『ワイルド・スピード』シリーズはこの順番で見よう|10作品の公開順・時系列を紹介!

映画『ワイルド・スピード』シリーズはこの順番で見よう|10作品の公開順・時系列を紹介!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

映画『ワイルド・スピード』シリーズの順番を知りたいなぁ…。

こんな疑問を解決します。

『ワイルド・スピード』シリーズ
  • 2001年のカーアクション作品
  • 2001年の公開から「ワイスピ」の愛称で親しまれる人気シリーズ
  • シリーズ累計の世界興行収入5,000億円越え!

太陽が沈むともう一つの世界が始まる.

本記事は『ワイルド・スピード』シリーズの公開順と時系列を紹介していきます。

お得なキャンペーン中

映画館をお得に利用しよう

目次

『ワイルド・スピード』シリーズはこの順番で観よう!

公開年タイトル時系列
2001ワイルド・スピード
2003ワイルド・スピードX2
2006ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT
2009ワイルド・スピード MAX
2011ワイルド・スピード MEGA MAX
2013ワイルド・スピード EURO MISSION
2015ワイルド・スピード SKY MISSION
2017ワイルド・スピード ICE BREAK
2019ワイルドスピード/スーパーコンボ
2021ワイルド・スピード/ジェットブレイク
2022ワイルドスピード10(原題)
『ワイルド・スピード』シリーズの公開順・時系列
ワイルド・スピードって?

『ワイルド・スピード』シリーズは豪快なアクションと超絶テクニックのカー・アクション映画です。現在、全9作品が公開されており、全世界興行収入5,000億円。3以降は銃撃戦などのアクション要素が加えられ、「アクション映画=ワイスピ」と幅広い指示を得るほど人気のシリーズとなっています。そして、スポーツカーや装甲車のド派手なカースタントはもちろんのこと、仲間との絆や格闘シーンなど様々な要素に突き刺さるものでした。多くの映画ファンから親しまれる『ワイルド・スピード』シリーズ。映画好きの方は必見です!

そんな『ワイルド・スピード』シリーズは公開順と時系列が一致しておらず、『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』(2006)だけが時系列から外れています。

そのため、公開順から外れた『TOKYO DRIFT』だけが先の未来のストーリーなので、評価の低い作品となってしまっていました。ですが、時系列順に見ることでストーリーが追いやすくなるため、感想も変わってくるに違いありません。そのため、『ワイルド・スピード』シリーズは時系列順に見るのがオススメです。

『ワイルド・スピード』シリーズのオススメ視聴順
  1. ワイルド・スピード(2001)
  2. ワイルド・スピードX2(2003)
  3. ワイルド・スピード MAX(2009)
  4. ワイルド・スピード MEGA MAX(2011)
  5. ワイルド・スピード EURO MISSION(2013)
  6. ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT(2006)
  7. ワイルド・スピード SKY MISSION(2015)
  8. ワイルド・スピード ICE BREAK(2017)
  9. ワイルド・スピード/スーパーコンボ(2019)
  10. ワイルド・スピード/ジェットブレイク(2021)
  11. ワイルド・スピード10(2022)

では、『ワイルド・スピード』シリーズを時系列順(オススメの順番)に紹介していきます。

『ワイルド・スピード』(2001)

あらすじ

「走っている時間だけ、オレは自由だ。」

若者たちを熱狂させる、大金を賭けた深夜のストリート・カー・レース。その中心で荒稼ぎをしていた凄腕のドライバー、ドミニク・トレットの前に、同じく天才的なドライブテクを持つブライアン・オコナーが現れる。2人はレースで競い合い、互いの実力を認め合うが、ブライアンの正体は連続強盗事件の捜査のために潜入した、LA市警の警官だった……全てはここからはじまった!!

出典:ワイスピヒストリー

予告動画

映画『ワイルド・スピード』シリーズはこの順番で見よう|10作品の公開順・時系列を紹介!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SHAREしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる