>>今すぐU-NEXTを体験する(今なら映画を無料で見れるチャンス!)<<

『バットマン ビギンズ』のあらすじ・キャスト一覧|豪華キャスト陣を紹介!

『バットマン ビギンズ』のあらすじ・キャスト一覧
URLをコピーする
URLをコピーしました!
女の子

映画『バットマン ビギンズ』のあらすじ・キャストについて知りたいなぁ…。

こんな疑問を解決します。

『バットマン ビギンズ』情報
  • 2005年のアメリカ・イギリスの合作映画
  • DCコミックス『バットマン』が原作で
    リブート作『ダークナイト・トリロジー』シリーズ第1作目!
  • 主人公バットマンの生い立ちを描いた感動大作!

その男は「闇」から生まれた──。

ユートン

映画『バットマン ビギンズ』のあらすじ・キャストについて紹介します。

目次

『バットマン ビギンズ』のあらすじ

『バットマン ビギンズ』

バットマン ビギンズ
(Batman Begins)
公開日:2005年6月18日
再生時間:141分

幼少期…

ブルースは屋敷の庭で幼馴染レイチェル・トーズと遊んでいるとき、庭にあった古びた井戸に落ちてしまう。そのとき、彼の目の前は暗闇が広がりそこから聞こえるざわつき…それは大量のコウモリだった。幼い彼にとってコウモリという存在はトラウマとなるほどのものだった。

ある日、大好きな両親とオペラを見に行った際、ブルースは気分を悪くしてホールを後にする。しかし、外に待ち受けていたのは失業で絶望していた男ジョー・チルに金銭的目的から両親を目の前で殺されてしまう。

それから14年後…

大学生になったブルースは両親を殺したトラウマを引きずっていた。ジョー・チルの裁判の公聴会が開かれた際、ゴッサムシティのボスであるカーマイン・ファルコーニに不利な証言をすることを条件に保釈するというものがあったためだった。両親を殺した殺人鬼に復讐を果たすため、拳銃を持ちゴッサムに戻ってきたブルース。だが、再開したレイチェルに「人間の本性は、行動で決まるものだ」と言われ、銃を向けることを一瞬ためらってしまう。その瞬間、ジョー・チルは別の人物の銃弾を受け倒れてしまった。両親の仇討ちを果たせなかったブルースは無力感を覚え、犯罪者を憎むようになる。そんなブルースは悪を知るため、悪を知るための旅に出るのだった。

『バットマン ビギニング』のキャスト

『バットマン ビギンズ』のキャスト・出演者一覧

ブルース・ウェイン

(俳優:クリスチャン・ベール)

キャストプロフィール

クリスチャン・ベールはイギリス出身のアメリカの俳優。13歳でスティーヴン・スピルバーグ監督作品『太陽の帝国』にオーディション参加者4,000人の中から選ばれ、主人公ジェイミー役として映画デビューを果たす。その後、TVや映画作品での活動が続き、2002年に『リベリオン』のジョン・プレストン役でガン=カタという激しいアクションをこなし、アクション俳優としてのキャリアを積んだ。それもあって、本作『バットマン ビギニング』でバットマン役。2009年には『ターミネーター4』でジョン・コナー役を演じた。また、声優活動もしており、アメリカ版『ハウルの動く城』でハウルの声を担当している。彼の最近の有名作として、『マネー・ショート 華麗なる大逆転』『バイス』『フォードvsフェラーリ』などに出演した。

ブルース・ウェインは大富豪の御曹司。父のヘンリーは大企業ウェイン産業の社長。幼少期、使用人の娘レイチェルと庭で遊んでいたさいに枯れ果てた井戸に落ち、大量のコウモリに襲われる。それから何度もコウモリの悪夢にうなされトラウマになる。その数日後、家族でオペラを見に行ったときに両親を殺されてしまう。
それから両親を殺された恨みから犯罪者を憎むようになり、トラウマを克服したブルースは”バットマン”としてゴッサム・シティから平和を取り戻そうと奮闘する。表の顔は金持ちで軽薄なプレイボーイであるが、裏の顔は犯罪を憎み平和のために戦うダークヒーロー。

ヘンリー・デュカード

(俳優:リーアム・ニーソン)

この投稿をInstagramで見る

King Liam No.1176 #liamneeson

Liam Neeson Fan(@edithma_liamn)がシェアした投稿 –

キャストプロフィール

リーアム・ニーソンは北アイルランド出身の俳優。1981年の『エクスカリバー』で映画デビューを果たす。そして1993年の映画『シンドラーのリスト』でオスカー・シンドラー役を演じアカデミー主演男優賞にノミネートされる。それからは数々の代表作に出演するようになり、1996年の映画『マイケル・コリンズ』で本人役を演じヴェネツィア国際映画祭男優賞を受賞。その3年後には『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』で主役クワイ=ガン・ジンを演じ、その役でよく知られる俳優となる。主な出演作品の中には、『ナルニア国物語』シリーズ、『96時間』シリーズ、『タイタンの戦い』シリーズなどがある。

ヘンリー・デュカードはヒマラヤの刑務所に入れられていたブルースの前に現れた男。腐敗した街を崩壊に導く組織『影の同盟』にブルースを誘った。ヒマラヤの山にある「影の同盟」の本部でブルースの指南役として訓練を積ませた。デュカードの訓練を受けたブルースはその過程で”恐怖を支配するにはまず、恐怖を克服せよ”と言われ、ブルースはトラウマを克服した。

レイチェル・ドーズ

(俳優:ケイティ・ホームズ)

キャストプロフィール

ケイティ・ホームズはアメリカの女優でトム・クルーズの元夫。モデルとしても活動しており、1997年のオーディションで映画『アイス・ストーム』で映画デビューを果たす。その翌年、TVシリーズ『ドーソンズ・クリーク』のジェーイ・ポッター役で人気を博した。また、この年の「ピープル誌」の”21歳以下の最もホットな21人”と2003年に”最も美しい50人”に選ばれている。着実にキャリアを重ねてきた彼女だが、トム・クルーズとの結婚後は女優としての活躍の場が減っていたが離婚後は舞台や広告などに出演している。

レイチェル・ドーズはブルースの幼馴染でゴッサム・シティの地方刑事補佐。ブルースのことを愛していたが、何年かぶりにあった彼の姿は昔とは大きく違っておりプレイボーイ生活を送っていた。彼女は正義感の強い女性であり、法の力を信じている。

アルフレッド・ペニーワース

(俳優:マイケル・ケイン)

キャストプロフィール

マイケル・ケインはイギリスの俳優。彼のデビュー当初、マイケル・スコットだったが同名の俳優がいたため、マイケル・ケインに改名した。1956年に『韓国の丘』の脇役として映画デビューを果たすと、8年後の1964年になってようやく『ズール戦争』のブロム・ヘッド役で注目を浴びた。その翌年、映画『国際諜報局』でハリー・パーマ役を演じた。その後は数々の有名作に出演し始め、アカデミー賞やゴールデングローブ賞など数々の受賞歴を持つ俳優へと昇り詰め、英Total Film誌が発表した「映画史に残る監督と俳優のコラボレーション50組」で26位に選ばれた。また、彼の主な出演作品として『インセプション』、『グランドフィナーレ』、『キングスマン』シリーズなどの有名作がある。

アルフレッド・ペニーワースはウェイン家に仕える執事。両親を失ったブルースを育てた人物であり、ブルースから厚い信頼を得ている。また、バットマンとして悪と戦うブルースをサポートする立場にある。

ジェームズ・”ジム”・ゴードン

(俳優:ゲイリー・オールドマン)

キャストプロフィール

ゲイリー・オールドマンはイギリスの俳優、映画監督、脚本家。1982年の『Remembrance』で映画初出演を果たすと、その4年後に『シド・アンド・ナンシー』でセックス・ピアトルズのシド・ヴィシャスを演じ注目を集める。その後、多くの役を演じており、『JFK』や『ドラキュラ』、『レオン』、『ハリー・ポッター』シリーズなどがある。また、2001年には『ハンニバル』でメイスン・ヴァージャーを演じ高い評価を得た。彼の最近の出演作には、『猿の惑星:新世紀』『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』『死霊船 メアリー号の呪い』などがある。

ジェームズ・”ジム”・ゴードンはゴッサム・シティ市警察巡査部長。腐敗したゴッサム・シティの中で数少ない善良な警官。警察を無視した自警活動をするバットマンの理解者であり、バットマンの協力をするようになる。

ルーシャス・フォックス

(俳優:モーガン・フリーマン)

キャストプロフィール

モーガン・フリーマンはアメリカの俳優、映画監督、ナレーター。彼はアメリカのみならず世界各国で賞賛を浴びる実力派俳優で最も名誉ある俳優の1人として知られており、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに名を残した1人でもある。彼は1989年の映画『ドライビング Miss デイジー』や『グロリー』で有名になりはじめ、1994年の『ショーシャンクの空に』のレッド役で高い評価を得た。それからは有名作、『ロビン・フッド』『セブン』『ディープ・インパクト』などの多くの映画作品に出演し成功を収めている。最近の話題作として、『ウォンテッド』『エンド・オブ・ホワイトハウス』シリーズ、『グランド・イリュージョン』シリーズなどがある。

ルーシャス・フォックスはウェイン産業に勤める応用科学部室長。彼はヘンリーが社長であった頃からの社員でゴッサム・シティを走るモノレール建設に携わった人物である。かつてはウェイン産業の役員を務めていたのだが、ヘンリーの死後、リチャード・アールによって役員を降ろされ閑職に追いやられてしまった。彼の部署ではケブラー素材のボディーアーマーや装甲車などを開発しており、後にバットマンのために特殊改良された装備を作ることになる。

ジョナサン・クレイン

(俳優:キリアン・マーフィー)

キャストプロフィール

キリアン・マーフィーはアイルランド出身の俳優。彼は舞台『Disco Pigs』で主役を演じ、好評を得てヨーロッパやカナダ、オーストラリアで上映された。その後、1990年代はアイルランドやイギリスの映画や舞台などに出演し、キャリアを積み始める。そして2001年に映画『Disco Pigs』で舞台版と同じ主役を演じ、ダニー・ボイル監督の目に留まり映画『28日後…』の主演に抜擢された。この出演から話題作への出演が相次ぎ、『コールドマウンテン』や『パニックフライト』、そして本作『バットマン ビギンズ』で大ヒットした。また、2005年の『プルートで朝食を』でパトリック・”キトゥン”・ブレイデン役を演じ、ゴールデングローブ賞主演男優賞にノミネートされた。彼の主な出演作品として、『インセプション』『ダンケルク』『クワイエット・プライス Part2』などがある。

ジョナサン・クレインはゴッサム・シティで働く精神科医。暗黒街のボス・ファルコーニと繋がっており、犯罪者たちを精神異常と診断して自分の病院で快適に過ごさせていた。だが、ファルコーニが逮捕された際、彼の本性が垣間見えはじめる。

ラーズ・アル・グール

(俳優:渡辺謙)

キャストプロフィール

渡辺謙は世界で活躍する日本の俳優。1982年に『未知なる反乱』でTVデビュー、1984年に『瀬戸内少年野球団』で映画デビューを果たす。そして数々の映画出演を重ね、1987年にはNHK大河ドラマ『独眼竜政宗』で主役を演じ、平均視聴率39.7%という全国的人気を獲得した。そして日本での活動を続けるうち、遂に2003年の映画『ラスト・侍』で世界進出と第76回アカデミー賞助演男優賞、第61回ゴールデングローブ賞助演男優賞など高い評価を得た。それもあって、本作『バットマン ビギンズ』や『SAYURI』など国外映画にも立て続けに出演した。その後の彼の主な出演作品には、『硫黄島からの手紙』『ダレン・シャン』『インセプション』『GODZILLA ゴジラ』『王様と私』などがある。


ラーズ・アル・グールは「影の同盟」のリーダー。デュカードに訓練を任せ前面には出てこない。ブルースが訓練を終えた際に犯罪者の処刑を命じたが、ブルースは断った。

カーマイン・ファルコーニ

(俳優:トム・ウィルキンソン)

キャストプロフィール

トム・ウィルキンソンはイギリスの俳優。1970年だいからTVに出演するようになると、舞台俳優としての活躍する。そして1990年代から映画作品に出演するようになり、ハリウッドの大作にも出演し始める。そして1997年、映画『フル・モンティ』で英国アカデミー賞助演男優賞に選ばれると、2001年の『イン・ザ・ベッドルーム』や2007年の『フィクサー』でアカデミー賞にノミネート。最近は、『ローン・レンジャー』や『きみがくれた物語』、『否定と肯定』などに出演している。


カーマイン・ファルコーニはゴッサム・シティの暗黒街のボス。悪を許さないレイチェルに懸賞金をかけ命を狙わせるが、バットマンによって麻薬出荷の際に襲われる。また、政治家や判事、そして精神科医のクレインを買収している。

リチャード・アール

(俳優:ルトガー・ハウアー)

→ルトガー・ハウアー(右側)

キャストプロフィール

ルトガー・ハウアーはオランダ出身の俳優。彼は1973年の映画『危険な愛』の主役を演じると俳優としての知名度を上げ、1974年には『ケープダウン』に出演した。それ以降、ヨーロッパで活躍の場を広げ、1981年に『ナイトホークス』でアメリカデビューを果たす。だが、それ以降は脇役としての出演が多く、主演を演じ高い数は多くない。そして2019年7月19日、短い闘病生活のあと静かに息を引き取った。


リチャード・アールはブルースの父ヘンリーの亡き後、ウェイン産業の社長を務める男。ヘンリーが好まなかった武器ビジネスへの進出と株式公開に踏み切るが、ルーシャス・フォックスの反対により役員から降ろされ応用科学部に追いやられてしまう。

アーノルド・フラス刑事

(俳優:マーク・ブーン・ジュニア)

←マーク・ブーン・ジュニア(左端)

キャストプロフィール

マーク・ブーン・ジュニアはアメリカの俳優。主な出演作品として、2008~2014年の『Sons of Anarchy』や2000年の『Memento』、2005年の本作『バットマン ビギンズ』などで知られている。また、彼は2つのクリストファー・ノーラン監督の作品に出演しており、本作と『Memento』に出演した俳優である。


アーノルド・フラス刑事はゴッサム・シティの悪徳刑事。彼は暗黒街を仕切るファルコーニから賄賂を受け取っており、港での麻薬出荷の際に護衛を任される。

ギリアン・B・ローブ市警本部長

(俳優:コリン・マクファーレン)

キャストプロフィール

コリン・マクファーレンはイギリスの俳優、声優。彼はクリストファー・ノーラン監督の『ダークナイト・トリロジー』作品の2つに出演していることで知られている。また、イギリスのTVやドラマなどに多く出演しており、中でも2018年の『Patient Zero』や2019年の『Crawl』の総督として出演している。


ギリアン・B・ローブ市警本部長はゴッサム・シティの警察本部長。彼はブルースの父・ヘンリーと母・マーサが殺された時から警察で働いていた。

フィンチ検事長

(俳優:ラリー・ホールデン)

キャストプロフィール

ラリー・ホールデンはクリストファー・ノーラン監督が手掛けた映画に出演していることで知られている俳優。彼は1991年の『The Arc』でTV出演を始めると、多くのTV作品に出演するようになる。そして、クリストファー・ノーラン監督と出会い、『Memento』と『バットマン ビギンズ』に出演した。その後、俳優業を引退し、映画製作者として執筆や監督をするようになり、8つの映画を執筆と監督した。そして彼の手掛けた最初の作品は『My Father’s House』であり、ニューヨーク国際独立映画・ビデオフェスティバルで独立業績賞を受賞している。


フィンチ検事長はレイチェルの上司。レイチェルの身を案じており、暗黒街を仕切るファルコーニの調査をしないように話す。

トーマス・ウェイン

(俳優:ライナス・ローチ)

キャストプロフィール

ライナス・ローチはイギリスの俳優。11歳という若さで『コロネーション・ストリート』に出演し、Balowとしてキャリアをスタートした。その後、20年間のほとんどをステージで過ごしていった。その中でも1994年のBBCテレビシリーズ『Seaforth』に出演した後、『司祭』でゲイのカトリック司祭・グリッグ神父を演じ注目を集めた。それから映画やTVよりも舞台での活躍の場を広げ、人気を博した。


トーマス・ウェインはブルースの父親。彼はウェイン産業の社長で、ゴッサム・シティの平和のために尽力していた。例えば、市民のために安価な移動手段としてモノレールや病院の建設などを行った。

マーサ・ウェイン

(俳優:サラ・スチュワート)

キャストプロフィール

サラ・スチュワートはスコットランド出身の俳優で『シュガーラッシュ』のステラを演じたことで知られている。また、彼女の作品の中にはRSCの『Manth in the Country』でのNatalya Petrovnaの悲劇のヒロイン役を演じるなど、多様なジャンル作品に出演している。


マーサ・ウェインはブルースの母親。

ジョー・チル

(俳優:リチャード・ブレイク)

キャストプロフィール

リチャード・ブレイクはイギリス出身のアメリカの俳優。彼は1994年の映画『デスマシーン』で映画出演を果たすと、一癖ある人物や悪役を演じる俳優となる。そして、本作ではバットマンの正義への道をつくるきっかけを作った重要な人物を演じた。また、2007年の『ハンニバル・ライジング』でドートリッヒ役を演じた。


ジョー・チルは最近失業し絶望していた男。ウェイン家族の姿を見つけ、金目の品を奪うために銃で脅し殺害した。

『バットマン ビギンズ』のあらすじ・キャスト一覧

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる