『イエスタデイ』のあらすじ・キャスト一覧|誰もビートルズを知らない世界

映画『イエスタデイ』のあらすじ・キャスト一覧
URLをコピーする
URLをコピーしました!

映画『イエスタデイ』のあらすじ・キャストについて知りたいなぁ…。

こんな疑問を解決します。

『イエスタデイ』情報
  • 2019年のコメディ・ファンタジー映画
  • 監督ダニー・ボイル、主演ヒメーシュ・パテ
  • 全世界で1億4590万ドルを記録した大ヒット作!

映画『イエスタデイ』はビートルズの存在が消え去った世界で、唯一ビートルズ覚えているシンガー・ソングライターの活躍を描くコメディ・ファンタジー作品。ユニークな設定をもとに展開されていくのだが、藤井哲夫の漫画『僕はビートルズ』のような作品とは別物であった。後ほどあらすじを紹介していくが、カンタンにまとめると「売れないしンガーソングライターが事故に遭ってビートルズと彼らの歌を知らない世界になっていた!」というもの。本作ではビートルズの名曲が散りばめられており、「イエスタデイ」に始まり「レット・イット・ビー」「Hey Jude」など登場する。ところが、ビートルズファンの中には不満が残る作品となった。ビートルズのオマージュが登場するのだが、ビートルズ愛が欠けているシーンが多々あるのだ。一部を紹介すると、”Hey Jude”を”Hey Dude”としてレコーディングしてしまうシーンなどだ。「音楽史に残るグループ」を讃える作品かと思えば…と期待していた分、残念だったのだろう。だが、見方を変えてみると面白い。特に音楽業界がビジネス視点で動いており、”ミュージシャンはお金を稼ぐ道具”として考えられている、人間的感情が欠落している事実が描かれているのだ。また、ビートルズが存在しなかったら…と思うと今の音楽業界は薄っぺらいものになってた可能性や全く違った音楽が流行っていた可能性さえある。そしてこの映画はビートルズを讃える作品でありつつ文化の忘却を伝える作品でもあるのという点も本作の見どころだ。ぜひ、未鑑賞の方は見て欲しい作品である。

今回は映画『イエスタデイ』のあらすじ・キャストについて紹介していきます。

お得なキャンペーン中

映画館をお得に利用しよう

目次

『イエスタデイ』のあらすじ

映画『イエスタデイ』のあらすじ・キャスト一覧

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SHAREしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる