『ジョーカー』のあらすじ・キャスト一覧|気になるあの登場人物を紹介!

    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    映画『ジョーカー』のあらすじ・キャストを知りたいなぁ…。

    こんな疑問を解決します。

    『Joker/ジョーカー』情報
    • 2019年のスリラー・ドラマ作品
    • スーパーヴィランが誕生する経緯を描く
    • 第92回アカデミー賞でノミネートされ、
      主演男優賞と作曲賞を受賞

    本当の悪は笑顔の中にある。

    今回は映画『ジョーカー』のあらすじ・キャストを紹介していきます。

    U-NEXT
    「31日間無料トライアル」をはじめよう!
    • 210,000本以上が見放題
    • 114誌以上の雑誌が読み放題
    • 600円分のポイントプレゼント
    31日間無料トライアル開催中!
    登録は3ステップで簡単。
    いつでも解約できます。
    目次

    『ジョーカー』のあらすじ

    『ジョーカー』

    ジョーカー
    (Joker)
    公開日:2019年10月4日
    再生時間:122分

    舞台は1981年のゴッサム・シティ。市の衛生局がストライキにより街中がゴミで溢れかえっていた。その影響もあり、強い生命力を持つネズミ:スーパーラットが現れ、市民の頭を悩ませていた。貧富の差は拡大し失業者や犯罪者が溢れ、何もかもが疲弊した街となっていた…

    そんなゴッサム・シティで暮らすアーサー・フレックは、母親のペニーと慎ましい生活を送っていた。ペニーの「どんな時でも笑顔で」という言葉を胸に派遣ピエロに所属し、ハハプロダクションから依頼されたわずかな仕事を受け負っていた。アーサーは脳と神経の損傷から緊張すると笑ってしまう病気に患わっており、定期的にカウンセリングを受けなければならない自身の現状に苦しみつつも、アーサーの夢である一流のコメディアンになって人々を笑顔にすることを心の支えとして生活していた。

    映画『ジョーカー』のキャスト・登場人物

    アーサー・フレック

    (俳優:ホアキン・フェニックス)

    ホアキン・フェニックスは子役としてキャリアを積み、当時26歳で出演した『グラディエーター』でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされ注目される。その後、『サイン』や『ホテル・ルワンダ』などの話題作に出演し話題を呼んだ。歌手への転向などもあったが、2011年に俳優活動を復帰すると『her/世界でひとつの彼女』『インヒアレント・ヴァイス』などに出演しゴールデングローブ賞主演男優賞にノミネートされた。最近では本作『ジョーカー』で第77回ゴールデングローブ賞主演男優賞。第92回アカデミー賞主演男優賞を受賞した。

    アーサ・フレックはスタンダップコメディアンになるのが夢の大道芸人。ピエロの仕事をしながら持病を持つ母と古いアパートで暮らしていた。生まれながらにして緊張すると笑ってしまう持病があり、定期的にカウンセリングに通う日々を送っている。精神が不安定であり、苛立つと貧乏ゆすりをしている。また、ヘビースモーカーであり骨が浮き出るほど痩せた体型をしている。

    マレー・フランクリン

    (俳優:ロバート・デ・ニーロ)

    ロバート・デ・ニーロは1969年の『御婚礼/ザ・ウェディング・パーティー』の出演からキャリアが始まった。1973年の『バング・ザ・ドラム』で素晴らしい演技を披露すると高い評価を受け、キャリアを積んで行った。ロバート・デ・ニーロは役になり切るための努力を惜しまない性格であり、役のためにホームレス施設に潜入したこともある俳優である。そんな彼の最近の話題作には『世界にひとつのプレイブック』『マイ・インターン』『ハンス・オブ・ストーン』などがある。

    マレー・フランクリンはTVの人気トーク番組「マーレ・フランクリン・ショー」の司会を務めるコメディアン。アーサーの憧れの存在であり、番組の終わりに「これが人生」というのが決め台詞。

    ペニー・フレック

    (女優:フランセス・コンロイ)

    この投稿をInstagramで見る

    ❤️❤️❤️ #FrancesConroy #Ahs #AmericanHorrorStory

    Frances Conroy(@frxnces.conroy)がシェアした投稿 –

    フランセス・コンロイは1980年に『The Lady from Dubuque」でブロードウェイデビューを果たす。そして「Ring Round the Moon」や「A Bright Room Called Day」にも出演した。映画作品には『マンハッタン』でキャリアをスタートさせると、2000年には『The Ride Down Mt. Morgan』でトニー賞にノミネートされる。おノア出演作品には『キャットウーマン』『アビエイター』『ストーン』などがある。


    ペニー・フレックはアーサーの母親。心臓が悪く持病を持っている。アーサーと古いアパートで同居しており、かつて使用人として働いていた街の富豪トーマス・ウェインに生活を助けてもらいたいことを訴える手紙を何通も出しているが返事が返ってこない。

    トーマス・ウェイン

    (俳優:ブレット・カレン)

    ブレット・カレンはアメリカの俳優。『ダークナイト ライジング』では国会議員のバイロン・ギリー役を演じるなどDCユニバースに縁がある俳優である。主な出演作品には『ゴーストライダー』『ランナウェイズ』『レッド・ドーン』などがある。


    トーマス・ウェインはゴッサムシティの市議会議員。ウェイン産業の経営者でもあり、大富豪として妻と息子のブルースで豪邸に住んでいる。現在は次回の市長選への立候補を表明している。

    ソフィー・デュモンド

    (女優:ザジー・ビーツ)

    ザジー・ビーツはアメリカの女優。2013年にデビューを果たすと、TVドラマ『アトランタ』でヴァネッサ・「ヴァン」・キーファ役を演じ注目される。そして『デッドプール2』でドミの役を演じ話題を呼んだ。主な出演作品には『ジオストーム』『ワウンズ:呪われたメッセージ』『セバーグ』などがある。


    ソフィー・デュモンドはアーサーと同じアパートに住む女性。幼い娘ジジと一緒に住んでいる。アーサーとエレベーターで一緒になり、気になる存在となった。

    ランドル

    (俳優:グレン・フレシュラー)

    グレン・フレシュラーはアメリカの俳優。1993年のTVシリーズ『ホミサイド/殺人捜査課』でデビューを果たすと、TVドラマ『ダメージ』『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』などの話題作に出演した。主な出演作品には、『マーガレット』『ロック・ザ・カスバ!』などがある。


    ランドルはアーサーのピエロ仲間。アーサーが少年に暴行を受けたことを知り、身を守るための拳銃をあげた人物。

    ゲイリー

    (俳優:リー・ギル)

    リー・ギルはアメリカの俳優。『ゲーム・オブ・スローンズ』のボボノ役や『ファンタスティック・ビースト』『The Witcher』などに出演している。


    ゲイリーはアーサーのピエロ仲間。小人症であり、身長をネタに同僚にからかわれている。アーサーのことを優しく接していることがわかる。

    ギャリティ刑事

    (俳優:ビル・キャンプ)

    ビル・キャンプはアメリカの俳優。多くのTVドラマや映画作品に出演している俳優であり、脇役が多い印象である。主な出演作品には『華麗なるギャッツビー』『リンカーン』『ラブ&マーシー 終わらないメロディ』などがある。


    ギャリティ刑事はゴッサム市警の刑事。バークがコンビであり、電車内での3人組男性が殺害された事件で捜査をしている。

    パーク刑事

    (俳優:シェー・ウィガム)

    シェー・ウィガムはアメリカの俳優。HBOのTVドラマ『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』で知られており俳優。主な出演作品には『ワイルド・スピード MAX』『ウルフ・オブ・ウォールストリート 』『スター・ト BEYOND』などがある。


    パーク刑事はギャリティ刑事と行動を共にする刑事。ギャリティ刑事と電車内での3人組男性が殺害された事件を捜査をしている。

    ジーン・アフランド

    (俳優:マーク・マロン)

    マーク・マロンはスタンドアップコメディアン。作家でもあり、ポッドキャスター、俳優。1990、2000年にはデビッド・レターマンとのレイトショーに頻繁に出演するなど、他のどのスタンドアップコメディアンより多く出演した。主な出演作品には『Flock of Dudes』『Get a Job』などがある。


    ジーン・アフランドはTV番組『マレー・フランクリン・ショー』のプロデューサー。

    アルフレッド・ペニーワース

    (俳優:ダグラス・ホッジ)

    ダグラス・ホッジは英国の俳優、監督、音楽家。国立青年劇団の評議員でもある。主な出演作品には、『ダイヤモンド・スカル』『ディセント2』『ダイアナ』などがある。


    アルフレッド・ペニーワースはウェイン家の執事。トーマス・ウェインに仕えており、ウェインに会いにきたアーサーを追い払おうとした人物。

    ブルース・ウェイン

    (俳優:ダンテ・ペレイラ=オルソン)

    ダンテ・ペレイラ=オルソンはアメリカの子役俳優。ホアキン・フェニックス主演の『You Were Never Really Here』、本作『ジョーカー』での演技により知られるようになる。また, いくつかのTV番組にも出演している俳優でもある


    ブルース・ウェインはトーマス・ウェインの息子。後のバットマンになる人物であり、本作ではまだ少年でアーサーから手品を見せてもらう。

    カール

    (俳優:ブライアン・タイリー・ヘンリー)

    ブライアン・タイリー・ヘンリーはアメリカの俳優。2016年のTVドラマ『アトランタ』の出演が有名であり、プライムタイムエミー賞にノミネートされた。主な出演作品には『ビール・ストリートの恋人たち』『スパイダーマン :スパイダーバース』『ドントレットゴー』などがある。


    カールはアーカム州立病院のスタッフ。母ペニーの記録を調べにきたアーサーに対して応対する人物。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    URLをコピーする
    URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    目次
    閉じる