『ハリー・ポッター』シリーズはこの順番で観よう|全8作品を公開順・時系列順に紹介!

映画『ハリー・ポッター』シリーズはこの順番で観よう|全8作品を公開順に紹介!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

映画『ハリー・ポッター』シリーズを知りたいなぁ…。

こんな疑問を解決します。

『ハリー・ポッター』シリーズ
  • 2001年から始まったファンタジーシリーズ
  • イギリスの作家J・K・ローリングによる児童文学小説が原作
  • 日本での興行収入第6位を記録した大ヒット作品

史上最強のファンタジーがやってくる!

本記事では映画『ハリー・ポッター』シリーズのオススメの順番について紹介していきます。

お得なキャンペーン中

映画館をお得に利用しよう

目次

映画『ハリー・ポッター』シリーズ全8作品一覧

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1
公開年タイトル
2001ハリー・ポッターと賢者の石
2002ハリー・ポッターと秘密の部屋
2004ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
2005ハリー・ポッターと炎のゴブレット
2007ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
2009ハリー・ポッターと謎のプリンス
2010ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1
2011ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2
『ハリー・ポッター』シリーズ

映画『ハリー・ポッター』シリーズはワーナ・ブラザーズによって映画化された大人気ファンタジー作品。2001年に映画『ハリー・ポッターと賢者の石』が公開され、第74回アカデミー賞で作品賞、美術賞、衣裳デザイン賞の3つの賞にノミネート。日本での興行成績は『千と千尋の神隠し』『タイタニック』に次ぐ第3位を記録しており、最終的には第6位に落ち着いています。全世界興行収入は約77億ドルを記録しています。

幼くして両親を亡くし孤独な日々を送っていたハリー・ポッター。そんな彼は、史上最凶と言われる闇の魔法使い「ヴォルデモート卿」と対峙しながら逃げ延びた男の子だったのです。ハリーは”例のあの人”と呼ばれる、その名を発することすら恐れる闇の魔法使いの存在を知り、生まれ持った正義感から闇の魔法使いとの対決を決意するのでした。

映画『ファンタスティック』シリーズ全5作品一覧

映画『ファンタスティック』シリーズ全5作品一覧
公開年タイトル
2016ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
2018ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
2022ファンタスティック・ビースト3
(タイトル未定)
2024ファンタスティック・ビースト4
(タイトル未定)
2026ファンタスティック・ビースト5
(タイトル未定)

映画『ファンタスティック・ビースト』は、J・K・ローリングの『幻の動物とその生息地』が原作の映画『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ作品であり前日譚にあたります。2013年9月に『ハリー・ポッター』シリーズの新作として映画化が発表されたシリーズですが、全5部作予定であることが発表されており、最新作『ファンタスティック・ビースト3(タイトル未定)』が2021年11月12日に公開予定です。

1926年、イギリスの魔法使いで魔法生物学者であるニュート・スキャマンダーが主役の本作。ニュートはたくさんの魔法動物達が入ったトランクを持ち歩いており、世界中を旅しています。ある日、ニュートが持つ魔法動物達がトランクから逃げ出してしまい、人間の街は大混乱に。マグル(魔力を持たない人間)も魔法の存在に気づき始め、魔法界と人間界は一触即発のムードに…。

映画『ハリー・ポッター』シリーズはこの順番で観よう!

映画『ハリー・ポッター』シリーズはこの順番で観よう!
(C)APOLLO
オススメの視聴順番はこちら!

『ハリー・ポッター』シリーズ

  1. ハリー・ポッターと賢者の石(2001)
  2. ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002)
  3. ハリー・ポッターアズカバンの囚人(2004)
  4. ハリー・ポッターと炎のゴブレット(2006)
  5. ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(2007)
  6. ハリー・ポッターと謎のプリンス(2009)
  7. ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1(2010)
  8. ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2(2011)

『ファンタスティック・ビースト』シリーズ

  1. ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016)
  2. ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018)
  3. ファンタスティック・ビースト3(2022)
  4. ファンタスティック・ビースト4(未定)
  5. ファンタスティック・ビースト5(未定)

『ハリー・ポッター』シリーズは全8作品。そして前日譚『ファンタスティック・ビースト』シリーズは全2作品が公開されており、今後3作品が公開予定となっています。オススメの観る順番は上記の通りとなっており、初見さんの場合は『ハリー・ポッター』シリーズから観てもらい、続けて『ファンタスティック・ビースト』シリーズを観ましょう。

『ハリー・ポッター』シリーズのみであれば全作品1180分(19時間40分)で観ることができ、『ファンタスティック・ビースト』シリーズだけ観るのなら全作品267分(4時間27分)となります。流石に1日で観ることは難しいですので、しっかり伏線や1人1人のキャラクター達の関係を観たいという方は1日1本ペースでじっくり『ハリー・ポッター』の世界観を楽しみましょう!

また、今ならU-NEXTという動画配信サービスで無料視聴できます。

上記のタイトルをクリックすることで『ハリー・ポッター』シリーズと『ファンタスティック・ビースト』シリーズを同時視聴できます。30日間無料お試し期間がついてきますので、お早めにご活用ください。

映画『ハリー・ポッター』シリーズの時系列もチェック!

 (C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.
『ハリー・ポッター』シリーズの時系列順
  1. ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016)
  2. ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018)
  3. ファンタスティック・ビースト3(2022)
  4. ファンタスティック・ビースト4(未定)
  5. ハリー・ポッターと賢者の石(2001)
  6. ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002)
  7. ハリー・ポッターアズカバンの囚人(2004)
  8. ハリー・ポッターと炎のゴブレット(2006)
  9. ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(2007)
  10. ハリー・ポッターと謎のプリンス(2009)
  11. ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1(2010)
  12. ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2(2011)

映画『ハリー・ポッター』シリーズの時系列は上記の順番となっており、『ファンタスティック・ビースト』シリーズは魔法界の過去を描いた作品となっています。そのため、魔法の世界に初めて触れる人からしたら取っつきやすい作品となっています。

『ハリー・ポッター』シリーズを全部見直すのはちょっと…。

そんな方は『ファンタスティック・ビースト』シリーズから見るのがオススメです。

『ハリー・ポッター』シリーズの時系列・年表(ネタバレ)

ハリー・ポッターと賢者の石(1997)

映画『ハリー・ポッター』シリーズはこの順番で観よう|全8作品を公開順に紹介!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SHAREしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる