『ロケットマン』のあらすじ・キャスト一覧|エルトン・ジョンの魅力を紹介!

映画『ロケットマン』のあらすじ・キャスト一覧
URLをコピーする
URLをコピーしました!

映画『ロケットマン』のあらすじ・キャストについて知りたいなぁ…。

こんな疑問を解決します。

『ロケットマン』情報
  • 2019年のイギリス・アメリカ合作の伝記ミュージカル映画
  • エルトン・ジョンの破天荒な人生を忠実に再現!
  • エルトン・ジョン役タロン・エジャトン、
    作曲家バーニー・トーピン役ジェイミー・ベル、
    監督デクスター・フレッチャー
    (『ボヘミアン・ラプソディ』)

伝説的ミュージシャン”エルトン・ジョン”の真実。

今回は映画『ロケットマン』のあらすじ・キャストについて紹介していきます。

お得なキャンペーン中

映画館をお得に利用しよう

目次

『ロケットマン』のあらすじ

映画『ロケットマン』

ロケットマン
(Rocketman)
公開日:2019年8月23日
再生時間:121分

煌びやかな衣装で身を飾ったエルトン・ジョンはリハビリテーション・セッションに参加していた。彼はアルコール依存症、コカイン中毒、セックス依存症、過食症、マリファナ中毒…など次々に自分自身の問題点を列挙する。そしてエルトンは子供時代を話し始める。

エルトン・ジョンの子供時代…
少年レジナルド・ドワイト(レジー)は母シーラと軍人の父スタンリー、祖母のアイヴィと暮らしていた。シーラは上流階級に憧れる派手好きな主婦、スタンリーは兵役で家を留守にしがち。レジーに目をかけてくれるのは祖母のアイヴィだけで父も母もレジーに冷たく当たっていました。

ある日、レジーはラジオから流れてきたÉmile Waldteufel の『スケートをする人々』を聴いた。その1回聴いただけでピアノを弾き始めた。それをみていたアイヴィは孫には才能があると見抜き、レジーにピアノの個人レッスンを受けることを勧める。次第に音楽の才能を開花させていくレジーに対し、レッスンの先生から王立音楽院の生徒になれると太鼓判を押され合格する。だが、その頃から夫婦間が悪くなり始め、母はフレッドという恋人を作り、父は家から出て行ってしまった。母からも父からも愛情をもらえないレジーは孤独感に苛まれ、愛に飢えるようになっていく。そんなとき、エルヴィス・プレスリーのレコードとロックンロールと出会った。ロックンローラーになるためにエルヴィスヘアーに真似るまでドハマリし、愛を知らないままレジーは成長していく…。

『ロケットマン』のキャスト

ロケットマン

エルトン・ジョン

(俳優:タロン・エジャトン)

キャストプロフィール

タロン・エジャトンはイングランド出身の俳優。2011年のTVシリーズ『Lewis』の脇役として出演しキャリアをスタート。そして2014年の『キングスマン』の主役に抜擢され一躍スターまで昇り詰めた。そんな彼が本作演じた”エルトン・ジョン”だが、吹き替えなしの歌唱と熱演が神がかっていて話題に。そして『ロケットマン』のプロデューサーの1人や『キングスマン』および『キングスマン:ゴールデンサークル』の監督であるマシュー・ヴォーンが名前を連ねており、製作には超一流クリエイターとタロン・エジャトンを知る人物が多い。それもあって企画や映像も順調に進んでいたとか…。また、エルトン・ジョン(本人)が『ロケットマン』の製作に加わっており、自身の最も破天荒な人生を映像化するための指針を示した。さらに、タロン・エジャトンは『キングスマン:ゴールデンサークル』でエルトン・ジョン(本人)と共演しており、これは運命的なものであると言えそうだ。

レジナルド・ドワイト(レジー)は1950年代のイギリスで生まれた少年。両親から愛してもらえなかったが、音楽の才能から王立音楽院に入学。そして母が持ってきたエルヴィス・プレスリーのレコードとの出会いからロックンロールの道へ歩み始める。
その数年後、レジーは仲間と一緒にバンド「ブルーソロジー」を組み小さな店で音楽活動を始めていた。そんなある日、バンドに声がかかりアメリカのミュージシャンが興行に訪れた際のバックバンドとして雇われる。そのショーの終了後、黒人の男に音楽で成功するための方法を尋ねると「なりたい自分になる為には、生まれた自分を捨てることだ」と言われる。それがきっかけでバンドメンバーのエルトン・ディーンの名前を借り、エルトンと名乗るようになる。
ある日、音楽の才能を募る広告を見たエルトンは、音楽出版社を営むディック・ジェムスを訪れる。レイ・ウィリアムズの面接を受けたエルトンは即興でピアノを披露し、レイは関心し歌詞を尋ねる。だが、エルトンは作曲はできても歌詞を作るのが苦手だったため、レイは歌詞を渡して曲を作るようにいう。その時、名前を訊かれ、写真位飾られてビートルズをチラッと見て、エルトン・ジョンと名乗るのでした。

バーニー・トーピン

(俳優:ジェイミー・ベル)

キャストプロフィール

ジェイミー・ベルはイギリスの俳優。彼は2000年の主演デビュー作『リトル・ダンサー』が有名である。同作で高い評価を得て、英国アカデミー賞主演男優賞および英国インディペンデント映画賞新人俳優賞を受賞。その後も実力派俳優としてハリウッド大作やイギリス映画に出演している。中でも本作『ロケットマン』ではエルトン・ジョンの友人バーニー・トーピンを演じており、W主演と言えるほどの演技を見せてくれた。また、彼の出演作品として『キング・コング』『ジャンパー』『ファンタスティック・フォー』などが挙げられる。

映画『ロケットマン』のあらすじ・キャスト一覧

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SHAREしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる