『バットマン ビギンズ』のあらすじ・キャスト一覧|豪華キャスト陣を紹介!

『バットマン ビギンズ』のあらすじ・キャスト一覧
URLをコピーする
URLをコピーしました!

映画『バットマン ビギンズ』のあらすじ・キャストについて知りたいなぁ…。

こんな疑問を解決します。

『バットマン ビギンズ』情報
  • 2005年のアメリカ・イギリスの合作映画
  • DCコミックス『バットマン』が原作で
    リブート作『ダークナイト・トリロジー』シリーズ第1作目!
  • 主人公バットマンの生い立ちを描いた感動大作!

その男は「闇」から生まれた──。

映画『バットマン ビギンズ』のあらすじ・キャストについて紹介します。

お得なキャンペーン中

映画館をお得に利用しよう

目次

『バットマン ビギンズ』のあらすじ

『バットマン ビギンズ』

バットマン ビギンズ
(Batman Begins)
公開日:2005年6月18日
再生時間:141分

幼少期…

ブルースは屋敷の庭で幼馴染レイチェル・トーズと遊んでいるとき、庭にあった古びた井戸に落ちてしまう。そのとき、彼の目の前は暗闇が広がりそこから聞こえるざわつき…それは大量のコウモリだった。幼い彼にとってコウモリという存在はトラウマとなるほどのものだった。

ある日、大好きな両親とオペラを見に行った際、ブルースは気分を悪くしてホールを後にする。しかし、外に待ち受けていたのは失業で絶望していた男ジョー・チルに金銭的目的から両親を目の前で殺されてしまう。

それから14年後…

大学生になったブルースは両親を殺したトラウマを引きずっていた。ジョー・チルの裁判の公聴会が開かれた際、ゴッサムシティのボスであるカーマイン・ファルコーニに不利な証言をすることを条件に保釈するというものがあったためだった。両親を殺した殺人鬼に復讐を果たすため、拳銃を持ちゴッサムに戻ってきたブルース。だが、再開したレイチェルに「人間の本性は、行動で決まるものだ」と言われ、銃を向けることを一瞬ためらってしまう。その瞬間、ジョー・チルは別の人物の銃弾を受け倒れてしまった。両親の仇討ちを果たせなかったブルースは無力感を覚え、犯罪者を憎むようになる。そんなブルースは悪を知るため、悪を知るための旅に出るのだった。

『バットマン ビギニング』のキャスト

『バットマン ビギンズ』のキャスト・出演者一覧

ブルース・ウェイン

(俳優:クリスチャン・ベール)

キャストプロフィール

クリスチャン・ベールはイギリス出身のアメリカの俳優。13歳でスティーヴン・スピルバーグ監督作品『太陽の帝国』にオーディション参加者4,000人の中から選ばれ、主人公ジェイミー役として映画デビューを果たす。その後、TVや映画作品での活動が続き、2002年に『リベリオン』のジョン・プレストン役でガン=カタという激しいアクションをこなし、アクション俳優としてのキャリアを積んだ。それもあって、本作『バットマン ビギニング』でバットマン役。2009年には『ターミネーター4』でジョン・コナー役を演じた。また、声優活動もしており、アメリカ版『ハウルの動く城』でハウルの声を担当している。彼の最近の有名作として、『マネー・ショート 華麗なる大逆転』『バイス』『フォードvsフェラーリ』などに出演した。

ブルース・ウェインは大富豪の御曹司。父のヘンリーは大企業ウェイン産業の社長。幼少期、使用人の娘レイチェルと庭で遊んでいたさいに枯れ果てた井戸に落ち、大量のコウモリに襲われる。それから何度もコウモリの悪夢にうなされトラウマになる。その数日後、家族でオペラを見に行ったときに両親を殺されてしまう。
それから両親を殺された恨みから犯罪者を憎むようになり、トラウマを克服したブルースは”バットマン”としてゴッサム・シティから平和を取り戻そうと奮闘する。表の顔は金持ちで軽薄なプレイボーイであるが、裏の顔は犯罪を憎み平和のために戦うダークヒーロー。

ヘンリー・デュカード

(俳優:リーアム・ニーソン)

この投稿をInstagramで見る

King Liam No.1176 #liamneeson

Liam Neeson Fan(@edithma_liamn)がシェアした投稿 –

キャストプロフィール

リーアム・ニーソンは北アイルランド出身の俳優。1981年の『エクスカリバー』で映画デビューを果たす。そして1993年の映画『シンドラーのリスト』でオスカー・シンドラー役を演じアカデミー主演男優賞にノミネートされる。それからは数々の代表作に出演するようになり、1996年の映画『マイケル・コリンズ』で本人役を演じヴェネツィア国際映画祭男優賞を受賞。その3年後には『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』で主役クワイ=ガン・ジンを演じ、その役でよく知られる俳優となる。主な出演作品の中には、『ナルニア国物語』シリーズ、『96時間』シリーズ、『タイタンの戦い』シリーズなどがある。

ヘンリー・デュカードはヒマラヤの刑務所に入れられていたブルースの前に現れた男。腐敗した街を崩壊に導く組織『影の同盟』にブルースを誘った。ヒマラヤの山にある「影の同盟」の本部でブルースの指南役として訓練を積ませた。デュカードの訓練を受けたブルースはその過程で”恐怖を支配するにはまず、恐怖を克服せよ”と言われ、ブルースはトラウマを克服した。

レイチェル・ドーズ

(俳優:ケイティ・ホームズ)

キャストプロフィール

ケイティ・ホームズはアメリカの女優でトム・クルーズの元夫。モデルとしても活動しており、1997年のオーディションで映画『アイス・ストーム』で映画デビューを果たす。その翌年、TVシリーズ『ドーソンズ・クリーク』のジェーイ・ポッター役で人気を博した。また、この年の「ピープル誌」の”21歳以下の最もホットな21人”と2003年に”最も美しい50人”に選ばれている。着実にキャリアを重ねてきた彼女だが、トム・クルーズとの結婚後は女優としての活躍の場が減っていたが離婚後は舞台や広告などに出演している。

レイチェル・ドーズはブルースの幼馴染でゴッサム・シティの地方刑事補佐。ブルースのことを愛していたが、何年かぶりにあった彼の姿は昔とは大きく違っておりプレイボーイ生活を送っていた。彼女は正義感の強い女性であり、法の力を信じている。

アルフレッド・ペニーワース

(俳優:マイケル・ケイン)

キャストプロフィール

マイケル・ケインはイギリスの俳優。彼のデビュー当初、マイケル・スコットだったが同名の俳優がいたため、マイケル・ケインに改名した。1956年に『韓国の丘』の脇役として映画デビューを果たすと、8年後の1964年になってようやく『ズール戦争』のブロム・ヘッド役で注目を浴びた。その翌年、映画『国際諜報局』でハリー・パーマ役を演じた。その後は数々の有名作に出演し始め、アカデミー賞やゴールデングローブ賞など数々の受賞歴を持つ俳優へと昇り詰め、英Total Film誌が発表した「映画史に残る監督と俳優のコラボレーション50組」で26位に選ばれた。また、彼の主な出演作品として『インセプション』、『グランドフィナーレ』、『キングスマン』シリーズなどの有名作がある。

アルフレッド・ペニーワースはウェイン家に仕える執事。両親を失ったブルースを育てた人物であり、ブルースから厚い信頼を得ている。また、バットマンとして悪と戦うブルースをサポートする立場にある。

ジェームズ・”ジム”・ゴードン

(俳優:ゲイリー・オールドマン)

キャストプロフィール

ゲイリー・オールドマンはイギリスの俳優、映画監督、脚本家。1982年の『Remembrance』で映画初出演を果たすと、その4年後に『シド・アンド・ナンシー』でセックス・ピアトルズのシド・ヴィシャスを演じ注目を集める。その後、多くの役を演じており、『JFK』や『ドラキュラ』、『レオン』、『ハリー・ポッター』シリーズなどがある。また、2001年には『ハンニバル』でメイスン・ヴァージャーを演じ高い評価を得た。彼の最近の出演作には、『猿の惑星:新世紀』『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』『死霊船 メアリー号の呪い』などがある。

『バットマン ビギンズ』のあらすじ・キャスト一覧

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SHAREしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる