『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のキャスト一覧|気になる豪華キャスト陣を紹介!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のキャスト・登場人物を知りたいなぁ…。

こんな疑問を解決します。

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』情報
  • 2018年に公開したアメリカ映画
  • 『ジュラシックパーク』シリーズの第5作目
  • シリーズ史上最多の恐竜たちが暴れまわる!

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の登場人物・キャストを紹介していきます。

U-NEXT
「31日間無料トライアル」をはじめよう!
  • 210,000本以上が見放題
  • 114誌以上の雑誌が読み放題
  • 600円分のポイントプレゼント
31日間無料トライアル開催中!
登録は3ステップで簡単。
いつでも解約できます。
目次

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のあらすじ

ジュラシック・ワールド/炎の王国
(JURASSIC WORLD / FALLEN KINGDOM)
公開日:2018年7月13日(日本)
再生時間:128分

大人気恐竜テーマパーク「ジュラシック・ワールド」のあの大惨事から3年経った今は放棄され、恐竜たちは大自然の中で人間に縛られることなく自由に生活していた。

しかし、その島で火山噴火の予兆が表れ恐竜たちに危険にさらされる。そんな危機的状態の中、恐竜たちの生死を自然にゆだねるか、命を懸け救い出すか。恐竜のための人間の選択が迫られていた。

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のキャスト・登場人物

オーウェン・グレイディ

(俳優:クリス・プラット)

キャストプロフィール

クリス・プラットはアメリカのミネソタ州出身の俳優。2000年頃から俳優として活動し、『エックス・チーム』で本格的に映画出演を果たす。TVシリーズ『エバーウッド 遥かなるコルラド』『The OC』で10代を中心に人気を集め、映画『マネーボール』ではメジャーリーガーの役で注目を浴びた。また、今作の『ジュラシック・ワールド』シリーズでは主演を務め、かっこいいアクションシーンに世界で一躍有名となった。

オーウェン・グレイディは大人気テーマパーク「ジュラシック・ワールド」の元恐竜監視員。ヴェロキラプトルをお世話をしていてラプトルの行動を研究し、訓練をしていた。
恐竜たちの島が火山噴火からラプトルのブルーをはじめとする恐竜たちを救助するためクレアに雇われ、命がけで島に向かう。

クレア・ディアリング

(女優:ブライス・ダラス・ハワード)

キャストプロフィール

ブライス・ダラス・ハワードはアメリカのカリフォルニア州ロサンゼルス出身の女優。父は映画監督のロン・ハワード、母や祖父母も俳優という芸能一家で大学生の頃から舞台女優としてブロードウェイで活躍していた。そのブロードウェイの舞台を見たM・ナイト・シャマラン監督に『ヴィレッジ』のヒロイン役に抜擢され一躍有名となった。以降、『ターミネーター4』『スパイダーマン3』など幅広いジャンルに出演し、前作の『ジュラシック・ワールド』ではハイヒールで疾走する姿が話題を呼んだ。

クリス・ディアリングは大人気テーマパーク『ジュラシック・ワールド』の元管理責任者。元々恐竜を展示物としか見ていない商売主義者だったが3年前の事件により改心し、恐竜保護グループ「Dinosaur Protection Group(略称:DPG)」を設立していた。恐竜たちがいる島の火山噴火から恐竜を救出するため政府に支援を求めたが恐竜保護のための資金提供を一切拒否されてしまった。その後、元ビジネスパートナーの仲間に会い、恐竜作戦へのサポート支援を取り付け、オーウェンの協力と共に恐竜保護へと向かった。

フランクリン・ウェブ

(俳優:ジャスティス・スミス)

キャストプロフィール

ジャスティス・スミスはアメリカのロサンゼルスで9人兄弟の5番目として生まれた。幼いころから俳優を志していて、15歳でAppleのCMに出演。その後、Netflixオリジナルドラマ『ゲットダウン』で大ブレイクし、今作のメインキャラクターの1人として抜擢された。またハリウッド初実写映画『名探偵ピカチュウ』では主人公を務めた。

フランクリン・ウェブは恐竜保護グループ「DPG」に所属している黒人男性でコンピューター技術を担当している。臆病な性格をしていて必要に応じて「ジュラシック・ワールド」のシステムを操作する際に操作できる人が必要なため、オーウェンたちと一緒に恐竜保護へ向かった。

ジア・ロドリゲス

(女優:ダニエラ・ピエダ)

キャストプロフィール

ダニエラ・ピエダはアメリカのカリフォルニア州オークランド生まれ。2010年頃に女優だけでなくコメディアンとしてテレビや映画に出演し始めた。『American Odyssey』や『The Doctour』などのテレビドラマにレギュラー出演もしている。

ジア・ロドリゲスは恐竜保護グループ「DPG」に所属しているラテン系の女性で主に医療を担当しており、恐竜の生物学専門家。オーウェン達と一緒に恐竜保護に向かった。

ベンジャミン・ロックウッド

(俳優:ジェームズ・クロムウェル)

ジェームズ・クロムウェルはアメリカのカリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。父が監督で撮影現場を見学いた際に俳優という職業に興味を持ったため大学ではなく演劇の道に進むことにした。テレビを中心に出演し、1995年の映画『ベイブ』でアカデミー助演男優賞にノミネートされた経験がある。他にも『L.A.コンフィデンシャル』『グリーンスマイル』といったヒット作で活動している。


ベンジャミン・ロックウッドはロックウッド財団の設立者で昔の「ジュラシック・パーク」を建造したジョン・ハモンドの旧友。高齢で健康状態はあまりよくなく、車いすに乗っている。
恐竜のクローニング技術を使って失った娘をクローンし娘の再生を成功させたが後々自分が行った行為が間違ったことを痛感する。

メイジー・ロックウッド

(女優:イザベラ・サーモン)

キャストプロフィール

イザベラ・サーモンはイギリス生まれの新人女優。今作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』で女優デビューかつ映画初出演でした。本作の出演により人気急上昇中の注目若手女優。


メイジー・ロックウッドはベンジャミン・ロックウッドの10歳の孫娘。恐竜が大好きで祖父と一緒に住んでいる。しかし、その正体はベンジャミンが死亡した娘をクローン技術を使って再生したクローンの人間だった。また、ミルズが見知らぬ男(エヴァーソル)と恐竜の密売について話していたのを知ってしまう。

イーライ・ミルズ

(俳優:レイフ・スポール)

キャストプロフィール

レイフ・スポールはイングランドのロンドン生まれの俳優。親は父も母も俳優で少年時代から自分も俳優を目指していた。主に舞台と映画で活躍しており『ワン・デイ 23年のラブストーリー』『僕と世界の方程式』などに出演している。


イーライ・ミルズはベンジャミン・ロックウッドに仕えているロックウッド財団の実質的運営者。恐竜保護グループ「DPG」のクレアと接触し、火山噴火から恐竜を救うと協力的な姿勢を見せた。特にヴェロキラプトルのブルーに説く月な関心をもち、なんとしてでもブルーは救い出す必要があると主張。恐竜保護のためのサポートをしてくれるが…。

ヘンリー・ウー

(俳優:B・D・ウォン)

キャストプロフィール

B・D・ウォンはアメリカのカリフォルニア州サンフランシスコ生まれの中国系アメリカ人俳優。高校生の頃に演劇に目覚め、大学卒業後にテレビや映画、舞台で活躍している。『LAW&ORDER:性犯罪特捜班』『ミスター・ロボット』等の作品に出演している。


ヘンリー・ウーは前作にてハイブリット種‘‘インドミナス・レックス”を創り出した張本人。前作の事件後、遺伝学者としての免許を剥奪され行方をくらましていた。ロックウッド財団のミルズとの取引で‘‘インドラプトル”と呼ばれる新しい遺伝子組み換え恐竜を創っていた。

イアン・マルコム

(俳優:ジェフ・ゴールドブラム)

キャストプロフィール

ジェフ・ゴールドブラムはアメリカのペンシルべニア州出身。17歳で俳優を目指しニューヨークに移って演技を学んだ。ブロードウェイミュージカルやドラマ、映画で活躍しており『インデペンデンスデイ』シリーズ『マイティ・ソー バトルロワイアル』等に出演している。また今作シリーズの『ジュラシック・パーク』からの出ているベテラン俳優。


イアン・マルコムは連邦議事堂の議会で火山噴火の危機にさらされた恐竜たちは自然に委ねるべきだと結論を出した。

グンナー・エヴァーソル

(俳優:トビー・ジョーンズ)

キャストプロフィール

トビー・ジョーンズはイギリスのオックスフォードで生まれた俳優。1992年の『オルランド』で映画デビューを果たし、『Infamous』では主役を演じた。他にもホラー映画『ミスト』ではスーパーの店員で出演している。また、ブロードウェイに出演しトニー賞にノミネートされた経験がある。俳優だけでなく声優としても活動しており『ハリー・ポッターと秘密の部屋』では妖精ドビーの声を担当した。


グンナー・エヴァーソルはミンズと手を組んでいる兵器の密売人。恐竜のオークションの司会を務めている。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる