『ターミネーター』シリーズはこの順番で観よう|7作品の公開順・時系列を紹介!

映画『ターミネーター』シリーズはこの順番で見よう|7作品の公開順・時系列を紹介!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

映画『ターミネーター』シリーズの順番を知りたいなぁ…。

こんな疑問を解決します。

『ターミネーター』情報
  • 1984年のSFアクション作品
  • アーノルド・シュワルツェネッガー主演の大ヒット作!
  • SFアクション映画に多大な影響を与えた作品

The thing that won’t die,
in the nightmare that won’t end.

本記事は『ターミネーター』シリーズの公開順と時系列を紹介していきます。

お得なキャンペーン中

映画館をお得に利用しよう

目次

『ターミネーター』シリーズはこの順番で観よう!

公開年タイトル時代設定
1984ターミネーター1984年
1991ターミネーター21994年
2003ターミネーター32004年
2009ターミネーター42018年
2015ターミネーター
新起動/ジェニシス
1984
~2017年
2019ターミネーター
ニュー・フェイト
2020年
2008
~2009
ターミネーター
サラ・コナー・クロニクルズ
2008
~2009年
『ターミネーター』シリーズの公開順・時系列
ターミネーターって?

『ターミネーター』シリーズは人類とサイバーダイン社が開発した人工知能を搭載した軍事基幹プログラム”スカイネット”との戦いを描いたSFアクション作品です。

”スカイネット”は人類滅亡を企んでおり、1997年8月29日には核戦争誘発により人類30億人が命を落とす「審判の日(ジャッジメント・デイ)」が起こるはずだった。近未来2029年は審判の日が実際に起こっており、人類vsスカイネットの戦争が続いている。人類を率いるのは抵抗軍指導者ジョン・コナー。レジスタンスとして審判の日を生き延びた人々からなる反スカイネット軍を率い、スカイネットの破壊を狙っていた。彼さえいなければ人類はとっくに滅亡していただろう…。そう考えた”スカイネット”はジョン・コナーを抹殺するべく、1984年に殺戮マシン”ターミネーター”がやってくる。

そんな『ターミネーター』シリーズは公開順と時系列が一致しておらず、かなり複雑になっており、時系列で見ると三つの時間軸が存在しています。

『ターミネーター』シリーズの時系列
『ターミネーター』シリーズの時系列

1つ目はジェームズ・キャメロン作品『ターミネーター』(1984)〜『ターミネーター:ニューフェイト』(2019)の世界線。そして2つ目は『ターミネーター』(1984)〜『ターミネーター4』までの別の世界線。3つ目は『ターミネーター:新起動/ジェニシス』(2015)のパラレルワールドの世界線。

このようにかなりややこしい時系列となっています。『ターミネーター』シリーズの初見さんは『ターミネーター2』(1991)の正統な続編作品『ターミネーター・ニュー・フェイト』(2019)がみれる世界線をオススメします。

I’ll be back.

では、映画『ターミネーター』シリーズをオススメの順番で紹介していきます。

『ターミネーター』(1984)

あらすじ

未来で繰り広げられている人類VS機械の果てしない闘い。機械軍は人類のリーダーであるジョン・コナーを歴史から消すべく1984年のロスへ冷徹無比の殺人機ターミネーターを送り込んだ。目的は、いずれジョンを産むことになるサラ・コナーの抹殺。平凡な女子学生であるサラの前に姿を見せる黒づくめの殺人機。だがその時、彼女を守るために一人の男が現れた。男の名はカイル・リース。ジョン・コナーの命を受け、未来からやって…。

出典:allcinema

予告動画

映画『ターミネーター』シリーズはこの順番で見よう|7作品の公開順・時系列を紹介!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SHAREしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる