『トランスフォーマー』シリーズはこの順番で観よう|全6作品を公開順に紹介!

    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    『トランスフォーマー』は1980年代のアメリカで大ヒットしたアニメーション作品シリーズ。マイケル・ベイ監督、スティーヴン・スピルバーグ総指揮の元、製作されたSFアクション大作です。何度か実写化の企画案が出されていたものの映像面の問題や物語展開が困難という点から不可能とされていたシリーズですが、スティーヴン・スピルバーグ監督と若手のマイケル・ベイ監督のタッグによりVFX技術を駆使しつつ、製作費を当初の2億ドル以上かかるとされていた本作の経費を1億5,000万ドルまで抑えつつ、観客たちを魅了するほどの圧倒的な映像表現を実現しました。

    本記事では『トランスフォーマー』シリーズをこれから観ようという方向けにオススメの視聴順番やお得に観る方法を紹介します。前半は『トランスフォーマー』とはどんな作品なのか。そして後半にオススメの視聴順番やあらすじまで紹介していきます。

    U-NEXT
    「31日間無料トライアル」をはじめよう!
    • 210,000本以上が見放題
    • 114誌以上の雑誌が読み放題
    • 600円分のポイントプレゼント
    31日間無料トライアル開催中!
    登録は3ステップで簡単。
    いつでも解約できます。
    目次

    映画『トランスフォーマー』シリーズ全6作品

    『トランスフォーマー』シリーズ
    公開年タイトル
    2007トランスフォーマー
    2009トランスフォーマー/リベンジ
    2011トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン
    2014トランスフォーマー/ロストエイジ
    2017トランスフォーマー/最後の騎士王
    2019バンブルビー

    トランスフォーマーとは?

    (C)2016 Industrial Light & Magic, a division of Lucasfilm Entertainment Company Ltd., All Rights Reserved

    『トランスフォーマー』は日本の玩具メーカー「トカラトミー」が1980年代から販売している変形合体ロボット玩具です。今までにアニメーション、コミック、実写映画など世界的に展開されています。日本では80年代からTVアニメ版も放送され、全20作品に及ぶアニメ作品が公開されています。

    内容としては「トランスフォーマー」と呼ばれるロボット生命体が正義の”サイバトロン”と悪の”デストロン”に分かれ、抗争を繰り広げるという設定。デストロンたちは地球の環境に溶け込むためにロボットの姿から乗り物や動物といったものに変形(トランスフォーム)することができます。

    実写映画は”侵略”と”共存”をテーマとしており『スパイダーマン』同様、少年が困難に対処する中で成長し、最後に憧れの女性と結ばれるといったサクセス・ラブロマンス形式となっております。

    第一章:旧三部作(トランスフォーマーシリーズ)

    旧三部作(トランスフォーマーシリーズ)

    旧三部作シリーズは”破壊王”という異名を持つマイケル・ベイ監督とスティーヴン・スピルバーグ監督が携わるという超豪華大作映画です。製作費を押さえつつもド派手な演出が堪能できるのが本作の魅力の1つです。主人公はサム・ウィットキー(シャイア・ラブーフ)でサムの少年期から青年期までに起こる”ロボット同士の戦い”が描かれます。

    旧三部作(トランスフォーマーシリーズ)
    1. トランスフォーマー(2007)
    2. トランフォーマー/リベンジ(2009)
    3. トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(2011)

    第二章:新三部作(トランスフォーマー)

    新三部作(トランスフォーマー)

    旧三部作から4年後の設定である新三部作。旧三部作で出演したシャイア・ラブーフやジョン・タトゥーロ、ジョシュ・デュアメル等は出演せず、新たにケイド・イェーガー(マーク・ウォールバーグ)、テッサ・イェーガー(ニコラ・ペルツ)、シェーン・ダイソン(ジャック・レイナー)といった主要キャラクターとなっております。主人公は発明家のケイド・イェーガーでトランスフォーマー誕生の秘密が明らかになります。前三部作が「スーパーヒーロー映画」といった感じでしたが、新三部作は「SFアクション映画」といったように変わっており、「ディセプティコン vs オートボット」といった対立構造から「人間 vs トランスフォーマー」といったように戦いメインとなっております。

    新三部作(トランスフォーマーシリーズ)
    1. トランスフォーマー/ロストエイジ(2014)
    2. トランスフォーマー/最後の騎士王(2017)
    3. トランスフォーマー6(仮題)

    スピンオフ作品(トランスフォーマー)

    © 2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. © 2018 Hasbro. All Rights Reserved.

    『バンブルビー』(2019)は現在トランスフォームシリーズ唯一のスピンオフ作品。主要キャラクターはバンブルビーと少女チャーリーで彼らの友情を描いたストーリーとなっております。シリーズの中で群を抜いてカワイイと言われるバンブルビーですが、地球にきた理由や声を失った戦いなど、今まで描かれて来なかったバンブルビーの謎が明らかになります。

    スピンオフ作品(トランスフォーマーシリーズ)
    1. バンブルビー(2019)

    『トランスフォーマー』シリーズのオススメの順番はこちら!

    『トランスフォーマー』オプティマス・プライム
    『トランスフォーマー』シリーズはこの順番がオススメ!
    1. トランスフォーマー(2007)
    2. トランフォーマー/リベンジ(2009)
    3. トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(2011)
    4. トランスフォーマー/ロストエイジ(2014)
    5. トランスフォーマー/最後の騎士王(2017)
    6. バンブルビー(2019)

    映画『トランスフォーマー』シリーズのオススメの順番は上記の通りであり、公開順に観ていけば間違いありません。スピンオフ作品『バンブルビー』(2019)だけ舞台が1987年のカリフォルニアまで遡りますので、公開順と時系列順は違います。ですが、シリーズでもかなり人気のあるキャラクター”バンブルビー”の謎が明らかになってしまうので、時系列順で観るのはオススメしておりません。そのため、オススメの順番は「旧三部作」→「新三部作」→「スピンオフ作品」の順で観ましょう!

    ですが、中には時系列順に観たいという方もいると思うので紹介しておくと、「スピンオフ作品」→「旧三部作」→「新三部作」の順番となっております。初見さんの方にはオススメできませんが、「トランスフォーマー」ファンの方は時系列順に観ていくのも新鮮でいいかもしれませんね!

    そして、今ならU-NEXTという動画配信サービスで『トランスフォーマー』シリーズを無料視聴できますのでオススメしております。

    U-NEXTを使った無料視聴がオススメ!

    1. トランスフォーマー(2007)
    2. トランフォーマー/リベンジ(2009)

    ※2021年9月19日23:59まで配信中。

    1. トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(2011)

    ※2021年10月4日23:59まで配信中。

    1. トランスフォーマー/ロストエイジ(2014)

    ※2021年9月19日23:59まで配信中。

    1. トランスフォーマー/最後の騎士王(2017)
    2. バンブルビー(2019)

    ※2020年12月31日23:59まで配信中。

    上記のタイトルをクリックすることで『トランスフォーマー』シリーズを無料視聴できます。30日間無料お試し期間がついてきますので、お早めにどうぞ!

    ※最新作の『トランスフォーマー/最後の騎士団』(2017)と『バンブルビー』(2019)は2020年12月31日23:59で配信終了します。そのため、残り数日で無料で見れなくなってしまいますので「無料で観たい」という方は急ぎの登録をオススメします。

    トランスフォーマー(2007)

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    SHAREしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる