソニー・ダニエルズ
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』キャスト一覧

スタッフ

監督ギャレス・エドワード
製作総指揮ジョン・ノール
製作総指揮ジェイソン・マクガトリン
脚本クリス・ワイツ
脚本トニー・ギルロイ
音楽マイケル・ジアッキノ
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』スタッフ一覧

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018)

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー
(Solo : A Star Wars Story)
公開日:2018年6月29日
再生時間:135分
公式サイト:Disney

あらすじ

「スター・ウォーズ」屈指の人気を誇るハン・ソロは、いかにして愛すべき悪党<ハン・ソロ>となったのか?
劣悪な環境を抜け出し銀河一のパイロットを目指すハン・ソロは、幼なじみの美女キーラと恋に落ちる。だがしかし、ある出来事によって二人の未来は引き裂かれることに。キーラを救うため帝国軍アカデミーに志願したハン・ソロ。やがて彼は生涯の相棒チューバッカと運命的な出会いをする。さらに、腕利きの運び屋であるランド自慢の船ミレニアム・ファルコンを巡り、思い切った賭けに打って出る。それぞれの人生に立ち向かう彼らはいつしかチームになり、カリスマ性を持つ謎の男ベケットのもとで“自由”を手に入れるため危険な強盗ミッションに挑む。
果たして彼らは次々と迫る危機をどう乗り切るのか!?ルークやレイアと出会う前、若きハン・ソロの想像を超えた知られざる冒険を描くアクション超大作!

出典:Disney公式

キャスト

役名俳優
ハン・ソロオールデン・エアエンライク
トバイアス・ベケットウディ・ハレルソン
キーラエミリア・クラーク
ランド・カルリジアンドナルド・グローヴァー
ヴァルタンディ・ニュートン
L3-37フィーピー・ウォーラー=ブリッジ
チューバッカヨーナス・スオタモ
ドライデン・ヴォスポール・ベタニー
リオジョン・フォヴロー
レディ・プロキシマリンダ・ハント
エンフィスエリン・ケリーマン
ダース・モールレイ・パーク
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』キャスト一覧

スタッフ

監督ロン・ハワード
製作総指揮ローレンス・カスダン
製作総指揮ジェイソン・マクガトリン
製作総指揮フィル・ロード
製作総指揮クリストファー・ミラー
脚本ジョン・カスダン
脚本ローレンス・カスダン
音楽ジョン・パウエル
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』スタッフ一覧

『スター・ウォーズ』シリーズのオススメ順番|まとめ

「スター・ウォーズ」シリーズの公開順

旧三部作

  • 『エピソード4/新たなる希望』(1977年)
  • 『エピソード5/帝国の逆襲』(1980年)
  • 『エピソード6/ジェダイの帰還』(1983年)

新三部作

  • 『エピソード1/ファントム・メナス』(1999年)
  • 『エピソード2/クローンの攻撃』(2002年)
  • 『エピソード3/シスの復讐』(2005年)

新章・続三部作

  • 『エピソード7/フォースの覚醒』(2015年)
  • 『エピソード8/最後のジェダイ』(2017年)
  • 『エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』(2019年)

「スター・ウォーズ」シリーズは公開順で見るのがオススメです!

公開順で見ることで、散りばめられた設定や伏線を追うことができます。ですがちょっと分かりづらい…。そんな方は時系列順に観るのがオススメです!

「スター・ウォーズ」シリーズの時系列順

新三部作

  • 『エピソード1/ファントム・メナス』(1999年)
  • 『エピソード2/クローンの攻撃』(2002年)
  • 『エピソード3/シスの復讐』(2005年)

旧三部作

  • 『エピソード4/新たなる希望』(1977年)
  • 『エピソード5/帝国の逆襲』(1980年)
  • 『エピソード6/ジェダイの帰還』(1983年)

新章・続三部作

  • 『エピソード7/フォースの覚醒』(2015年)
  • 『エピソード8/最後のジェダイ』(2017年)
  • 『エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』(2019年)

ぜひ、過去作品のチェックをしてみてくださいね!

今回は以上です。

映画『スター・ウォーズ』シリーズはこの順番で見よう|全11作品の公開順・時系列を紹介!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる