『シャイニング』に散りばめられた要素の意味とは?【解説・考察】

【解説・考察】映画『シャイニング』
URLをコピーする
URLをコピーしました!

※映画『シャイニング』のネタバレ解説の記事になります。まだ未視聴の方はご注意ください。

『シャイニング』情報
  • 1980年公開のモダンホラーの傑作!
  • スタンリー・キューブリック監督が手掛けた映画史に残る名シーンの数々
  • 主演ジャック・ニコルソンの狂気に満ちた演技は必見

映画『シャイニング』といえば80年代の傑作ホラーと称されており、映画史に残る数々の名シーンと多くの謎を残す作品として20年たった現在でも反響が止まない作品となっている。今作の舞台であるオーバールックホテルについて、映画『レディプレイヤー1』(2018年)にも登場したことで再注目されており、熱心なファンからも反響が凄かったとか…そんな本作『シャイニング』ですが、スティーヴン・キング原作の同名小説と異なる部分が多数あり、この映画には納得していない。そもそも原作版『シャイニング』は異能バトル要素があるものの、映画版では完全ホラー映画に仕立て上げられたのだ。というわけで、今回は映画版『シャイニング』のネタバレ解説をしていきます。
(多数の解釈・解説をしていきますが、浅いところ・間違っているところも多々あると思いますがご容赦ください。)

目次

映画『シャイニング』のあらすじをおさらい

【解説・考察】映画『シャイニング』

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SHAREしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる